2009年1月30日 (金)

「ジェネラル・ルージュの凱旋 下」 海堂尊

ジェネラル・ルージュの凱旋(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫) ジェネラル・ルージュの凱旋(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫)

著者:海堂尊
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


楽しかったなぁ、でも映画はどうしようかなぁ。堺雅人好きとしては、
気になるところなんですが、原作好きとしては、竹内結子が微妙で
あまり観たいと思えないなぁ、とか思っていたりします。
しかし、凄いわ。次も読みたいなぁ、って思うもの。

速水が特定業者と癒着していると言う内部告発文書だったが、
無情にもそれは事実だった。あっさりと事実を認め、
処罰を受け辞職するつもりの速水。しかし、癒着の原因は、
病院経営の赤字にあった。採算の取れない救命救急での器具を
少しでも多く購入するため行われていたのだ。
罪は、罪として裁かなければならない、リスクマネジメント委員会は、
どうにかして速水を救い出そうと、手を尽くす。

最後がメロドラマみたいで正直あまり好きではなかったのですが、
差し引いてもこの本は面白かった。堅物なお役人的考えと、
病院の実情の衝突。それに挟まれた速水を、みんなはどうにかして
救おうと躍起になるのだ。偉そうで、無鉄砲で、頑固者で、
でも速水は英雄である。人望が厚く、敵対していた人間までもが、
いつしか彼を救おうと手を差し伸べてしまうのだ。
理不尽な裁きで、この病院から速水を失うわけにはいかない。
そんな熱い思いが、まるで実際にその場にたったように、
感じることが出来るのである。とても面白い。
一つ分からなかったのは、何故か速水の恋愛対象が、
いつの間には花房師長になっていたこと。あれ?翔子じゃなかったの?
みたいな、疑問を覚えつつ。ラストシーンは綺麗過ぎて微妙だと思う。
かと言って今まで通り、と言うわけには行かない道を
選んでしまったのだから、誰かが出てゆかねばならないのだろうけど。
読者としても速水がいなくなるのは、残念で仕方がない。
いつしか遠いところでの逸話が語られるのを楽しみにしたい。

★★★★☆*86

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

「ジェネラル・ルージュの凱旋 上」 海堂尊

ジェネラル・ルージュの凱旋(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫) ジェネラル・ルージュの凱旋(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫)

著者:海堂尊
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


やばい、面白すぎる。前作「ナイチンゲールの沈黙」が、
相当つまらなかったので、あぁ、海堂さんもこうなのか、
と残念に思っていた気持ちが一新。これは楽しすぎます。
こうくると、映画の竹内結子が合ってないよね、と思うけど。

バチスタスキャンダルから一年。
ようやく評判を取り戻しつつあった東城大学医学部付属病院に、
新たなスキャンダルが持ち上がった。きっかけは、
田口の元へ寄せられた、内部告発文書。救命救急センター部長であり、
「ジェネラル」の異名を持つ速水が特定業者と癒着していると言うのだ。
病院長に相談を持ちかけるが、またもや事績により調査しろと
差し戻されてしまう。くしくも田口と速水は学生時代の同級生であった。
まさか、あいつはそんな事をしないはずだ。胸騒ぎを持ちながら、
田口は調査を開始する。果たして「ジェネラル・ルージュ」の意味とは。

凄い、面白い。久しぶりに素直に楽しんで読んだ、
とっても現実的なミステリ。「犯人に告ぐ」以来かな。
まぁ「バチスタ」も面白かったのですが。まさにあり得そう、
って言うストーリーの描き方に脱帽です。
そうりゃそうだよなぁ、作者が本当の医者なんだもの。
前にも書いたかもしれないけど、私は海堂さんが羨ましい。
ところで、本の内容は、とにかく速水が格好いい。
映画化が決まっており、速水役は堺雅人である。大変合ってる。
これで主人公が竹内結子じゃなきゃなぁ、と思うのは、
多分私だけではないだろう。それはもう仕方ないので、置いておいて。
今回上巻では人は死んでいない。スキャンダルは癒着問題だ。
しかもその疑惑をかけられているのが、そのカリスマ速水であるから、
読者は翔子と共に彼を心配せざるを得ないのだ。
素晴らしいのは、お役所仕事の描き方。あり得るあり得る、って感じ。
頭ばかりが堅く、文書文書と紙ばかりを提出させられ、
結局現場は何も変わっちゃいない現状。それを藤原さんとタッグを
組んで田口が攻めてゆく様子が、とてもわくわくしていい。
「バチスタ」では気になっていた田口の心の呟きも、
この巻ではそんなに気にならなかった。
ただ、感情の描き方(特に恋)があまり上手くないようで、
速水が業者癒着していると知った翔子が、
次の瞬間「泣いてる夜に電話してもいいですか」なんて、
田口に冗談を言っている辺りが、ちょっと私は違和感を感じた。
恋してたら、それどころじゃなくて、もう少しオロオロするんじゃない?
みたいなね。人それぞれかもしれませんけれども。
さて、下巻も楽しみです。白鳥も出るでしょうし。
速水の行く末も気になるところです。何だかんだいって、
でも海堂さんの本は、中二日開けずに上下読んでるんですよね。
ってことは、つまらないと言いつつも、多分好きなんだろうな、
と思ったりしました。さっき。笑

