2013年1月 5日 (土)

「0能者ミナト〈5〉」 葉山透

20130106_1
よっ!待ってました葉山さん。新刊出てると気づいてなくて、
本屋で見かけて手に取ったときは叫びそうになりました。ああ、
こんなにも「待ってました」と思わせてくれる、ただそれだけで
幸せです。ありがとごうございます。6巻も引き続き待ってます。

完璧な降霊術で人を集める『彼岸の会』。天性の法力を持つユウキは
直感し、降霊術がまやかしだと糾弾する。だが、主催者の士道骸に
手玉に取られてしまうのだった。この男、総本山から野に下った
切れ者で、まったく隙がない。かくして、業界ではいかさま師と
揶揄される湊の出番である。0能者対詐欺師の稀に見る攻防は、
騙し合いの熾烈な駆け引きへと発展していく。霊を降ろしている
様子はないのに、霊と完璧に対話してみせる。その矛盾を湊は
どう解体してみせるのか。(amazonより)

そもそも周りに本を読んでいる友人がいないので、さらに電撃文庫
ともなると(今はメディアワークス文庫)さらに読んでいる人の
幅が狭まって、いまだかつてこの「0能者ミナト」の面白さについて
語れた人はおりません。しくしく。声を大にして言いますが、皆さん
とても面白いので、是非読んでくださいませ。5巻目でも衰えない、
6巻目も期待してます感は、いまだかつてないような気がします。
「キノの旅」も結局途中で飽きてしまったし、「ブギーポップ」も
同様。さて、話は本の感想に戻しますが、今回は湊の出番が少なく、
個人的にとても物足りなさを感じました。ユウキたち二人の成長と
とるべきなのかもしれませんが、湊不在の推理劇は何とも後味が
悪く、湊がいたらもっとスマートに終われたのに!毒舌が恋しい。
と思ったのでした。しかし、毒舌が恋しいと思わせるのがそもそも
葉山さんの狙いだったのではないか、と思うとまんまとひっかかった
気分にもなります。続いての『彼岸の会』の話では、すぐに解決
出来そうなのに、出来ないもどかしさと、最終的に「湊が存在する
だけで妖怪が自ら滅する」という無能なのに、最強という圧倒的
存在感を見せ付けられ、ああ、オレサマ、湊様と思いました(笑)
ところで、あとがきを読むと分かりますが、葉山さんはいつも
電撃文庫では珍しく、真面目でまともな事を書かれているのですが、
そんな人の中から、この底意地が悪く毒舌キャラ湊が生まれ動いて
いるのかと思うと、ますます面白くなるのでした。あと、そうそう、
この本置いてない本屋さん多いですけどね、店員さんに言っておきます。
絶対売れますから、置いてください。そのうちアニメ化するんじゃない。

★★★★☆*88

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅲ」 松岡圭祐

20121216_1
松岡さん恐るべし。これなら十二巻連続で読んでも飽きないかも
知れない。森さんとは大違い(なんて失礼な)。四巻目も続けて
読みたいところですが、「0能者ミナト5」と吉田さんの新刊が
控えているので、しばらく松岡さんはお休みします。

人気ファッションショップで、ある日突然、売り上げが落ちてしまう。
いつも英語は赤点の女子高生が、東大入試レベルのヒアリング問題で
満点を取る。この奇妙な事象をともに陰で操っていたのは、かつて
ミリオンセラーを連発した有名音楽プロデューサー・西園寺響だった。
借金地獄に堕ちた彼は、音を利用した前代未聞の詐欺を繰り返していた。
凛田莉子は鑑定眼と機知の限りを尽くして西園寺に挑む。
書き下ろし「Qシリーズ」第3弾。(amazonより)

ところで、面白いからいつ読んでもいい作家。その存在はとても素晴
らしいです。本好きの何か読みたいけどこれと言って読みたいものはなく、
かと言ってつまらないのは読みたくない。そんな贅沢を叶えてくれる
素敵な存在なのです。今回はⅠとⅡが面白かったので、続けて読みましたが
今後は、他の作家の合間の箸休めに読ませていただきます。内容はと
言うと、またしても現実にありえそうな事件。売れなくなった音楽
プロデューサー西園寺響(私は小室哲也的なイメージで読んでいました)
が借金まみれを苦として、ファンを利用し無差別詐欺事件を起こす物語。
その手口はとても巧妙で、信仰心厚いファンを巧みに利用し、自分は
絶対に罪を着せられないというもの。昔の輝かしい栄光から没落した
人間が見せる、悪あがきの醜態が見事に描かれていました。松岡さんの
いいところは、西園寺響を本当の悪者にしないところ。彼は確かに
ひどいことをしたかもしれない。でも、彼は確かにかつて万人を熱狂
させた。ただ、時代が過ぎた、それだけなのだと。推理劇が見事なのは
勿論だが、一冊読み終わると、昭和が平成になり、新しかったものが
古くなる、時代が終わるという当たり前だが、壮大で大切なことを感じ
させてくれる本でした。いつかの栄光はそれぞれの心の中に。

