2011年1月15日 (土)

「身代わり」 西澤保彦

身代わり 身代わり

著者:西澤 保彦
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する


西澤さんも久しぶり。3ヶ月くらいろくに読書ができなかったので、
久しぶりって思う作家ばかり。読み終わってから思い出したけど、
この本シリーズものだったんだなぁ、とか後の祭り。前の巻読んでると
面白いよ!、なフリが多々ありましたが、別に読んでなくてもまぁ大丈夫。

学校を休み引きこもり中だったソネヒロの快気を祝して、いつもの
メンバーで飲み会を開催した。ソネヒロもやはり回復した様子で、
祐輔の目には元気であるように見えた。一次会はお開きになり、
祐輔の自宅で二次会を開くことになったが、ソネヒロは用事があると
言いかけ帰路についた。二次会も滞りなく盛り上がり、二日酔いの次の日、
祐輔は衝撃的な事件を知る事になった。なんとソネヒロがジョギング中の
女性を襲った上に、女性が逃げた際体勢を崩し、自らに刃物を突き刺し
死亡したと言うのである。また、まったく別の場所で、自宅内で、
寝巻き姿の女子高生と、見回り中の警察官が絞め殺される事件が起きた。
祐輔は七瀬という顔見知りの女性刑事と共に、不可解な事件を解こうと
動き出すのだが……。

このもやもやっとした感じ、さすがだなぁ、と思う。明確な「謎」
というものがきっちりと存在し、それを突き止めようと向かってゆく
感じ。今回の一番のポイントは、女子高生と警察官の2人が殺された、
という事件。その事件で、2人殺されているのに、死亡推定時刻が、
4時間もずれているのである。犯人は4時間もの間何をしていたのか?
一度女子高生を殺したのちに、何か忘れ物を取りにでも帰ってきたのか?
それとも4時間もの間、そこに佇んでいたのか? 何のために?
分かりそうで分からない疑問が、とてもいい感じに物語を包んでいて、
面白さを増していた。あとはなんと言っても西澤さんはキャラクターの
個性が豊かであるところがいい。しょっぱなから6人もの大学生が
出てきて、わいわい話を始めるが、少し読み進めると、だんだんに
その人となりを立体的に映し出して、間違えることがなくなる。
某有栖川さんとは違うな、とか人の悪口をいうのはアレだけど。
少しくどいようなこの描写もたくさんの人が出てくる場面では、とても
いい効果があるのだなと実感した。一つ残念だったのは、「謎」の
回答が微妙だった点。イマイチ納得できないような。確かに「身代わり」
ではあるのだが、2人殺した理由が、「相手を説得するため」という、
なんとも「人情」的な展開になっていて、犯人がたまたまそう思った
からであって、イマイチ「謎」とはっきり言いきれるものでもなかった
ような……と思ったりした。あと、アジの南蛮漬けの謎も、頓挫。
本当、アジの南蛮漬けはどうしたの?笑 である。気になるわ。
ミステリは、やっぱり出尽くした感を否めないようなぁ、とか思う。
うーん、大変なカテゴリー。とかなんとか言いながら、すっ飛ばして
しまった前巻を読もうと思う。

★★★★☆*86

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月31日 (木)

「幻惑密室」 西澤保彦

幻惑密室―神麻嗣子の超能力事件簿 (講談社文庫) 幻惑密室―神麻嗣子の超能力事件簿 (講談社文庫)

著者:西澤 保彦
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


今年最後の本は、西澤さんでございました。間違いなく今年のミステリ
ナンバーワンヒットでした。楽しい時間をありがとうございます。
と、言いつつ、この本はそうでもなかったんですけれども。むむむ、
このくどさ、というか余計な描写の按配がなんともな、と。

