2010年3月11日 (木)

「長崎オランダ村」 村上龍

長崎オランダ村  /村上 龍 [本] 長崎オランダ村 /村上 龍 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

大変今さらだけど村上龍にはまりそうである。理由はなんと言っても
面白いから。この「人間の滑稽さ」は他では味わえないものである。
作られていると知りながらも、もっと早くに読んでおけばよかった
と思ってしまう自分が悔しい。きっと自分と似たところがあるから。

昔の付き合いということで、私はナカムラという後輩の依頼で、
講演会にやってきていた。ナカムラは、私が昔書いた小説
『69』の中で、校長室に、しかも校長の机の上に、ウンコをした男
である。ナカムラはまさに善人だ。だが、小説のモデルとして使った
ために義理があるわけではない。学校を卒業したあと、私の下宿先に、
ナカムラのおかあさんが訪ねてきたことがあった。家出したナカムラを
探してくれと頼まれ、私は言葉巧みに捜索資金を手に入れた。
そうして、その大切な二万円を握り締め、バーに向かった私は仲間を
集めてドンチャン騒ぎをした。そんなわけで、ナカムラの依頼は断れ
ないのである。私とナカムラは、故郷の街で、新しく建設された、
オランダ村の話しと、最近引きこもり気味だという息子の話を始める。

大切な事を話しているはずなのに、なぜか滑稽で笑わずにはいられない。
ほとんどエッセイと言っていいほどの、ノンフィクションストーリー
であり、ごく当たり前のことが語られている本である。なのに、
どうしてだろう、原因は「長崎弁」のせいなのか、それとも物事を
徹底的に斜めから書いているからなのか。本の中では、タイトルにある
ように、オランダ村(実際は長崎ハウステンボス)についてのことが、
2人の男の間で話されている本である。オランダ村で世界各地の
ダンサーや大道芸人を呼寄せ「フェスティバル」を催した。
言葉が通じず、それぞれの生活習慣や人間性が違う、そんな「人間」
たちが田舎町・長崎で生きるてゆく、という、ものすごくダサい様子、
しかしそれが「人間」なのだ、という様子が描かれている。
今まで住んでいた国ではなく、突然中途半端な街(長崎)に住む
ことになったときに起きる、人間としての混乱。そして異物(違う環境)
を感じることで、自分が変わらなくてはいけない、という意識。
終わりは、始まりとは何かが明確に変化しているということ。
そして、一番大事な「どう変わらなかったのか」ということ。
思わず笑い出したくなるほどの混乱と衝突、そして変化が生まれ、
人は変わって(そう見える)ゆくが、注目すべきは変わった部分より、
変わらない部分でもなく、どう変わらなかったか、なのだと。
自分として生きるために何を残したのか、と。わずかな思考の差だけど、
わたしは読んでいて導かれるのを感じた気がした。(宗教的、でなく)
大切なこと、というのは日常にあるのであり、過ぎてゆく
見落としている過程にきっとたくさんのそれがあるはずなのだ。
それを滑稽に、しかし的確に、そして斜めから、描くセンスは脱帽で
ある。シリアスな話の合間に続けられる、「食べる」描写も、とても
ミスマッチで笑える。だけど、生きているのだ、とも思う。食べれば
食べるだけ故郷の味が体に染み込み、変わっていない自分を、
見つけることができるのかもしれない。村上龍は面白い本がいいな。

★★★★★*92

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

「69 sixty nine」 村上龍

69 sixty nine (文春文庫) 69 sixty nine (文春文庫)

著者:村上 龍
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


久しぶりの村上龍。ふと読みたくなって2軒の本屋を探したのだが、
どこにもなく、結局図書館(しかも書庫入りしていた)で借りたという、
なんともじれったい本だった。しかし読みたいな、と思ったとき、
すぐに手に入ってしまう本よりも、苦労した方がなぜか面白いのである。

一九六九年、この年、東京大学は入試を中止した。街にはビートルズや
ローリング・ストーンズが流れ、髪の長いヒッピーと呼ばれる人たちが
愛と平和を訴えていた。パリではドゴールが退陣した。ベトナムでは
戦争が続いており、女子高生はタンポンではなく整理綿を使用していた。
一九六九年はそんな年で、僕は高校三年生、十七歳だった。
九州の西の端にある、進学普通高校である。理系の進学クラスだったので、
女子は七人しかおらず、その中の五人までもがブスだった。そのため、
僕たちのもっぱらの憧れは英語劇部のレディ・ジェーンこと松井和子
という美女であった。閉塞感あふれる学校の中から飛びだし、
何か楽しいこと――映画や劇を放映する「フェスティバル」を行おうと
決めた僕たちは、松井を主演女優に誘い計画を始めるのだが……。