★★★★☆*89

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月30日 (金)

「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅱ」 松岡圭祐

20121201_6

ⅠとⅡは続巻になっています。読み始める際は、2冊買ってから読み始め
ることをオススメします。するすると読み進んで、はらりと解決する、
ミステリの醍醐味を体現したような本でした。面白いか?それはさておき。

東京23区を侵食していく不気味な“力士シール”。誰が、何のために
貼ったのか?謎を追う若き週刊誌記者・小笠原は、猫のように鋭く
魅惑的な瞳を持つ美女と出会う。凛田莉子、23歳―一瞬時に万物の
真価・真贋・真相を見破る「万能鑑定士」だ。信じられないほどの
天然キャラで劣等生だった莉子は、いつどこで広範な専門知識と観察眼を
身につけたのか。稀代の頭脳派ヒロインが日本を変える!
書き下ろしシリーズ第1弾。(Amazonより)

Ⅰ巻の方では書評のようなべた褒めをしているので、こちらではいつも
通り毒舌でいきましょう。この本Ⅱで1話が完結。主人公と凛子の出会い
の話しであります。主人公は角川書店の雑誌「月刊角川」の編集者。
わたしも同じく編集者として、遠い目をして読んでしまいました。という
のも、編集者はこのような甘い仕事ではないからです。ミステリにうつつ
を抜かしているようでは、雑誌は出来上がりません。っていうか主人公
いつ記事書いてるんですか?という非現実さを、編集者としては感じたり
しました。ある意味、とても小説っぽい、しかし絵に書いたような編集者
です。でも現実は違うのですけどね……。ミステリの内容としては、
力士シールの犯人探し、と思いきや偽造一万円札製造の犯人探し。おまけに
日本没落の危機。こんなにも色々詰め込んでいるのに、パンクしないのは、
知識量がハンパじゃないからだと思います。どれもうそ臭くなく、真実味を
帯びている。編集者は実際もっと激しい職業であるにも関わらず、皆が
なっとくする「イメージ」を的確に描いているように、そのほかの出来事も
全て、的確に描いているキレの良さを感じました。一万円札が偽造されて
見分けがつかなくなってしまったら、実際のところどうなるんでしょうね?
日本のお札はホログラムとか優れているけど、もっと貧しい国ではただの
紙切れ同然のものが紙幣とされているけど、暴動は起こらない。実際どう
なるのか?意外に大丈夫なのか?そんな事分かりっこないし、本当に起き
たらこんなことにはならないような気がするのだが「なんかそうなりそう」
という真実味のある「イメージ」がさらりと頭に浮かび、納得してしまう
のでした。個人的には、力士シールがもうちょっと面白い展開を見せれば
良かったのに、なんて思ったのですが、(うちの近所にもたくさん貼って
あるので気になっていた)あっけなく終わり、でもまあ現実も「こんなも
んなんじゃないかな」なんて納得してしまい、これまた上手くまるめられた
ものだ、と思いました。ちなみに実際の力士シールの犯人は見つかってい
ないらしいですね。いいとこついてくるね。ミステリでも有意義な時間を。

★★★★★*96

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅰ」 松岡圭祐

20121201_5

ミステリの内容はともかく、文章が上手すぎる。文脈が上手すぎる。
わたしがライターとして働いることにより得られた、「文章の新境地」を
いとも簡単に体現する巧の技を感じた本だった。松岡さんは、小説を書く
ために生まれてきたような人ですね。そう羨ましく思いました。

東京23区を侵食していく不気味な“力士シール”。誰が、何のために
貼ったのか?謎を追う若き週刊誌記者・小笠原は、猫のように鋭く
魅惑的な瞳を持つ美女と出会う。凛田莉子、23歳―一瞬時に万物の
真価・真贋・真相を見破る「万能鑑定士」だ。信じられないほどの
天然キャラで劣等生だった莉子は、いつどこで広範な専門知識と観察眼を
身につけたのか。稀代の頭脳派ヒロインが日本を変える!
書き下ろしシリーズ第1弾。(Amazonより)

