2011年1月17日 (月)

「Rのつく月には気をつけよう」 石持浅海

Rのつく月には気をつけよう (祥伝社文庫) Rのつく月には気をつけよう (祥伝社文庫)

著者:石持 浅海
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


やーらーれーたー……!な、一冊でした。ネタバレしますので、
読みたくない方は読まないようにお願いします。石持さん久しぶり。
「顔のない敵」の後になんか読んだ気がするけど、感想書かずにいたら、
すっかり忘れました。なんだっけなぁ、何読んだんだったかなぁ……。

「夢のかけら 麺のかけら」
わたし、湯浅夏美と熊井渚、それから長江高明の3人は、大学卒業後の今も
時折飲み会を開く。場所はいつも長江の綺麗なワンルームマンションで、
熊井とわたしは酒やゲストを用意する。そう、この飲み会のポイントは、
3人の他に、誰か1人ゲストを呼ぶことである。いつもの3人では何か
物足りないし、ゲストを加えることで話の幅が広がる、一石二鳥である。
今回のゲストは熊井の知人である塚本。塚本は酒のつまみにチキンラーメンを
砕き食べるという。斬新な食べ方に興味をそそられた3人は、彼を呼ぶ
ことにしたのだった。もちろん、酒のつまみはチキンラーメンだ。
チキンラーメンにちなんだ塚本の話は、昔、彼女と喧嘩した思い出話へと
転じた。チキンラーメンを散らかした塚本が彼女に怒られた、というのだ。
話を聞くうち、頭脳明晰な長江が口を挟んだ。塚本の彼女が怒ったのには、
理由があると言い出すのだが……。

連続短編集。1人の登場人物が毎度入れ替わる飽きないシステムで
どれも楽しく読み終えた。石持さんは、みんなでわいわいやる話がとても
上手い。で、会話が滑らかで上質だ。今回はその石持さんの得意とする、
空論推理が生かされて、なるほどよく考えられた設定だと思った。
また終始「宅飲み」というなんともアットホームな状況の中行われるので、
日常のちょっとした謎解きにはもってこい。面白さを存分に味わうことが
出来た。些細な気持ちの行き違いや、思い込み、誤解などを、長江が
するする解いてゆくさまはとても気持ちよく、解けたときの「なるほどね~」
という和みがよい。もちろん宅飲みで語られる軽い話だからこその、
「なるほどね~」で、事件ものに発展しない穏やかさがなんとも珍しく
こんなのもいいね、と思った。むしろこっちの方がいいじゃん、みたいな。笑
本の中には、酒と一緒に美味そうな料理が出てくるが、料理の表現方法が
なんとも石持さんらしくて笑った。いや、いい意味も含めて。なんとなし
ミステリな人間の表現方法、絶対料理のコメンテーターにはなれないだろう、
とか失礼なことを考えたりした。これからもミステリを書いていただければ
と思います。で、何より、騙された、だった。最後の章を読み終えたとき、
「あーあ、やられた」の一言しか出なかった。こんなに綺麗にひっかかった
のも久しぶりだった。どれもこれも、このアットホームで和やかな雰囲気に
流されてしまったからだろう。今はもう一度読み直すつもりはないけど、
たぶん「わたし」「俺」という言葉は最初から使っていないんだろうな、
とか思うと、こっそり仕掛けられた、しかし芯の通った罠に、悔しい気持ち
でいっぱいである。最後の最後にぴりりと〆ていただき、この上なし。
まったり読みたいときに是非とも。人の死なないまろやかなミステリです。

★★★★☆*87

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

「顔のない敵」 石持浅海

顔のない敵 (光文社文庫) 顔のない敵 (光文社文庫)

著者:石持 浅海
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


石持さんは本格推理小説を目指していた!、と確認できた本。
作家デビュー後初の作品(これは単品)を含む連続短編集。もっと
昔の本なのかと思ったら、掲載年は『扉は閉ざされたまま』よりも後
だった。少し意外である。しかし、いいか、悪いか、と言われると……。