★★★★☆*89

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

「ナイチンゲールの沈黙 下」 海堂尊

ナイチンゲールの沈黙(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ) ナイチンゲールの沈黙(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ)

著者:海堂尊
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


読むのではなかった、と思いました。最近忙しいので、
つまらない本を読むと、時間がもったいないと思います。
と、ぶしつけに失礼なことを書いていますが、
理由は下記で述べたいと思います。しかし、続巻を出す気力が凄い。

看護士・小夜の担当している少年・瑞人は、網膜芽種……眼球のガン
であり、放っておくと眼球を摘出しなければならなくなる。
それを避けるためにも、どうしても手術を行わなければならなかった。
けれども、瑞人の父親は無職であり、酒に明け暮れているような、
最低な父親だった。金がないから、死なないのであれば手術はしない。
断固として譲らない父親だったが、突然契約書にサインをすると
小夜は呼び出しを受けたのだった。はやる心を抑えきれず、
喜び勇んで父親の元に向かったが、小夜はそこで乱暴を受けることに
なった。このままでは……小夜は懸命に赤い手袋に手を伸ばした。

かなりネタバレしますから、嫌な方は読まないよう……。
大変不愉快になった理由は、今回の主要キャラクターである小夜が、
「私を助けるためにお父さんを殺してくれてありがとう」
と言ったところから派生している。いや、なんか違うだろう、みたいな。
上巻から一貫して、過去に辛い思い出を抱える、か弱い女性、
として描かれてきた小夜であったが、このへんから、
その理由が分からなくなってくる。極めつけは、
「一ついい方法があるの」と言って、瑞人に提案した、
自分の父親を解剖しろ、と言う看護婦とは思えない残酷な一言だ。
そんなことしたら、瑞人が手術を受けられなくなってしまうのが
目に見えているではないか。一番簡単なのは、小夜が自首することなのだ。
「沈黙のナイチンゲール」と題されたこのテーマ(テーマかどうかも
怪しいのだが)を無理に描くために、殺人が軽視されている。
おまけにまたまた登場した白鳥に加えて、玉村や、加納と言った、
白鳥系列のうざいメンバーが追加され、かなりうんざりした
感じになっている。そもそも、警察関係で遊びすぎだと思う。
ある程度の節度と、礼儀をもって、ギャグを描くべきだと思う。
この小説にはそれが一切ない。読み終わった感想は、「大変不愉快」
まぁ個人的な感想なので、どうぞ他の方の感想もご覧になってみては。

★★☆☆☆*55

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

「ナイチンゲールの沈黙 上」 海堂尊

ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ) ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)

著者:海堂尊
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


何ともいやぁな予感を持ちつつ、上巻を読み終えました。
「チームバチスタ」のときも思ったのですが、
作者が描写で描く主人公と、主人公の心の呟きが、
かなり性格不一致に思います。うーん、下巻も辛そうですわ。

看護士・小夜の担当している少年・瑞人は、網膜芽種……眼球のガン
であり、放っておくと眼球を摘出しなければならなくなる。
それを避けるためにも、どうしても手術を行わなければならなかった。
けれども、瑞人の父親は無職であり、酒に明け暮れているような、
最低な父親だった。金がないから、死なないのであれば手術はしない。
断固として譲らない父親だったが、突然契約書にサインをすると
小夜は呼び出しを受けたのだった。はやる心を抑えきれず、
喜び勇んで父親の元に向かったが、小夜はそこで乱暴を受けることに
なった。このままでは……小夜は懸命に赤い手袋に手を伸ばした。