初めに申しておくと、相当昔にわたしは「千里眼シリーズ」の1巻を
途中で挫折しています。そのため読書履歴には残っておらず、松岡さんの
文章を一体いつ初めて読んだのか皆目分かりません。とりあえず「千里眼」
を楽しめなかった人でも面白いと思った本、ということで書いておきます。
文章を生産(むしろ強制的に量産)する仕事に就いて思ったことですが、
今までわたしが書いてきた趣味の文章は、とても幼稚でありました。
そして、趣味で読む文章の読解力や構成力も、とても幼稚でありました。
そのことを最近読む小説の中でひしひしと感じます。いま、ようやく
文章職の片鱗を触れたのかもしれない、と。この「鑑定士Q」シリーズでは
その実感をいっそう得ることができました。なんといってもこの文章の
上手さ。いままでストーリーの面白さうんぬんで「千里眼」シリーズに
挫折していたのだとすれば、申し訳なさでいっぱいになる、この筆力。
これはもう小説家になるべくして生まれた人の文章だなあと、深く思ったの
でした。もちろん、初期作品がこんなに上手いはずがありませんから、
自分の好きな職業を突き詰めた暁の、頂、を見ているように思うのでした。
内容は、シリーズの始まりに相応しいキャッチーな推理劇。2巻構成ながら
飽きさせない知識力と、舌を巻く物語の吸引力、見事です。一番凄いのは、
このシリーズを予め12巻で終わらせる、と(おそらく)決めてから
書き始めていることです。構成力にも脱帽。これぞミステリー作家、なんで
しょうね。わたしもようやくミステリーの醍醐味に触れることが出来た
気がします。毎日の平坦を飽きさせない物語。何より勝る人生の糧です。
絶賛しすぎました。まるで書評みたいになりましたが、面白い事は確かです。

★★★★★*96

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

「9S ナインエス <1>」 葉山透

20121201_1

読書感想文再開します!宣言。長らく書いたり書かなかったりを繰り返して
おりましたが、また再開することをここに誓います。今までよりも
感想が短かったりするかもしれませんが、本を読み感想を記すということを
わたしはやめられないのだ、やりたくて仕方がないと気づいたのです。

かつて「狂気の天才」と呼ばれた一人の科学者がいた。彼が残した
驚異の発明は「遺産」と呼ばれ、それを求める国家や組織は、
今でも後を絶たない―。そして現在。海上に浮かぶ循環環境施設
スフィアラボが、施設内の「遺産」を狙った武装集団により占拠される。
制圧には困難が予想される中、切り札として召集されたのは拘束具に
身を戒められた奇妙な少女だった!「遺産」を熟知する天才的な頭脳に、
誰もが心奪われる美貌。その正体とは一体…。ついに解き放たれた謎の
少女と兇暴なテロリストの壮絶な闘いが今、始まる!
電撃が贈る鮮烈なハードアクション。(Amazonより)

「0能者ミナト」が近年稀に見ぬ面白さだったので、初期作も期待して
読んだのですがわたしにはイマイチでした。アマゾンではかなり高評価
のようなので、単に好みの問題かもしれません。ちなみにこの本は絶版
しておるらしく、手に入れるのがかなり大変でした。本屋を11軒ほど
まわり……苦労して手に入れた割には、それほどでもなく、少し残念
でしたが、むしろ11軒まわってまでも本を手に入れたいという、
本好きならではの好奇心というか、感情の高ぶりを、思い出させてくれた
本でした。ちなみに、秋葉原の書泉に売っていました。あそこの
ライトノベル品揃えは神です。ところで、内容はというと、IT駆使系。
脳内の思考回路をプログラミングしたり、それによってテロを起こす
ような物語。このシリーズは続巻がかなり出ているので、登場人物の
出会いの馴れ初めがメインとなっています。「0能者ミナト」のときも
思ったのですが、葉山さんは、馴れ初め話がクドイです。いい意味でも
悪い意味でも。馴れ初めがしっかりしているから、続巻の2巻以降に
面白みが出ていいのだと思いますが、1巻からがっつり馴れ初め……
というのは、シリーズものの掴みとしては、どうなのか?と思わなくもなく
(というか1巻しか出さないつもりだったら仕方がないのだが)
1巻は楽しく面白く過ぎ、2巻以降に実は彼らの出会いはね……と
続けた方が、ウケがいいような気がしてならないのでした。これも単に
好みの問題かも知れません。文章はとても読みやすく、ファンタジーを
書くために生まれた作家だと痛感します。面白み溢れるよい文体です。