「銃声でなく、音楽を」
地雷除去NGOである坂田とサイモンは、活動を続けるため寄付金を
つのっていた。今回は音響メーカーである、マーチン&ノーラン社に
足を運び、最終的な契約の取り決めを行う予定である。
マーチン&ノーラン社についた二人は、社長秘書の女性につれられ、
上階のプレゼンテーションルームへと案内された。エレベーターを降り、
ひっそりとした長い廊下を進む。しかし三人が廊下の中腹へきたとき、
その静寂は破られた。小さな破裂音……銃声が聞こえたのである。
突然の事態に三人は走り出す。プレゼンテーションルームの戸を叩くと、
中には社長がおり、そして足元に男の死体があった。拳銃は死体から
離れたところにあり、撃ったのは社長ではないようだ。なぜ来客時に
銃撃事件が起こることになったのか? 坂田とサイモンは推理を始める。

「え、これが石持さん?」と声をあげたくなった。今まで読んできた
本とだいぶ作風が違うからである。それにしても地雷除去をテーマに
したこの本は、堅く、それでいてミステリに富んだいい作品だった。
書くからにはきちんと調べなくては、と思う方なんでしょう、
かなり緻密な事柄にも知識が及んでいて、まさか作品を書くために
学んだと思えないような深い心情理解と解説で、圧巻だった。
趣味だったらこう熱心になれるでしょうけれども、単に「興味をもった」
くらいで、ここまで突き詰められるのは凄いなと思う。
思い返してみれば、『セリヌンティウスの舟』のときも、
スキューバダイビングについてかなり詳しく語っていたなぁ、と。
(まぁ感想はかなり毒を吐いてますので、面白いかは別の話で)
と、そのような熱心な知識習得の賜物という感じで、登場人物の、
心情が実にわかりやすく、そうしてもっともらしい(いい意味)感じ
に描かれているため、感慨深く読むことができた。地雷により家族や
自身の手足を失った悲しみ。それは心の傷となって、決して消えること
はない。人を失うことは、人を殺してしまうほどの憎悪を生み、
しかし地雷は生産者を特定できないために、その怒りの矛先を
もつことすらできない。この現状をどうにかしなくては……。
そのような突き動かされる意志、悲しみ、そして悲しみから生まれた謎、
これらがとてもいいコンビネーションだった。しかし、一つ残念だった
のは、キャラクターに色がないことだった。個性がないというか。
書いている本人の中では個性があるのだろうが、読んでいるこちらには
それが伝わらず、名前だけが一人歩きし、人物と一致しない。だが、
あんまりキャラクターを押しすぎても、『扉は閉ざされたまま』の
ようになるだろうし、なんというか、「ほどほど」が欲しい感じだった。
この堅い感じ、好きなんだけどなぁ、惜しい。
最後に載っているデビュー作は、石持色で、とてもいい。あとがきも
とても読みやすく、石持さんの真面目そうな人柄が窺えてよかった。

★★★★☆*87

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

「セリヌンティウスの舟」 石持浅海

セリヌンティウスの舟 (カッパノベルス) セリヌンティウスの舟 (カッパノベルス)

著者:石持 浅海
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


時間が経つのって怖ろしいね、石持さん1年以上ぶり。嘘?!って感じ。
そう言えば今年は読んでなかったしなぁ、悪いことしました、とか
言ってみたりして。石持さんは好きなミステリィ作家の一人です。
いいときと悪いとき相当差があるんだけどね……そこんとこ森さん以上です。

初めて会うようなダイバー同士だったが、奇跡的な生還を遂げた六人は、
運命の絆を覚えていた。親友や家族とは違う、特別な絆。普段は
頻繁に会ったりするわけではないが、それでも会えば心の打ち解けた
会話をし、やはりあの絆は確かなものだと確認できた。六人でダイビングに
出て、三好の家で酒を飲むことは恒例の行事である。その日も泳ぎ終わり、
三好の家に着いた六人は、いつものように泥酔していた。僕は水を飲もうと
立ち上がると、五人の姿を確認した。みなそれぞれ酷い格好で眠っている。
まるで大学のサークルのような悪い酒の飲み方である。時計は午前五時半。
起きるにはまだ早いだろう。水を飲み、トイレへ行き、もう一度寝ようと
したとき、僕はテーブルに突っ伏して寝ていた美月の様子が
おかしいことに気づいた。美月の腕の下には、長々と書かれた遺書があった。

