2010年8月 8日 (日)

「ブギーポップ・スタッカート ジンクスショップへようこそ」 上遠野浩平

ジンクス・ショップへようこそ―ブギーポップ・スタッカート (電撃文庫) ジンクス・ショップへようこそ―ブギーポップ・スタッカート (電撃文庫)

著者:上遠野 浩平
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する


上遠野さんお久しぶり。つい最近読んだ気がしていたのに、
見直してみたら1年ぶりくらいだった。一応シリーズは中学生の時に
全部読んだはずなので、これも再読。この本は『ペパーミントの魔術師』
と並んで好きなだったのだけれど、やっぱり好きだなぁと思った。

不二子はある日不思議な男に出合った。街中を歩いていた少女が
事故に巻き込まれそうになるのを察知し、男がそれを阻止したように
見えたのだ。世界は暗なる力の流れにより、動かされている。
男はそれを感じることで、少女を救ったと言った。不二子は
男―柊の能力を生かし「ジンクス・ショップ」なるものを作ることにした。
柊がジンクスを書きつけたカードを、少女たちに販売する。
ジンクスは実行されると文字が消え終了するシステムだった。
ジンクス・カードの噂はだんだん広まり繁盛し始めたが、
同時に少女たちが何者かに狙われる事件が起こり始める。

もしもジンクスカードがあったら面白いのになぁ、と読んでいて
素直に思った。人間はこれから先何が起こるか分からない、という
未来に不安を抱えて生きているから、心のどこかで何か少しでも
揺るがないものはないか、と探してしまう弱さがある。
あるはずないのだけど、あったら嬉しいもの。あったら「ブーム」に
なって、人々に蔓延しそうな甘い蜜のようなもの。上遠野さんは
それを描くのがとても上手い。そしてその甘い蜜は、ちょっとした
出来心で手を出せてしまう手軽さを兼ね備えているから、
人びとは夢中になって欲しがってしまう。けれどそれは正しい行為
ではない。まっとうな(という取り決めもまぁ微妙なところ
と言えば微妙なところだが)人間はそのような甘い話にのったりせずに
未来を見据えなければならない。頑張っている人を差し置き、
ずるをするような行為には必ずしっぺ返しがあり、時には死の危険
にすら脅かされるだろう。ちょっとした出来心により人生の
転落をも生み出す、その明暗がとてもはっきりしていて、
読んでいるこちらはハッとさせられるのだった。ファンタジーな戦闘シーン
といい按配に絡み合って、ライトノベルなアニメーションを思い
描きながらも、どこか人生を諭されるような深みを感じることができる。
ライトノベルと言って馬鹿にせず是非とも読んでいただきたい一冊。
とりあえず「ブギーポップは笑わない」を読んだあと、シリーズを
読むのがお薦め。シリーズ自体ストーリーはそれほど繋がってないので、
最初の方の巻を攻めたあとは、どこを読んでも大丈夫だと思われる。

★★★★☆*86

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

「ブギーポップ・リターンズVSイマジネーター Part1」 上遠野浩平

ブギーポップ・リターンズVSイマジネーター (Part 1) (電撃文庫 (0274)) ブギーポップ・リターンズVSイマジネーター (Part 1) (電撃文庫 (0274))

著者:上遠野 浩平,緒方 剛志
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ブギーポップシリーズは大体読んで再読なんだけど、この本もまた、
よかった。うっかり忘れていたのだが、この2巻は上下なのだった。
「Part2」も買っておけばよかったなぁ、とかもやもや。
そう言えば今日も図書館行かなきゃ。予約期限が切れてしまう。

塾講師・飛鳥井仁の元には、様々な相談者が訪れる。
飛鳥井は人の心の中にある「花」が見えるのだった。
この子には、花がない……努力をしたり、計画性はあるが、
ぱっと輝くような出来事にめぐり合えずに悩んでいる。
しかしそれはどうしようもないことなのだった。
飛鳥井は適当なアドバイスをし、そうした適当なアドバイスをする
自分について悩んでいた。そんな時彼はとある少女に出会った。
少女はなんと宙に浮いていたのである。
「あなたには出来ることがあるわ」彼女は囁く。初めは不審がっていた
飛鳥井だったが、彼女・イマジネーターの言葉に誘惑されてゆく。