★★★☆☆*83

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

「天切り松闇がたり 闇の花道」 浅田次郎

20121026


時間がないので、面白い小説だけ教えてください、と最近心から
思います。しかしながら、面白い本ばかりを読んでいると、
詰まらない本をひいひい言いながら読んでいたころがとても懐かし
く思えてきて、それこそが小説の面白さを生み出している気がする。

夜更けの留置場に現れた、その不思議な老人は六尺四方にしか
聞こえないという夜盗の声音「闇がたり」で、遙かな昔を物語り
始めた―。時は大正ロマン華やかなりし頃、帝都に名を馳せた義賊
「目細の安吉」一家。盗られて困らぬ天下のお宝だけを狙い、
貧しい人々には救いの手をさしのべる。義理と人情に命を賭けた、
粋でいなせな怪盗たちの胸のすく大活躍を描く傑作悪漢小説
シリーズ第一弾。 (Amazonより)

時間がないので面白い小説が読みたい、と友人にリクエストした
ところ、この本を紹介された。今更浅田次郎かい、と思いつつ読了。
なるほど浅田次郎である。物語は明治から大正にかけて、
文明開化の広がる日本が舞台だ。登場人物は、すべて悪人。
金持ちから金をまきあげ、貧乏人に金をめぐらせる。世の必要悪と
呼ばれる人たちの物語だ。この本から感じるのは、ありそうで、
なかった人情。……いや、あるんだけど、とてもよい部分だけを
選りすぐった人情、ともいえるか。そもそも時代物の小説など
ごまんとあり、似たような話をどこかで読んだような気もするのだが、
その粋な感じがとても光る物語だった。かといって記憶に鮮烈に
残るほど斬新か、と聞かれれば、そうでもないのだが。いつしか、
独房で松蔵の声に耳を傾ける囚人達のわくわくした気持ちが分かる
のは、話に見せられている証拠だろう。ところで、一巻の解説でも
書いてあるのだが、昔話を始める松蔵は、その物語の主人公でもある。
俺の昔話を聞かせてやるぜ、とばかりに話し始める松蔵の態度が、
最初とても気に食わない。笑 なんだってそんなに偉そうに話され
なくてはならないんだ、と思うのだけれど、こちらもいつしか
で、先はどうなったんだい?とわくわくした気持ちになっているのは、
松蔵の思う壺である。自分をひけらかすのではなく、自分という
定点カメラから伝える兄兄妹の様子は、話の中でも映える偉人達
なのである。定番物としては外れないが、これぞ、とならないのは
なぜだろう……と思うシリーズ第一弾。タイトルのせいかしら。

★★★★★*90

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

「零能者ミナト 1」 葉山透

20120911_3

珍しくライトノベルにはまった。こんなに連続で読みふけったのは、
いつ以来だろう。わたしはファンタジーが苦手である。特に物語の
背景描写が少ない本は、いまいちその世界観に入ることができなくて
面白さの全容をつかめていないもやもや感が漂うからである。

科学が隆盛を極める現代。だが、その片隅にひっそりと息づく異形の
ものたちがいた。存在を知る一部の者たちは、それを「怪異」と呼んだ。
当然、怪異を相手にする生業もある。修験者、法力僧、呼ばれ方は
様々だが、その中でひと際変わった青年がいた。九条湊―どこか
斜に構えたクセのある青年だが、彼が同業者から疎まれているのは
そこではない。霊力、法力、神通力、彼はそんな力を一切持っていない。
それにもかかわらず怪異を倒すという。その手腕は驚くべきものだった。
(amazonより)