下品なことは、それを隠そうとするから下品になるのかもしれない、
という微妙な思考革命が起きそうな本だった。この本の中では、
下品なことが一切隠されておらず、むしろ率先して書かれているから
そうでない部分を探す方が大変なくらいだった。しかし、それと同じ
ように「伝えたい何か」が全力で描いてあったため、すべてを許せる
ような、その下品さがあったから魅力が引き立ったような、よい印象を
受けたのだった。と、称えてみたものの、まぁなんとも救いようのない
下品さなのは代わりはないのだが。この本の上品なもの、として、
村上龍お得意の音楽がたくさん出てくる。ビートルズから始まり、
レッド・ツェッペリン、ベルリオーズまで、これもまた村上春樹と同様、
聞いてみたくなる音楽なのだった。小説を読んでいて、
「あぁこの音楽どんな風なのかしら」と思わせることは大変である。
内容に興味をもてないと、そこに書かれていることに興味をもてないし
書いている人間が、そんなに好きではないものをごり押ししても、
読んでいる方は何となく分かるものなのであった。何となく興味を
惹かれないのである。だけれど、ここにある音楽は本物である。
このシーンに必要不可欠な音楽なのだと、自然に分かることが出来た。
村上龍は言いたい事を大げさに書く人だな、と改めて思ったのだが、
その大げさ加減がとても絶妙で、心地よかった。例えば、本当に
そうだと信じていないものを語るとき、なぜか標準語となってしまい、
どこか遠くの、自分とはかけ離れたものに思えるということ。例えば、
お前はダメなヤツだ、と叱られることがどんなに惨めであっても、
叱られないよりはマシなのであり、叱られなくなってしまったら、
そんな自分に気に掛けてくれる人すらいなくなるのだということ。
どれも何度も描写する割りに、そこから導き出される結末を書かない。
虚しいという感情や、寂しいと言う感情を。その度合いが心地よかった。
最後の文章もまた、いいね。「元気です、野生化したニワトリ
十メートルもジャンプ!」この気持ちを味わうために、じっくり
腹を抱えて読むべし。勿論1969年を知らなくても、楽しめる。
知っていたら、もっと楽しいかもしれない。そう思うと、少し悔しい。

★★★★★*91

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

「コインロッカー・ベイビーズ 上」 村上龍

コインロッカー・ベイビーズ (上) (講談社文庫) コインロッカー・ベイビーズ (上) (講談社文庫)

著者:村上 龍
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


あぁ、下巻も読まなくちゃいけないのか…
と珍しくちょっと億劫がっている私です。そもそもの話、
私は龍さんとなんだか色々のものが合わない気がするんですよ。
カンブリア宮殿も、龍さん司会じゃなければきっと見るのだが。

キクとハシは施設で育てられた子どもである。
二人ともそれぞれの母親に育児放棄され、
コインロッカーの中に捨てられた赤ん坊だったのだ。
コインロッカーに捨てられる子どもは、
大体が殺害されてから収納され、生きていたとしても、
発見が遅れ、殆どの場合がその中で死を迎える。
そんな中でキクとハシは類稀なる生存者なのであった。
幼い頃味わった精神的恐怖は、成長する彼らにとって影響を及ぼす。
催眠治療で封じ込めたものの、いつ何時現れるか知れなかった。

そもそも、とまた言うけど、私は龍さんと気が合わないらしい。
これでも結構頑張って手にとってみるのだけど、
途中で放棄したもの数知れず。完読したのは、「五分後の世界」と
「限りなく透明に近いブルー」とたぶんそれだけである。
誰かアクの弱い、私が読めそうな本をお薦めしてください…。
と、それはさておき。この本でも思うことなのだが、
村上龍は現実を書かない。現実を書くのだけど、
自分だけの小説世界を作り上げて、その中で比喩的、
あるいは皮肉った感じに表現するのである。
コインロッカーに捨てられる子ども、という設定も、
その設定にはとても興味深さを感じる。
密閉空間に放置され、生後ほんのわずかのうちに、
生命の危機にさらされた子どもの精神衛生は、きっと歪んでいる。
そしてその歪みはロッカーに限らず、現代の世界がそうなのだと。
しかし、その後の話の展開が、私はどうしてもついていけないのだ。
引き取ってくれた義母は死んでしまい、
そして毒が土壌汚染しているという隔離地域に、逃げてゆく。
その上オカマとして働いてみたり、音楽を登場させてみたり…
これは物語というより、村上龍の趣味の寄集めではないだろうか?
と思ってしまったりするのだった。「五分後の世界」でも、
音楽が強調されているが、かなり強烈にアピールされていたため、
それの登場に強い信念を感じることが出来たのに。
うーん。村上龍を楽しめないのは、私がまだ子どもだからなのか?
よくわからん。よくわかんないけど、下巻を読むのが億劫である。