表現がとても的確な本である。的確すぎて、ふとするとよさを
忘れがちである。そもそもライトノベルだから、と思ってしまいがち、
というのもあるのかもしれないが、この本はとてもいい表現なのだ。
第一に、悩みのタイプについて。ここには「花」が出てくる。
花がなかったり、葉がなかったり、茎がなかったりする子どもたち。
飛鳥井はそれを見ることが出来るのだが、本人にそれを告げることは
できない。言ったところで何も変わらないのだから、
適当な言葉をアドバイスするだけのことだ。そこに生まれる空虚な
思いが、とてもいい。もう少し大げさに書いてもいいほどだ。
ブギーポップをおびき寄せるために行われる数々の実験と、
そのために心を痛める、人造人間の少女。ここにもある空虚が、
この本の魅力なんだろうな、とまた思う。この本は「Part2」に
繋がっているので、とてももどかしいところで終わっている。
あぁ「Part2」買って置けばよかった。ので、みなさん、
買ってから読み始めたほうがいいです(笑)この本は、
ライトノベルだから、とってもかるーく読めます。だけど、
そこに描かれているのは、精巧にレプリカされた人間の心なんだよね。
かるく、でも何か芯のあるものを味わいたい時に。

★★★★☆*85

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

「ブギーポップ・イン・ザ・ミラー パンドラ」 上遠野浩平

ブギーポップ・イン・ザ・ミラー「パンドラ」 (電撃文庫 (0306)) ブギーポップ・イン・ザ・ミラー「パンドラ」 (電撃文庫 (0306))

著者:上遠野 浩平,緒方 剛志
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する


上遠野さんて昔エッセイだか何だかを読んで、自意識過剰な人だなぁ、
とか思った記憶があり、けれども、やっぱり凄いんですよ。
読めば分かるんですけどね、これ発売1998年だからさ。
全てのアニメの根源はここから、と言っても過言ではない気がしてくる。

未来を予知することの出来る香純は、ひょんなことから
同じような能力を持つ5人の少年少女たちと出合った。
みなそれぞれ、未来の言葉が聞こえたり、人の顔を見れたり、
匂いを嗅ぐことが出来る。6人は集まり、一つの未来を知ろうと、
力を合わせた。そうしたら、何かが出来るんじゃないか、と。
そしてそこは、行き場のない力を隠す必要のなく過ごせる場所でもあった。
ある日6人が予知を始めると、一人の少女の姿が浮かび上がった。
6人が未来会うだろう少女だ。そしてもう一人は街の死神、ブギーポップ。
危険な匂いを察知しながらも、これらは自分たちの使命であると信じ、
彼らは闇に立ち向かってゆく。

再読。久しぶりに読んだけど、やっぱり面白かった。ライトノベルの、
ライトノベルたる感じが出ていて、「これぞライトノベル」って感じだ。
今では「ライトノベル」という言葉が確立されているけど、
当時はそんな言葉なかったよね。ただの「ファンタジー」とか、暗喩で
「電撃」と言われていただけだった。今はたくさん出てる
ライトノベルだけど、ブギーポップを読むと、安心する。
今の軽すぎるライトノベルたちとは比較にならない感情を、
この一冊で感じることが出来るから。
ライトノベルの最大の武器は、非現実的な世界にあると思う。
人造人間や、モンスター、はたまた超ど級の飛び道具、云々。何でもあり。
だけど、忘れてはいけないのは、その主人公には感情があると言うことだ。
強いキャラクターが現れれば、その分死者は増え、そして
死んだキャラクターの分だけ悲しみは増える。そう、ライトノベルは、
現実よりも格段に悲しみをより増長し、読者に訴えることが出来る。
だけどただ死ぬだけのレプリカな感情ではダメなのだ。
最近はそういう本が多すぎる。ブギーポップの最大の利点は、
成りきれない進化にあると思う。主人公も敵も味方も不安定なところ。
敵がちょっと頑張れば主人公は死んでしまうだろうし、
主人公がボロボロになって頑張らなければ、敵を倒すことは出来ない。
それは生身の人間であっても、人造人間であっても、そう。
そしてそれらの敵は、みな人間の憎しみから生まれた闇の塊なのだ。
それを理解し、彼らは戦うのだ。ブギーポップシリーズは、
殆どの場合ブギーポップが主人公ではない。ブギーポップは
いわば制裁人という位置づけで、だから、悪と戦うのは、
あくまで主人公でなければならない。たとえ死んだとしても。
是非シリーズで読んでいただきたい。ハルヒとか、比べ物にならない。