上野駅構内のブックエクスプレスの本の陳列は、神がかり的に良いのを
知っていたので、平積みされていた作者の名前も良くわからないこの本
を読んでみた。なるほどとても面白い。坊主と巫女、それだけだったら
何も面白さを感じなかっただろうが、引き込まれた一番の要因は、
主人公がまったくファンタジックな考えを持ち合わせていない人間設定。
エロスティック且つグロテスク、且つオカルト。おおおまさにオタクの
王道ではありませんか、と感じつつも、どこか新しさを覚えてしまう
のは主人公の粗暴さと知識からかもしれない。何よりもヒロインの馬鹿に
されようがすごい。これはヒロインと呼べるのか。むしろ主人公が
ヒロイン的な魅力さえも奪っているのではないか。等々。最初に読み
始めたときに、ライトノベルにしては破格の挿絵の少なさで、その上
ブックカバーをかけて読んでいたので、主人公の人物像が、表紙の絵と
一致しなかった。よれよれの黒Tシャツにジーパン…という紹介の割り
には、イラストはてもスタイリッシュである。しかし、読み進めていく
うちに、読み手であるわたしも、書き手である葉山さんも、どこか
イラストのミナトの風貌に近づきつつある描写にとても共鳴し、元々
葉山さんの描きたかったと思われる粗暴なミナトと、イケメンなミナト
があいまって、絶妙な魅力を生み出していた。ライトノベルの良さは、
原作者とイラストレーターの共著として本が発売されることである。
キノの旅、なんかは犬塚さんの絵が映えた大きな一例だと思うが、
この本もまたそういった意味で「アタリ」な組み合わせだったのでは
ないかと感じた。ところで、四巻まで一気に読みつくし、葉山さんの
ほかの本を探したのだが、すこし前にヒットしたと思われる
「ナインエス」がどこの書店でも見当たらず、途方にくれた。その
店舗数たるや、十一店舗歩いて回った。ネットで購入した方がよかった
かもしれないと、思った矢先、秋葉原の書泉で発見した。いやはや、
絶版って悲しいものだわ。とつくづく思いました。映像化するには、
ちょっとマニアックで、グロすぎるのかしら、と思いつつ、普及して
ほしいなと思うライトノベルでした。現在ナインエス読み途中です。

★★★★☆*89

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

*他 その他:男性作家

11.05.28 「女に」 谷川俊太郎
11.04.01 「これが私の優しさです」 谷川俊太郎
11.03.20 「桐島、部活やめるってよ」 朝井リョウ
11.03.19 「はだか」 谷川俊太郎
11.03.15 「ヒートアイランド」 垣根涼介
11.03.05 「夜のミッキー・マウス」 谷川俊太郎
11.03.04 「DZ」 小笠原慧
11.03.03 「荒地の恋」 ねじめ正一
11.02.28 「借金取りの王子」 垣根涼介
11.02.27 「定義」 谷川俊太郎
11.01.11 「13階段」 高野和明

10.12.04 「永遠のとなり」 白石一文
10.09.26 「黒革の手帖 上」 松本清張
10.08.28 「パワー系181」 墨谷渉
10.08.15 「僕のなかの壊れていない部分」 白石一文
10.08.14 「船に乗れ! 1」 藤谷治
10.08.09 「幽霊人命救助隊」 高野和明
10.06.18 「姑獲鳥の夏」 京極夏彦
10.06.17 「りすん」 諏訪哲史
10.06.15 「天地明察」 冲方丁
10.05.01 「藪の中」 芥川龍之介
10.04.26 「板尾日記」 板尾創路
10.04.22 「gift」 古川日出男
10.04.17 「シンデレラ・ティース」 坂木司
10.04.01 「深泥丘奇談」 綾辻行人
10.02.28 「夫婦茶碗」 町田康
10.02.11 「カラスの親指」 道尾秀介
10.02.07 「雪が降る」 藤原伊織
10.01.13 「万華鏡」 遠藤周作

09.12.27 「占星術殺人事件」 島田荘司
09.12.22 「何もかも憂鬱な夜に」 中村文則
09.10.14 「茗荷谷の猫」 木内昇
09.09.10 「犬神博士」 夢野久作
09.08.14 「禁断のパンダ」 拓未司
09.08.07 「未来のおもいで」 梶尾真治
09.07.31 「氷菓」 米澤穂信
09.04.24 「瓶詰の地獄」 夢野久作
09.02.14 「ストロベリーナイト」 誉田哲也
09.01.25 「月光ゲーム」 有栖川有栖
08.12.16 「林檎の木の道」 樋口有介
08.11.06 「疾風ガール」 誉田哲也
08.10.19 「雪虫」 堂場舜一
08.10.05 「99%の誘拐」 岡嶋二人
08.09.15 「転々」 藤田宜永
08.07.01 「マリオネット園《あかずの扉》研究会首吊塔へ」 霧舎巧
08.06.24 「花の下にて春死なむ」 北森鴻
08.05.24 「追憶のかけら」 貫井徳郎
08.05.12 「たそがれ清兵衛」 藤沢周平
08.04.26 「鬼平犯科帳1」 池波正太郎
08.04.15 「慟哭」 貫井徳郎
08.04.14 「イニシエーション・ラブ」 乾くるみ
08.03.15 「NHKにようこそ!」 滝本竜彦
08.03.03 「太陽の塔」 森見登美彦
08.02.28 「ラヴレター」 岩井俊二
08.02.21 「夜消える」 藤沢周平
08.02.20 「蛍川」 宮本輝
08.02.09 「古畑任三郎 1」 三谷幸喜
08.02.03 「クワイエットルームにようこそ」 松尾スズキ
08.01.22 「犯人に告ぐ 下」 雫井脩介
08.01.14 「鴨川ホルモー」 万城目学
08.01.12 「Little DJ」 鬼塚忠