健康器具開発会社<ゲンキ・クリエイト>を一代で築き上げたワンマン
経営者、稲毛孝の声掛けにより、新年会が予定されていた。
社長宅にお邪魔するということで緊張していた松岡治夫だったが、
実際に稲毛宅に着いてみると、そこにいたのはたった三人の社員だけだった。
美形なだけで能無しと有名な男性社員に、社長のお気に入りと言われている
秘書と受付の女性である。ここで本当に新年会が行われるのだろうか?
治夫はそわそわし始めた。と、言うのも、治夫は稲毛の妻と不倫関係に
あったからであった。これは新年会と見せかけたクビ宣告の場ではなかろうか。
そんな時、稲毛に食事の調達を命じられていた秘書の女性が、
玄関のドアが開かないといい始めた。そこにいた全員で玄関を調べに行ったが、
やはりドアが開かなかった。ドアノブをつかもうとすると、くるりと駒の
ように周ってしまい、ドアを開けられないのである。屋敷に閉じ込められた
人間が途方に暮れるころ、トイレに行って帰らない稲毛社長が殺されている
ことがわかった。この奇妙な密室で行われた犯行とは?!

くどい……。ちょっと残念である。このくどさが半分だったら、
面白かったと思うし、ページ数も半分であったように思う。なんて言うか、
ここまでくるとしつこいな、と思ってしまうのはわたしだけだろうか。
好きなんだけどなぁ、西澤さん。ミステリィ自体はと言うと、超能力を
メインにしたミステリィ。この超能力はキチンと確立されたものなのか?
ちょっとわかりませんが、一時間しか効力がない催眠術を利用した犯罪。
連続で使えるのは四回までで、一回使うごとに、一時間という効果時間が
どんどん減ってゆくというシステムが最初に説明され、この能力を一体
誰が使ったのか、という推理に続いてゆく。そこには、超能力を使った
記録が残るという、カードがあり、使用した時間も分かる。
しかしだいぶ空論推理、な呈である。なんと言っても、超能力というのは
目に見えないので、実証と言うのはその数値を計るカードしかないわけで、
なんとも頼りなげである。しかし、話が進んで行き、超能力効果工程表を
みたとき、なるほど、確かにこんな推理もありかも知れないと思った。
だた思ったとおり推理が進んでちょっと残念であったというのが一つ。
超能力と言う言葉にかまけないで、最後までミステリィして欲しかった。
最後にこの犯人を持ってくるのは、どういった効力があるのか、とか、
真面目に考えてしまった。西澤さん、結構社会派だから。でも女性進出の
社会について考える男性考の記述が多くて、印象狙いかとちょっと微妙。
あと動機というか、偽りの開催予定新年会設定がなんとも西澤さんらしくて、
だいぶ濃かった感もある。うーむやはり殺人に不倫はつきものなのか、
とか思いつつ、西澤さんピンク過ぎない方が丁度よくて好き、とか思った。
ここまで、自分の趣味を曝け出している作家も少ないよな、とか、
笑ってしまったりして、好きなんですけど、あんまり楽しくなかった。

★★☆☆☆*75

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

「解体諸因」 西澤保彦

解体諸因 (講談社文庫) 解体諸因 (講談社文庫)

著者:西澤 保彦
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


この本はぞっとするくらい解体死体しか出てこない。ちょっと心配する
ほどである。けれども、明確な推理の導きと、その理由を知った時、
この本の意味が分かるだろう。西澤さんはそれが書きたくて、仕方ない
ようであるし。読み終わると、解体と言うグロテスクさに違う見方ができる。

「解体迅速」
最初の犠牲者は、松浦康江という三十八歳の女性だった。
死体は死体でも普通の殺され方ではない。裸に剥かれた上に、首、
胴体、そして手足のパーツに解体されていたのである。
直接の殺害方法は絞殺。鈍器で後頭部を強打されて昏倒したところで、
首を絞められたらしい。切断された首には犯行に使われたとおぼしき
ストッキングが絡みついたままになっていた。縛られた両腕は家の柱を
抱えるような格好になっており、異様極まりない光景だった。
さらに一週間後、二十三歳のOLがこれまた同じような状況で、
危機を逃れた。腕を縛られた状態で警察に保護されたのである。
そしてそこには一人の男が死んでいた。犯人の狙いは一体……。