★★★★☆*86

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月31日 (火)

「ブギーポップ・ミッシング ペパーミントの魔術師」 上遠野浩平

2006080806_2

ブギーポップ・ミッシング ペパーミントの魔術師

著者:上遠野 浩平
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する



ブギーポップなんだけど、ブギーポップじゃない。
ここまでくると、ブギーポップの括りにしておくのがもったいない。
電撃コミックにしておくのももったいないような、いい話。
でもまぁファンタジー感がいいのだと思いますが。
多分、本家「ブギーポップは笑わない」よりいけそう。

人造人間の失敗作・軌川十助は物心ついた時からアイスクリームを作っていた。
肌が緑色であるため、不自由な地下生活をしていていたが、
唯一そこを訪れる人物、軌川典助のために作るアイスを作る事が生きがいだった。
しかし典助が死に世に出て、悪の組織に目を付けられた十助は知らずのうちに
その秘められた、痛みに共鳴するアイスが世界にもたらす実験をさせられていた。
アイスを食べ、痛みの感情を失った人間はその味に虜になり、依存する。
十助は人を喜ばせ、美味しいと言ってもらう事が生きがいだが、
その力はあまりに強力で残酷だった・・・と言う話。

「自分の胸の奥にある痛みを少しでも忘れるため」
作り続ける十助のアイスは、実は自分の悲しみを消すためだった。
肌が緑色で、自分の存在価値もわからない人造人間が、夢中になって作ったアイス。
人を喜ばせていると思っていたそれが、
本当は自分の痛みを麻痺させるために行っていた行為であるなんて皮肉で虚しい。
初めて自分が大切だと気づき始めた人間を失い、気づいた事実。
人間は失ってからじゃないと判らない、とよく言いますが、
その極地がここに表現されている気がします。
自分の定めを知り、人の痛みを探る事を受け入れ、
大切な人に姿を隠しながらも生きてゆく、いい話です。
今回はブギーポップの出番が少なく、
これにブギーポップを出す必要があるのか?と少し怪しい感じ。
でも悪かどうかを見分ける、と言う機能ではブギーポップ登場で締められてる気も。
ちゃんと同情もしてくれますしね。
この本はシリーズを色々読み終わった最後がいいかも知れません。

★★★☆☆*83

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

「夜明けのブギーポップ」 上遠野浩平

2006080802 夜明けのブギーポップ

著者:緒方 剛志,上遠野 浩平
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ブギーポップこの紫色のイメージがとても好き。
いや、勝手に紫だと思っているだけですけれどもね。
それにしてもどういう順番で読んだらいいのかよく判らない。
もう読んじゃったけど取りあえず、これの前に「歪曲王」を読んだ方がいいみたい。
「笑わない」→「歪曲王」→「夜明け」でどうぞ。

ブギーポップの誕生と、霧間凪の生い立ちの話。
あとエコーズともちょっぴり出てくる。
何と言うか、「笑わない」とか「歪曲王」など他の作品の裏づけ的な過去の話。
「笑わない」で出てくる凪は最初からクールな感じに纏まっているのですが、
今回登場する14歳の彼女は溌剌としてして意外な感じ。
そして14歳でありながら26歳だと偽るありえなさ。
いや、絶対ばれるだろう。とツッコミを入れたくなりますが、まぁ小説なので。
話の内容としては、人間を超越した存在の人造人間が、
人間の恐怖の感情につけ込み、何とも残虐な方法で殺害される。
うーん、でも最近の世の中って変な事件が多いから、
コレだけ残酷な殺し方が書かれていても、
「もしかしたらこんな事起きるかもね」とか思ってしまう私が怖い。苦笑
まぁさすがに脳みそ啜ったり・・・なんて事件は起きないかな。
キャラクターの描き方が自然で(少しアニメ的ですが)、そんな登場人物たちが、
人の弱点を突いてあざ笑うことが快感であったりとか、
自分の生きるためになら他人を平気で見殺しに出来きたりとか、
そう言うのか凄くリアルに感じで凄いな上遠野さん、とか思ったりする。
だってこんなにファンタジーなのに。笑
そしてやっぱり胡散臭いブギーポップも、何だか憎めない。
今更あえて言うなら、正体が判らなくなるくらいは変身した方がいいと。
あと超ピンポイントないいとこ取りの感じも。笑
まぁここまできてると、もう何も言わずファンタジーだと纏める方がいいのかも知れない。
勿論、いい意味で。
どうぞ読む時は「笑わない」→「歪曲王」→「夜明け」で。
「ペパーミント」とかどこに位置するんだろう・・・?
読んだら順番に解析してみようと思います。