問題として、この本は読者のことを考えていない。
「チームバチスタ」の時も思ったが、あちらの方がまだマシであった。
今回は前作が人気だったため、「勿論前作は読んでくれたでしょ?」
みたいな感じで、あまり注意せずに書いた、という嫌な印象を受ける。
その原因は医療関係のことに説明が少なすぎる、というところ。
多分、医療関係者や看護士さんは、とても楽しめるのではないだろうか
と思うのだが、医療をさっぱり分からない人間には確実に説明不足。
おまけに人物の行動描写が少なすぎるので、
そこに一体何人の人間がいて、誰がしゃべっているのか不明。
登場人物だけが勝手に盛り上がっているという感じもする。
そう言った意味で、とても残念な本だった。
せっかく医療という専門的な分野を武器にストーリーが書けるのに、
そのいい所が生かせていないのは、非常にもったいない。
それと今回のストーリーは、あまりチーム的な躍動感がないから、
「チームバチスタ」で好きになった人は肩透かしを
食らうかもしれないなぁ、とも思う。キャラクターの
個性が、あるようで、ないような、「チームバチスタ」のように、
主要人物が上手いこと確立していないので、
一体どこら辺までが主要人物で、どこからが脇役なのか曖昧。
と、ボロボロに書いてしまったのは、折角いいものを書けるのに、
奢りが見えるような気がするためであって、文章は好きです。
下巻も楽しめるといいのですが。いよいよミステリ、ですから。

★★★☆☆*80

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

「チーム・バチスタの栄光 下」 海堂尊

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)

著者:海堂 尊
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


読み終わったので、映画のサイトを見てみたら、主人公が女性になっていた。
思わずなるほどね、と思う。それは多分皆さんも読んでみれば
分かると思いますが、女性のほうがしっくりくるような感じがしますから。
まぁ、そう言った色々な意味で、惜しい小説でした。

素晴らしい成功手術歴をもつ「チーム・バチスタ」だったが、
ある日から突然術内死が続くようになってしまった。
疑いを掛けられた「チーム・バチスタ」の犯罪是非を問うため、
俺は調査を開始した。だが、関係者を一人ずつ面接していくが、
手術について門外漢である俺は、それ以上の事が分からなかった。
仕方なく白旗を揚げようというとき、厚生省から役人・白鳥がやって来た。
見るからに嫌悪感を抱かせる白鳥と、俺は一連の事件を解決できるのか。

かなりネタバレ感想になりました、ご注意下さい。
後編になりいきなり登場する白鳥。
この男が、物語り全体を斜めにした印象がある。
勿論それを狙ったのだろうが、範囲はいきすぎ・やりすぎ、
という感じで、読者が置いてきぼりになっている気がした。
作者の筆の調子が乗ってしまい、自分だけ楽しんでいる感じがするのだ。
原因は奇抜な比喩。この話をコメディに持って行くなら、
かなりのユーモアセンスに脱帽、というところだが、
腐っても鯛…もとい腐ってもミステリなわけで、
これが何とも質を下げていると思われる。
それともう一つ残念なのが、犯人の推定の仕方。
私は犯人は始めからずっと鳴海先生だと思っていた。
というのも、桐生が鳴海と手を組んで手術をしている、と出たときから、
桐生に指図でき、桐生が考慮するのは鳴海だけだ、
と状況から判断できるからだ。と結構自信を持っていた。
しかし、これは伏線であって、実際はそうではない。
だが、その伏線の処理の仕方が、実は桐生の視力が衰えてました、
と来て、読者にさっぱり予想できない範疇である。
それに加え、氷室は、絶対に犯罪は出来ないだろうと途中で断言されている。
すると読者にはヒントがまったくなく、一体誰を疑ったらいいのか、
皆目検討が付かない状態になってしまう。
そして結局解決するのは白鳥。
これはどうしたもんかなぁ、とミステリ好きとしては思うんですが、
皆さんどう思われるのでしょうか。私は、氷室の文献を探し出すのが、
主人公、という設定だったとしたら、もっと緊迫したいい話になったのでは、
と思うのですけれども。些細な事で屁理屈に聞こえるかも知れませんが、
結果として言えるのは、読者にヒントが少なすぎる点と、
主人公ではなく白鳥が全て解決してしまうと言うやり切れない点、
と言うのが残念でした、と言う事で。
医療的な背景・工夫はピカ一なので、そう言う物語的なことを、
頑張って欲しいなぁ…と思いつつ、今後に期待しましょう。

★★★☆☆*83

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

「チーム・バチスタの栄光 上」 海堂尊

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫 599) チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫 599)