一言言うと、長くてくどい。西澤さんを軽く超えました。笑
笑い事ではないんだが、長くてくどい印象になってしまう原因がある。
一つは、ヒントが微妙すぎる。微妙というのは、奇妙とかそういう意味
ではなく、「なるほど!」と思えない細微なもの、という意味。
普通の人では気にも掛けない細微な突っかかりをちくちくと突付いている、
そんな印象の小説だった。そもそも、警察では気づかなかった、
6人だけの真実を探そう! みたいな内容なので、コンセプト通りではあるの
だが、何ともまめまめしい印象なのだった。「その人の性格による」と
言ってしまえば、一瞬で片付くことを、「いいや、美月はそんなことしない」
と言い張って、出口のない推理を進めてゆくのである。まぁ、出口のない、
というか、出口はあるのだが、その出口がある様子を「セリヌンティウス」
と言う名前を文字って、いてこれももしわたしがその場にいたら、
「あぁ、う、うん」という微妙な返事をしてしまいそうな感じだった。
たっぷり説明されているが、ちょっとこじつけられている気もするし。
そこで元を辿り、自殺に意味を持たせるというところで、あぁやはり
間違った物語だ、と思った。きっと石持さんは友達が自殺をしたことが
ないんだろう。まぁ、大抵の人はないと思うけど、友達が自殺をする、
というのは、そんなに軽いもんじゃない。死んだ友達を思いすぎるあまり、
「わたしが何かしてあげれば彼、彼女はしななかったのではないか」
と夢想してしまい、しばしば悪夢を見るものなのだ。登場人物たちは、
まったくそう言った悩みを抱えていない。運命共同体とまで言っているのに。
本当はどうでもよかったのか? と思えてくる。極めつけは、
美月の死を持って他の五人がこれからも仲良く行くようにだって?
行くわけないんだよ、「なんでみんな助けられなかったんだろう」って
苛まれるんだからさ。と、そんなところからわたしにとってちょっと
いまいちな小説だった。友情って大切よね、とか柄になく言ってみる。

★★☆☆☆*70

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月30日 (日)

「君の望む死に方」 石持浅海

君の望む死に方 (ノン・ノベル) 君の望む死に方 (ノン・ノベル)

著者:石持 浅海
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


うーん、微妙。せっかく「温かな手」で凄く良かったのに、
あれ、ちょっと相性合わないかしら、とか思いました。
人の心の動きって難しいですね。まぁミステリなんて、
死体ありきだから、動機の重要性なんて小さいのだろうけれども。

ソル電機の創業社長である日向は、ある決意を抱いていた。
ガンを宣告され、直る見込みもない。余命は六ヶ月だと言われた。
私は会社のために全てを尽くしてきた。そのことに悔いはない。
それどころか、どこか晴れ晴れした心持で、
死期を迎えられそうな気がした。
六ヶ月経ったら、私はもうこの世にはいないのだ。
それならば、私を殺したがっている人物に殺されてやるのもいい。
私は君に殺されるとしよう……。

微妙な原因は、まず動機。母親の死をきっかけに、
昔の過ち、母親と日向の不倫を知ってしまったと言う設定だが、
そもそも本当に日向のことを母親が心配・応援しているのだとしたら、
その事実は絶対に語られないはずである。
その災い墓場まで…という感じで、口を割らずに母親は死んでゆく
のではないだろうか。それに例えば不倫の口を割ったとしても、
父親を殺したのかもしれない、なんていう危ない憶測を、
そんな簡単に語ったりしないだろう。
そのお陰で母親がとても底意地悪く見えるのは私だけだろうか。
それに、例えばその事実を知ったところで、社長を殺し、
ばれずにその後を過ごそうと考える梶間もまた、相当の悪党である。
むしろ日向よりタチが悪いと思うのは私だけだろうか。
という諸々の点から、あまり納得して読むことが出来なかった。
おまけに解決の予想がつく。きっと優佳が何かをやらかすだろう、
といういやな予感。主人公が細心の注意を払っても、
書いているのは作者なのだから、間違いなく優佳は気づき、
犯行はトレースになる。大変微妙。ばればれを読み直してる感じ。
何とも面倒な感じになっていて、とても読みにくかった。
それと例え無礼講だとしても、社長のまであんな失態は見せないだろう。
なにせ当の本人たちは、出世研修だと思っているのだから、
絶対にあのような状態にはならないだろう。強引、微妙。
せっかく石持さんはすっきりした推理劇が面白いのに、
他の部分で全て潰したような感じが私はしてしまった。残念。