07.12.06 「時をかける少女」 筒井康隆
07.11.25 「猛スピードで母は」 長嶋有
07.11.19 「冷静と情熱の間」 辻仁成
07.10.17 「犯人に告ぐ 上」 雫井脩介
07.10.05 「新釈 走れメロス」 森見登美彦
07.08.29 「ドグラ・マグラ 下」 夢野久作
07.08.03 「夜の果てまで」 盛田隆二
07.07.31 「ドグラ・マグラ 上」 夢野久作
07.06.29 「クローズド・ノート」 雫井脩介
07.06.28 「涼宮ハルヒの憂鬱」 谷川流
07.06.20 「春期限定いちごタルト事件」 米澤穂信
07.06.05 「スタア」 清水義範
07.06.01 「推理小説」 秦建日子
07.05.27 「ゴーストバスターズ―冒険小説」 高橋源一郎
07.05.26 「夜は短し歩けよ乙女」 森見登美彦
07.05.22 「ジョン・レノンを信じるな」 片山恭一
07.05.20 「さようなら、ギャングたち」 高橋源一郎
07.05.10 「憑神」 浅田次郎
07.04.27 「制服捜査」 佐々木譲
07.03.18 「あかね空」 山本一力
07.03.17 「フリクリ1」 榎戸洋司
07.02.27 「さびしさの授業」 伏見憲明
07.02.16 「そのときは彼によろしく」 市川拓司
06.11.27 「隠し剣秋風抄」 藤沢周平
06.11.07 「いちご同盟」 三田誠広
06.10.20 「地下鉄(メトロ)に乗って」 浅田次郎
06.10.15 「ジュリエットの悲鳴」 有栖川有栖
06.08.22 「陰日向に咲く」 劇団ひとり
06.07.05 「東京タワー」 リリー・フランキー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

***このブログのあれこれ | *ライブ(セットリスト一覧) | *映画・DVD (85) | *漫画 (18) | *読了本(678) | *雑談 | *雑談(エッセイ的なもの) | ■作家別一覧('12.12.01) | ■個人的お薦め本 | □掲示板 | あ あさのあつこ (15) | い 伊坂幸太郎 (20) | い 伊藤たかみ(6) | い 石持浅海 (6) | い 石田衣良 (6) | う 歌野晶午 (5) | お 乙一 (15) | お 大崎善生 (3) | お 奥田英朗 (7) | お 恩田陸 (6) | お 荻原浩 (10) | か 上遠野浩平 (7) | か 川上弘美 (8) | か 桂望実 (4) | か 海堂尊 (6) | か 角田光代 (38) | か 金城一紀 (5) | き 北村薫 (5) | き 桐野夏生 (8) | さ 佐藤多佳子 (7) | さ 桜庭一樹 (6) | し 島本理生 (5) | し 時雨沢恵一 (8) | し 重松清 (8) | せ 瀬尾まいこ (8) | た 太宰治 (5) | た 谷川俊太郎 (7) | つ 津村記久子 (4) | と 豊島ミホ (10) | な 夏目漱石 (11) | に 西澤保彦 (6) | ひ 姫野カオルコ (4) | ひ 東野圭吾 (22) | ほ 本多孝好 (8) | み 三崎亜記 (3) | み 三浦しをん (5) | み 宮部みゆき (17) | む 村上春樹 (17) | む 村上龍 (4) | も 本谷有希子 (4) | も 森博嗣 (24) | も 森絵都 (7) | や 山本幸久 (2) | や 山本文緒 (13) | よ 吉田修一 (23) | よ 横山秀夫 (10) | 他 その他:ノンフィクション・ビジネス書等 (15) | 他 その他:女性作家 (64) | 他 その他:男性作家 (96) | 他 アンソロジー (7) | 海外 その他 (5) | 海外 ミステリー (5) | 記事収納庫