連続短編集である。繋がっていないように見せかけて、
最後にしっかり繋がっているので、どうぞ最後までしっかり読むことを
お勧めする。正直、途中の「解体照応」で挫折しかけたのだが、
耐えて読むべき価値はある。しかし、それにしてもくどいのである。
何も七人も……と言う感じで、あとがきにも書いてあるのだが、
小説にしたとしたら相当な分量になる大変な話である。
それをどうしても入れたかったようで、台本型に変更されたようだ。
うーん読み慣れない人間にしては、ちょっとつらい。
それに地の文がないことをいい事に、会話がいつもより遊んでいる。
ようするに面白くするための余計な文が多いのである。余計、
なんて失礼な話だが、大変骨が折れたのは事実。
しかし、この本の一番の取りえは、「解体」、まさにそこ。
人を殺してしまった、それはわかるかもしれない。
ついカッとなってしまったのかもしれないし、単なる事故だったのかも
しれない。けれども、世の中には切断された死体がある。
わざわざ時間が掛かるし、考えただけで気持ちが悪い。
やりたくもないその作業を、彼、彼女たちはなぜやったのか、
それがこの本のポイントである。そうか、だから切断したのか、
と納得する推理の数々。もちろん非現実的ではあるが、
人の心理的には、とてもありえそうな話ばかりだ。そして、
最後に話されるどんでん返し。あんなに熱心に話していた推理が、
最後の一話であっさり間違いだと否定される。そこにあった、
より現実的で、ちっぽけな事実。まぁやや芝居がかった気もしなくもないが。
台本なんか出てきちゃってるしね。しかし、楽しさのが上である。
むしろ、演劇として、その全てを楽しみたいと思う。
殺人も、殺す動機も、体をバラバラにする合理的な理由も。

★★★★☆*86

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

「仔羊たちの聖夜」 西澤保彦

仔羊たちの聖夜 (カドカワ・エンタテインメント) 仔羊たちの聖夜 (カドカワ・エンタテインメント)

著者:西澤 保彦
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


何とも押し付けがましい小説。まぁ詳しくは感想で書きますが。
西澤さん楽しいんだけど、この本は「ん?」と疑問符が浮かんだ。
まぁ、好みなど、結局は好き嫌いなんだろう、と思いながらも、
気の合う合わないは、小説を1冊読めば分かると思う。

一年前のクリスマス――今ではお馴染みのメンバーと出会う
きっかけとなったその日、五人はとある事件に遭遇していた。
タック、タカチ、ボアン先輩、ウサコ、ヤマト……
居酒屋を出てぞろぞろコンビニエンスストアに寄り、
帰ろうという時、一人の女性が十二階建てのマンションから、
飛び降りたのだった。彼女は自殺したのだろうか? はたまた、
何か事件に巻き込まれたのだろうか? 真相は分からなかったが、
十二階の踊り場に、彼女のコートと靴が置かれていたことから、
事件は自殺として処理されていた。しかしタカチは、
彼女の傍に残されていたクリスマスプレゼントの包みを疑問に思い、
プレゼントの貰い主を探し始める。

何とも押し付けがましい小説だった。何せ内容が、押し付けがましい
父親や祖母といった人間のせいで、一人の人間が自殺する、
という話なのだから。けれども、それだけなら、「ありえそう」
と納得するところなのだが、西澤さん残念ながら話がくどい。
なぜ、押し付けがましいのか、から始まり、押し付けがましい度合い、
押し付けがましい親の醜さ、押し付けがましい親の成れの果て、
などなど、事件そっちのけで押し付けがましさを物語の7割説明。
最近はそんな親が増えていると嘆いている。読者はそのくどさに
嘆きたいところだ。西澤さんのくどさは好きな方なんだけど、
今回に限っては、「押し付けがましさ」という、なんというか、
個人的価値観みたいなものを強烈に醸し出した内容だったので、
それが無理やり、「だからそういう人って嫌よね」と、
同意を求められているような感じになっており、閉口した。
「押し付けがましい」という度合いは、やはり個人的な価値観であり、
西澤さん自身と、読者との間でも、価値観の差は生まれるものである。
しかし、西澤さんが好きな理由が思い当たった。
社会派小説だから。そう、思い返せば、宮部さんも横山さんも、
好きな作家は社会派ではないか、と思い当たり。
で、そう結局は好き嫌い、という話ですが、やっぱり好きなのです。