★★☆☆☆*75

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

「温かな手」 石持浅海

温かな手 温かな手

著者:石持 浅海
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


この人本当に凄いんだな、と思った本。というか★を5つ付けるのは
何日ぶりだろうか(笑)前回は「269 08.03.11 「SP」 金城一紀」
これは小説じゃないし、小説に遡ると、去年の宮部さんまで、
まったく一つもないのだ。あぁ辛口すぎたかしら、と思いつつ。

「大地を歩む」
――あ、吸われている。
ムーちゃんは手を握って、僕のエネルギーを吸い取ってくれた。
目の前には友人の死体が横たわっていたが、
ムーちゃんが僕に触れたことにより、
パニック状態だった思考が元に戻ってゆくのを感じた。
今日みんなでイチゴ狩りに行くはずだった友人・国元は、
布団の中で冷たくなっている。強盗か?と疑ったメンバーだったが、
彼の部屋には現金五十万円が置かれたままだった。
しかし、そもそも何故五十万円もの大金があるのか?
謎に包まれた部屋の中ムーちゃんは語りだした。

石持さんは絶対的権力を持つ人間を書くのが上手い。
裏を返せば、そんな書き方しかできないのか?とか失礼にも
考えてしまうが、あまりまだ冊数を読んでいないので分からない。
しかし、この本は大変面白かった。何しろ、ミステリでありながら、
とても人間味があるのである。森さんとは正反対的な。
もちろん森さんは森さんで神ですから、面白いんですが。
特に動機、と言う点で、とても納得の行く「怒り」や「憎しみ」が
描かれていて、拍手を送りたい。特に好きだったのはこの、
「大地を歩む」という話だったのだが、ここではひょんなことから
受け取ってしまった大金の使い道を実に上手く描いている。
マイルをコツコツと貯めているような堅実な人間が、
突然大金を手にしてしまったときの、醜い醜態。
それを見たくなかった彼女。何だか物語を少し齧っただけでも、
とても納得してしまうような話なのである。
おまけに、人の死を目撃した人間はうろたえる。
それが知り合いであったり、さっきまで一緒にいた人間であったり
すると、それはそれは酷い衝撃を与えることだろう。
その無駄なエネルギーをギンちゃんやムーちゃんは吸い取ってくれる。
無駄な、と言うのも嫌な言い方だし、地球外生命体、
なんて馬鹿げた登場ではあるが、逆に言えば彼らがいなかれば、
人間の悲しみは満たされたままなのだ。冷静に推理をするため
というのもあるだろうけれど、それよりも私は人間の無情を感じた。
最後の締めくくりを読めばそれがとてもよく分かるだろう。
ミステリと、人間味・感情の融合。人は人が死んで悲しいと思う。
それを理解しながら推理する、考えられた素晴らしい小説でした。
褒めすぎ?褒めすぎかな。最近ミステリに嵌りすぎて。笑
でも、本当に面白かった。石持さん短編の方が好きかも。

★★★★★*93

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

「扉は閉ざされたまま」 石持浅海

扉は閉ざされたまま (ノン・ノベル) 扉は閉ざされたまま (ノン・ノベル)

著者:石持 浅海
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


この本も気になっていたので読んでみました。
と言うか、本当に最近ミステリしか読んでいないような……。
まぁいいや、面白かったので。予想ですが、たぶんこの物語は、
後ろから考えられたのだろうと思った。みんなそう思うのでは?