★★★☆☆*81

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年12月 5日 (水)

「五分後の世界」 村上龍

五分後の世界 (幻冬舎文庫) 五分後の世界 (幻冬舎文庫)

著者:村上 龍
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する


はっきり言ってしまおう、私は村上龍氏があまり好きではない。
読書は好き嫌いでするものではない、とは分かってるのだが、
村上龍氏という人間そのものが、どうにも好きになれないのだった。
まぁこれは面白かったけど、時折ご本人の事を思い出し唸る…。

ふと気が付くと、小田桐は歩いていた。
全身が凍えるような寒さの中、前の人間の背のみを見て黙々と歩く。
何で自分がこんなところに…そう思い立ち止まろうとしたが、
前方で歩きを止め殴られている人間を見て、今は歩くしかないと判断した。
やがて検問のような場所に着き、小田桐は初めて違和感を覚える。
自分以外の人間が、全てどこかの国の血が混ざった混血児だったからだ。
小田桐は自分の腕時計が五分遅れていることに気づく。

この世界観は凄い。第二次世界大戦で、
日本がポツダム宣言を受諾しなかったら…という世界を、
ある種のリアリティを持って描かれている。
未だに戦争を続け、地下を蔓延る日本と、その他の国の混血児達が溢れる、
異様な雰囲気は、まさに「ありえる」と頷いてしまいそうな描写だった。
私は戦争と言うか、戦闘が好きではないので、好感を持たなかったが、
「戦い好き」な人間にとっては、かなりわくわくする話だと思う。
しかし、一つ目に止まってしまうのが、現実の価値観の描き方だ。
小田桐はあこぎな人間として描かれているのだが、
ここに描かれる「日本人」として、適切なのか、というところがある。
それとここでも思い出してしまうのが、村上龍氏本人の価値観。
村上龍氏は、贅沢な生活をされているのか、一般人とは感覚が違うようで、
某カンブリア宮殿での、世間知らずな発言にいつも絶句している。
二万円のソファを「これは三十万くらいですか」と言ってみたり…
そう言ったいわゆる読者側の「庶民」をあまり理解していないような、
そんな感覚で、この主人公、そして登場人物が書かれたんだろうな、
という雰囲気が出ていた。会話とか、何を彼らが重視して生きているのか、
微妙に、何だか惜しい感じだった。世界の救いは音楽だけなのか?
それと、ラスト。途中から、さぁ元の世界へ帰りましょう的な流れなのに、
結局最後腕時計を五分進めてしまう小田桐…。
彼に過去への未練はなかったのか奥行きが少ないことや、
五分後のどこに小田桐をそうさせる魅力があったのか…
しりたいかったな、ということにして纏めておくことにする。

★★★★☆*86

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

***このブログのあれこれ | *ライブ(セットリスト一覧) | *映画・DVD (85) | *漫画 (18) | *読了本(678) | *雑談 | *雑談(エッセイ的なもの) | ■作家別一覧('12.12.01) | ■個人的お薦め本 | □掲示板 | あ あさのあつこ (15) | い 伊坂幸太郎 (20) | い 伊藤たかみ(6) | い 石持浅海 (6) | い 石田衣良 (6) | う 歌野晶午 (5) | お 乙一 (15) | お 大崎善生 (3) | お 奥田英朗 (7) | お 恩田陸 (6) | お 荻原浩 (10) | か 上遠野浩平 (7) | か 川上弘美 (8) | か 桂望実 (4) | か 海堂尊 (6) | か 角田光代 (38) | か 金城一紀 (5) | き 北村薫 (5) | き 桐野夏生 (8) | さ 佐藤多佳子 (7) | さ 桜庭一樹 (6) | し 島本理生 (5) | し 時雨沢恵一 (8) | し 重松清 (8) | せ 瀬尾まいこ (8) | た 太宰治 (5) | た 谷川俊太郎 (7) | つ 津村記久子 (4) | と 豊島ミホ (10) | な 夏目漱石 (11) | に 西澤保彦 (6) | ひ 姫野カオルコ (4) | ひ 東野圭吾 (22) | ほ 本多孝好 (8) | み 三崎亜記 (3) | み 三浦しをん (5) | み 宮部みゆき (17) | む 村上春樹 (17) | む 村上龍 (4) | も 本谷有希子 (4) | も 森博嗣 (24) | も 森絵都 (7) | や 山本幸久 (2) | や 山本文緒 (13) | よ 吉田修一 (23) | よ 横山秀夫 (10) | 他 その他:ノンフィクション・ビジネス書等 (15) | 他 その他:女性作家 (64) | 他 その他:男性作家 (96) | 他 アンソロジー (7) | 海外 その他 (5) | 海外 ミステリー (5) | 記事収納庫