★★★☆☆*78

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

「彼女が死んだ夜」 西澤保彦

彼女が死んだ夜 (角川文庫) 彼女が死んだ夜 (角川文庫)

著者:西澤 保彦
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


私が借りてる図書館に西澤さんの本がほとんどなくて、
この図書館何考えてるんだろうと思う。こんな上質なミステリを
推さないなんて!と憤慨である。この本も面白かった。
納得してしまう奇妙さを描くのが上手い。密室じゃないけど。笑

大学生でありながら門限が午後6時、という奇特な両親を持つ浜口美緒は、
その箱入り娘具合から、ハコちゃんというあだ名をつけられている。
そんなハコちゃんが明日から念願のアメリカ旅行を決行する事になり、
僕たちは前途を祝して飲み会を開く事になった。いつもは飲み会すら
参加できないハコちゃんだが、今日は運良く両親は法事でいない。
いつものサークル仲間で飲みつぶし、それぞれ分かれた面々だったが、
数時間後、メンバーはハコちゃんの家に呼び出されることになった。
理由も分からず着いてみると、そこには見知らぬ女の死体が横たわっていた。
事を荒立てると自らのアメリカ旅行がパーになってしまうといい、
死体をどうにかするよう僕らに救いを求めてくるのだが……。

この本も面白かった。一つ残念だったのは、あだ名多し。覚えられない。
まぁ、学生ものってこの本に限らずそう言う傾向あるけど、
なかなか注意して読んでいないと忘れてしまいそうだった。
西澤さんのミステリィ長所は、ありえそうな奇怪行動だと思う。
奇妙な事件が起きるのだが、元を辿り、理由が分かると、「なるほど」と
思えるものだ。今回はストッキングの中に大量の髪の毛が詰められて、
死体の傍に置かれている、というもの。原因が分からず、
その光景を見た人間が思うことは一つ、気持ち悪いだ。
奇妙すぎる、する理由がまったくない奇怪行動である。
けれども謎が溶けてゆき、なんとその髪は被害者が自分で切ったものであり、
三角関係のもう一人の女を怯えさせるための行動、と読んでゆくと、
なるほどとても有効な怖がらせ方ではないか、と思えてくる。
まぁそれでも気持ち悪いのは気持ち悪いけど、その気持ち悪いと思う
ことによって、女が離れてゆくなら、してやったりなのだから。
それと、ヒントの置石の上手さ。分かりそうで、分からない謎。
実はこうでした、と披露された瞬間「なるほど!」と膝を打ってしまう
快感と、こいつが犯人だったのか、という鳥肌がとても心地よい。
この本は犯人が二転し、かなりびっくりな展開。まさか、と思いつつ、
ヒントを組み合わせると、犯人はこの人でしかありえないと納得できる。
もう一つの良い点は、キャラクター性。まさかハコちゃん死んでると
思わず、知った瞬間鳥肌。悪役だと思って「嫌な女」なレッテルだった
登場人物が、一転被害者だった時の衝撃の大きさが、とても堪えた。
やられた、って感じ。とても上手いミステリィを書く人だと、
2冊目だけど素直に思った。まぁ他の本は知らんけど。もっと読んでみよう。

★★★★☆*86

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

「七回死んだ男」 西澤保彦

七回死んだ男 (講談社文庫) 七回死んだ男 (講談社文庫)

著者:西澤 保彦
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


いやーこれ、最高に面白かった。森さん、石持さんに続くかなりの
ミステリィヒットでした。七回死ぬ原理を最初の方で知ることに
なりますが、そんな馬鹿みたいな話と知りながら、なるほど
こんな風に出来たら、実際の事件もいいだろうにねぇ、と関心。