伏見亮輔は新山和弘を殺し、完璧な密室を作り上げた。
まずバッグから新山の着替えを取り出し、眼鏡と時計を外す。
それから睡眠薬で眠っている新山を担ぎ、顔をお湯を張った風呂に沈め、
心臓の音を止めてやった。あとは服を脱がして裸にし、
湯船につからせる。これで「薬を飲んだ後入浴しようとして、
そのまま湯船で眠って溺れた男」が完成した。
伏見はドアにロックが掛かるよう工夫して廊下に出た。
伏見の行動は完璧だと思われた。
しかし、それは「彼女」が語り始めるまでのことだった。

この本の魅力はスタイリッシュでありながら、
実は恐ろしいほどに緻密に練られた会話によって事件が扇動されている
というところだろう。事件はなんてことはない。ページを捲ると
同時に主人公が殺人を犯すシーンが出てくるので、犯人はばればれ。
その代わりに、主人公が「犯行を隠す技」を楽しむことが出来るのだ。
雰囲気的に言うと、「古畑任三郎」系の小説と言っていい。
一つ違うのは、その騙し合いが、死体が発見されてから行われるの
ではなく、このタイトルにもあるように「扉は閉ざされたまま」
会話の中だけで、推理が進んでいくところだ。それだけを考えると
「花の下にて春死なむ」なんかもこれに近いかもしれない。が、
それはさておき、舌を巻くのはやはり会話と行動の穴である。
この話で一番好感を持てるのは、殺し方がとても原始的である、
という点である。一番怪しまれずに、頑張れば事故死を装える。
それと同時に人間の行動も至って「普通に」行われているように
見せかけながら、実は漏れがある、例えば目が悪い新山は、
風呂に入るとき眼鏡を枕元には置かない、とか、ふと「普通の」人間が
見落としてしまいがちな事を、正しく描いているので、
よりスリリングな推理合戦を楽しむことが出来るのだ。
唯一つ残念だったのは、「もしかして中で倒れてるんじゃない?」
となった時、みんながいきなり窓を壊そうと言い始めたところ。
今までぐずぐずしていたのに、ひらりと翻り、おや?と思った。
それと、殺人の動機も、ちょっとイマイチだったようにも。
しかし、優佳のような人間がいたら、殺人をしようなんて、
私だったら思えませんけどねぇ、とか。笑 だって怖すぎますよ。
まぁ、楽しかったです、総合的に。上に裁かれず優佳に裁かれる
ラストも個人的に好きでした。むしろ彼女は神なのか、とか。推理のね。

★★★★☆*88

| | コメント (2) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

***このブログのあれこれ | *ライブ(セットリスト一覧) | *映画・DVD (85) | *漫画 (18) | *読了本(678) | *雑談 | *雑談(エッセイ的なもの) | ■作家別一覧('12.12.01) | ■個人的お薦め本 | □掲示板 | あ あさのあつこ (15) | い 伊坂幸太郎 (20) | い 伊藤たかみ(6) | い 石持浅海 (6) | い 石田衣良 (6) | う 歌野晶午 (5) | お 乙一 (15) | お 大崎善生 (3) | お 奥田英朗 (7) | お 恩田陸 (6) | お 荻原浩 (10) | か 上遠野浩平 (7) | か 川上弘美 (8) | か 桂望実 (4) | か 海堂尊 (6) | か 角田光代 (38) | か 金城一紀 (5) | き 北村薫 (5) | き 桐野夏生 (8) | さ 佐藤多佳子 (7) | さ 桜庭一樹 (6) | し 島本理生 (5) | し 時雨沢恵一 (8) | し 重松清 (8) | せ 瀬尾まいこ (8) | た 太宰治 (5) | た 谷川俊太郎 (7) | つ 津村記久子 (4) | と 豊島ミホ (10) | な 夏目漱石 (11) | に 西澤保彦 (6) | ひ 姫野カオルコ (4) | ひ 東野圭吾 (22) | ほ 本多孝好 (8) | み 三崎亜記 (3) | み 三浦しをん (5) | み 宮部みゆき (17) | む 村上春樹 (17) | む 村上龍 (4) | も 本谷有希子 (4) | も 森博嗣 (24) | も 森絵都 (7) | や 山本幸久 (2) | や 山本文緒 (13) | よ 吉田修一 (23) | よ 横山秀夫 (10) | 他 その他:ノンフィクション・ビジネス書等 (15) | 他 その他:女性作家 (64) | 他 その他:男性作家 (96) | 他 アンソロジー (7) | 海外 その他 (5) | 海外 ミステリー (5) | 記事収納庫