*78

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

「ブギーポップは笑わない」 上遠野浩平

ブギーポップは笑わない ブギーポップは笑わない

著者:緒方 剛志,上遠野 浩平
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する


久しぶりの電撃文庫、一気に読了!やっぱり面白いよ、上遠野さん。
私的に電撃文庫で一番お薦めと言っても過言ではない。
ライトノベルを超える面白さ。ただ面白いだけじゃないのよ、って事で。
これ中学校の図書館でよく読んだなぁ。
確かシリーズで何種類かあったはずなんだけど。
「ペパーミントなんとか」とか「パンドラ」とかも当時読んだ気がします。
彼是ん年前なのでほとんど覚えてませんけども。ははは

ある女の子が2重人格(?)のような現象で、世界の危機を察知すると
「ブギーポップ(不気味な泡)」と言う少年と入れ替わってしまう。
そして生々しくグロい敵・マンティコアとの対決。
・・・と概要だけ話すと何とも胡散臭いのですけども。
上遠野さんの特徴として、色々な登場人物を主体にして話を進める事。
それが、それが素敵なんです。
第1話での主体は竹田と言う藤花(ブギーポップ)の彼氏。
彼は彼女がブギーポップだと知るのみ。
その後3話での主体の早乙女は、事件の裏側の企みを。
そして最終話では「実はこんな事が起きてたんです!」
みたいな感じで全ての成り行きが判るの様になっているのです。
凄いですよ~1つのストーリーを5個のカメラで撮ってみました、的な。
色々な所で話が繋がっていて、読んでいくうちに、
「あぁこれはここに繋がってたのね!」と言う発見が楽しい。
特にラストのシーンで凪が藤花に握手を求めるところとかね。
そしてこれの面白さの工夫は、
藤花が自分がブギーポップだって気づいてないところかな。
そして不自然なまでに正体がばれない。
と言うかばれても皆言わない。笑
あと、藤花とブギーポップのギャップが大きくて新鮮な事。
ちょっと寂しいのは最後の対戦がハラハラする割りに
結構呆気なく終わってしまう気もしなくもない・・・。
次回に期待しろって事かしら。(都合いい
読ませるライトノベル、是非。

*80

| | コメント (4) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

***このブログのあれこれ | *ライブ(セットリスト一覧) | *映画・DVD (85) | *漫画 (18) | *読了本(678) | *雑談 | *雑談(エッセイ的なもの) | ■作家別一覧('12.12.01) | ■個人的お薦め本 | □掲示板 | あ あさのあつこ (15) | い 伊坂幸太郎 (20) | い 伊藤たかみ(6) | い 石持浅海 (6) | い 石田衣良 (6) | う 歌野晶午 (5) | お 乙一 (15) | お 大崎善生 (3) | お 奥田英朗 (7) | お 恩田陸 (6) | お 荻原浩 (10) | か 上遠野浩平 (7) | か 川上弘美 (8) | か 桂望実 (4) | か 海堂尊 (6) | か 角田光代 (38) | か 金城一紀 (5) | き 北村薫 (5) | き 桐野夏生 (8) | さ 佐藤多佳子 (7) | さ 桜庭一樹 (6) | し 島本理生 (5) | し 時雨沢恵一 (8) | し 重松清 (8) | せ 瀬尾まいこ (8) | た 太宰治 (5) | た 谷川俊太郎 (7) | つ 津村記久子 (4) | と 豊島ミホ (10) | な 夏目漱石 (11) | に 西澤保彦 (6) | ひ 姫野カオルコ (4) | ひ 東野圭吾 (22) | ほ 本多孝好 (8) | み 三崎亜記 (3) | み 三浦しをん (5) | み 宮部みゆき (17) | む 村上春樹 (17) | む 村上龍 (4) | も 本谷有希子 (4) | も 森博嗣 (24) | も 森絵都 (7) | や 山本幸久 (2) | や 山本文緒 (13) | よ 吉田修一 (23) | よ 横山秀夫 (10) | 他 その他:ノンフィクション・ビジネス書等 (15) | 他 その他:女性作家 (64) | 他 その他:男性作家 (96) | 他 アンソロジー (7) | 海外 その他 (5) | 海外 ミステリー (5) | 記事収納庫