著者:海堂 尊
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


会社の先輩に借りました。映画化だったんですねぇ、知りませんでした。
血がふんだんに使われた小説、というか映像もそうですが、
嫌いなので、基本的に読まないんですが、これはそうでもないよと
薦められたので読んでみました。なるほど、そうでもないです。

俺が勤める不定愁訴外来…いわゆる愚痴外来と呼ばれるそこは、
手術台から一番遠い場所にある。卒業試験以来見学すらしていない俺に、
院長から直々にお声が掛かった。何でも「チーム・バチスタ」の
手術内容を観察して欲しいというのだ。天才医師桐生率いる
「チーム・バチスタ」は、20回のバチスタ手術を成功させている
優秀なチームだったが、ここの所3例続けて術内死が発生していた。
ただでさえ困難なバチスタ手術…果たしてその死は自然なのか故意なのか…

海堂さん、初めて読みました。印象は「奥田英朗+荻原浩」。
好きな方は好きでしょうねぇ、医療舞台と言うのは魅力的です。
ただ一つだけ物語と関係なく欠点になっているのが、
振り仮名の有無だと思いますね。明らかに常用範囲外のものにも、
振り仮名がほぼない。その上医療の専門用語は漢字がただでさえ多いので、
堅っ苦しいこと極まりない感じになっているのです。
そして、残念な事に物語りを進行する主人公は、
結構天然キャラなので、意外に思いつめず明るい雰囲気で進むのが難点。
重々しい雰囲気は、漢字に頼らずに文章で作って下さいね、
と言うのが、私が一番気になったところでした。
その他内容で気になったのは、同じ事を何回か繰り返し描写するところ。
それから、あまりに知識が豊富なので(現職ですもんね)、
これも言いたい、あれも言いたい、と書きすぎた説明が多いところ。
ここはまぁ、極めて私の個人的な価値観なので、無視して大丈夫かと。
話は逸れましたが、今までここまで事実に忠実な医療エンタメも、
なかったのではないかと思います。それにある種の秘密分野でありながら、
病院は人間は必ずお世話になる場所である。
というかなりのプラス要素もあるから、読者も食いつきが良いでしょう。
「このミステリがすごい」…は正確な判断でしょうか、
と疑問を投げつつ、新領域に踏み込める海堂さんの幸運に憧れます。
是非今度は物語と医療知識のマッチした本を読みたいものです。
と、言いつつまだ下巻読んでいる最中なので、下巻の後にも感想書きます。

★★★☆☆*85

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

***このブログのあれこれ | *ライブ(セットリスト一覧) | *映画・DVD (85) | *漫画 (18) | *読了本(678) | *雑談 | *雑談(エッセイ的なもの) | ■作家別一覧('12.12.01) | ■個人的お薦め本 | □掲示板 | あ あさのあつこ (15) | い 伊坂幸太郎 (20) | い 伊藤たかみ(6) | い 石持浅海 (6) | い 石田衣良 (6) | う 歌野晶午 (5) | お 乙一 (15) | お 大崎善生 (3) | お 奥田英朗 (7) | お 恩田陸 (6) | お 荻原浩 (10) | か 上遠野浩平 (7) | か 川上弘美 (8) | か 桂望実 (4) | か 海堂尊 (6) | か 角田光代 (38) | か 金城一紀 (5) | き 北村薫 (5) | き 桐野夏生 (8) | さ 佐藤多佳子 (7) | さ 桜庭一樹 (6) | し 島本理生 (5) | し 時雨沢恵一 (8) | し 重松清 (8) | せ 瀬尾まいこ (8) | た 太宰治 (5) | た 谷川俊太郎 (7) | つ 津村記久子 (4) | と 豊島ミホ (10) | な 夏目漱石 (11) | に 西澤保彦 (6) | ひ 姫野カオルコ (4) | ひ 東野圭吾 (22) | ほ 本多孝好 (8) | み 三崎亜記 (3) | み 三浦しをん (5) | み 宮部みゆき (17) | む 村上春樹 (17) | む 村上龍 (4) | も 本谷有希子 (4) | も 森博嗣 (24) | も 森絵都 (7) | や 山本幸久 (2) | や 山本文緒 (13) | よ 吉田修一 (23) | よ 横山秀夫 (10) | 他 その他:ノンフィクション・ビジネス書等 (15) | 他 その他:女性作家 (64) | 他 その他:男性作家 (96) | 他 アンソロジー (7) | 海外 その他 (5) | 海外 ミステリー (5) | 記事収納庫