正月に親戚一同が会したのは、他でもない相続争いである。
僕の祖父である渕上零治郎は、今年の正月書く遺言状に、
親戚の誰に経営会社と膨大な財産を継がせるかを書き、
それを正式な書類にすると言い出した。それを聞いた母と
はるな叔母さんは、何が何でも我が子どもをと競い始めたのである。
僕の兄弟は男三人、はるな叔母さんのところには姉妹二人。
それぞれの思惑を巡らしながら着いた新年の席では、火に油を注ぐような
激しい騒動になった。果たしで祖父が選ぶのは誰なのか……
みな目をぎょろつかせ、敵対心を露にしている。
ようやく宴会が済み、次の日になると、ある騒動が起きた。
なんと母屋の屋根裏で祖父が何者かに殺されていたのだった。

最高に面白いトレースミステリィ。確かにこういう発想は前から
あったかもしれないが、この本はこれ以上ない!ってくらい
上手く利用し作られている。七回死ぬ男。タイトルにびっくりだが、
なんてことはない、主人公が特異体質のため、
一日を9回やり直すことが出来るだけのことなのだ。
安易なパラレルに白けるところだが、この本は楽しい。
1回目に死んでしまった祖父をどうやって殺さずにおくか、
という実験を7日分、すなわち7回行うのだ。人に話しかける
タイミングや、会話を変えてしまうことで、微妙に変わってくる未来。
1回目犯人かと思われた人物を隔離していたはずなのに、
2回目、何故か祖父は死ぬ。おいおいおい、どういうことだ?
とミステリィの始まりである。特に6回目?全員を集めておけば
大丈夫だろう的な安易な考えで、宴会場に終結した親戚一同の
惨劇には笑った。あははは、そうなると思ったよ、と。
そんなお決まりから、予想だにしない出来事まで、7回分、
同じ人間が殺されるまでの物語が読めるのだ。
どこかで味わったことがあると思ったら、推理のシュミレーション
ゲームのそれである。何回か推理をやり直せる、という面白さ。
ねぇいいとこついてるよね、絶対面白いに決まってるじゃないか。
そして、何より語り口「僕」が面白い。地の文もかなり面白おかしく
書かれているが、かなりボケセンスがよくて笑えた。
最後の冷やりとするオチも拍手もの。最近ここまで褒めた本ないね。
西澤さんまた読もう~。

★★★★★*93

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

***このブログのあれこれ | *ライブ(セットリスト一覧) | *映画・DVD (85) | *漫画 (18) | *読了本(678) | *雑談 | *雑談(エッセイ的なもの) | ■作家別一覧('12.12.01) | ■個人的お薦め本 | □掲示板 | あ あさのあつこ (15) | い 伊坂幸太郎 (20) | い 伊藤たかみ(6) | い 石持浅海 (6) | い 石田衣良 (6) | う 歌野晶午 (5) | お 乙一 (15) | お 大崎善生 (3) | お 奥田英朗 (7) | お 恩田陸 (6) | お 荻原浩 (10) | か 上遠野浩平 (7) | か 川上弘美 (8) | か 桂望実 (4) | か 海堂尊 (6) | か 角田光代 (38) | か 金城一紀 (5) | き 北村薫 (5) | き 桐野夏生 (8) | さ 佐藤多佳子 (7) | さ 桜庭一樹 (6) | し 島本理生 (5) | し 時雨沢恵一 (8) | し 重松清 (8) | せ 瀬尾まいこ (8) | た 太宰治 (5) | た 谷川俊太郎 (7) | つ 津村記久子 (4) | と 豊島ミホ (10) | な 夏目漱石 (11) | に 西澤保彦 (6) | ひ 姫野カオルコ (4) | ひ 東野圭吾 (22) | ほ 本多孝好 (8) | み 三崎亜記 (3) | み 三浦しをん (5) | み 宮部みゆき (17) | む 村上春樹 (17) | む 村上龍 (4) | も 本谷有希子 (4) | も 森博嗣 (24) | も 森絵都 (7) | や 山本幸久 (2) | や 山本文緒 (13) | よ 吉田修一 (23) | よ 横山秀夫 (10) | 他 その他:ノンフィクション・ビジネス書等 (15) | 他 その他:女性作家 (64) | 他 その他:男性作家 (96) | 他 アンソロジー (7) | 海外 その他 (5) | 海外 ミステリー (5) | 記事収納庫