2011年1月20日 (木)

「赤×ピンク」 桜庭一樹

赤×ピンク (角川文庫) 赤×ピンク (角川文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


を??うむむ……うーん。微妙。確かに不思議な魅力があるし、自分の魅せ方
を知っている人だなぁ、と思うのだが、いかんせん軽すぎて意味のありそう
なことも無意味に見えるという微妙さ。いや、ライトノベルはもともと
そうなのか。そんなことより桜庭さん3年ぶりだった。驚愕。ごめん桜庭さん。

わたし・まゆは八角形の檻の中で泥まみれになりながら佇んでいた。フリフリ
の衣装を着て、手には格闘技用のグローブをはめている。正面には同じく
衣装を着た女の子がいて、わたしは彼女と戦っているのだった。
「ガールズブラッド」は廃校になった校舎を利用して運営されている、
女の子たちを仮装させ、戦わせる店だった。わたしはいつも檻の中にいる
とき、イメージを作る。例えば泥まみれになったわたしは、必死にもがき、
しかし弱ってゆくようなか弱い「まゆ」のイメージを、だ。わたしはわたしが
好きではない。でもお客さんはそんなダメな「まゆ」がいいのだ、と
言ってくれるのだが……。

そういや桜庭さん格闘技好きだったなぁ、確か。「桜庭」って、格闘家の
桜庭さんからとった、とかどこかのエッセイで読んだような……。とか、
ゆらゆら考えながら読んでいた。この本のイメージを挙げるなら、
ギャルゲーである。衣装(もはやコスプレ)を着た女の子が腕に鎖を繋がれ、
檻の中で戦う物語。はぁ……鎖を繋がれ、檻の中で戦う……濃すぎて一般人
には呆然、な内容である。まぁ、それはライトノベルだから、ってことで
おいておくことにして、ここで語られている「格闘」について考えてみるが、
このコスプレをして戦う女の子たちはいろいろな悩みを抱えていて、
でもみんななぜか知らないけど格闘に惹かれて惹かれてしかたないの!
という設定になっているのだけど、格闘に惹かれる魅力ポイントも書かれて
いない。キャラクターがみんな格闘好き前提なのである。なぜ好きなのかも
書かれていない。わたしは格闘技がどちらかと言えば嫌いである。特に
プロレスとか、K-1とか、ボクシングとかよくわからない。だから、そもそも
格闘技自体に疑問のようなものを持っているので、好意的ではないというか……。
そう言う人を引き込むような要素はなかったように思う。あ、だから
格闘技っていいんだ!っていう取っ掛かりみたいなのを教えてくれる本
だったら、ぐぐっときたかもしれないのに、と残念だった。こんなに
格闘技の本なのに。読んでいくうち、コスプレをし戦う女の子たちは、
普通の女の子(男の子もいるが)なんだ、というのがわかってきて、
最初は異様に映った、衣装、鎖、檻、格闘、ライトノベルの軽さ、
というなんともちぐはぐなテーマがいい感じに見えてくる。まさに桜庭さん
自分のいいところの見せ場わかってますね、って。ごてごてした
仮装から、「ぬっ」と人間味がすり出てくるあの感じ。それを感じた時、
そうか、あのお台場のビックサイトとかでコスプレをしている子たちって
こんななのかしら、と気持ちの一部が分かったような気分になった。
ある意味、本物になりきれない、「偽」みたいな感情もあるのかもしれない、とか。

★★★☆☆*85

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月22日 (火)

「私の男」 桜庭一樹

私の男 私の男

著者:桜庭 一樹
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


うわぁ…気持ち悪…。と多分正常な神経の人は中盤思うでしょう。
まぁよかったはよかったんですけど、個人的に。
あの「赤朽葉」よりは数倍よかったですよ、はい。でもしかし、
これで直木賞かーみたいな。三浦さんの時もそうだったけど。

私は、淳悟から離れることが出来ない。
彼は「お父さん」で「私の男」で、いつも湿った雨の匂いがした。
震災で両親と兄弟を失い、一人ぼっちになった私を、
淳悟はまるで犬を飼うのかのように育ててくれた。
私は彼から何か言いようのない安心感と、少しの恐怖心、
それから嫌悪感と、親愛の情を得た。
私は今日美郎と結婚する。ようやく淳悟と離れる時がくる。
そうしなければならない時がやってきたのに、
しかし私は淳悟を求めている。
淳悟…それは秘密を共有した「私の男」の名である。

桜庭さん、まだまだ成長するように思うんですけどね、
そう思いませんか?とか偉そうなことを言ってみたりして。
うん、でもまぁ三浦さんの時よりは、個人的には
納得してる気がするんですが、それでも「うーん?」という
疑問符が消えないところである。以下ネタばれご注意。
比較すると「赤朽葉」より数倍素晴らしいと思いますので、
いや、本当去年それで受賞してたら、私は卓袱台返しますよ、本当。
で、内容はと言うと、過去に逆行する形式となっており、
最後の章にたどり着くことで、ようやく「私の男」が
一体どんな男なのかを知ることが出来る。
最初のシーンでは「私の男」は義父であり、
もしや恋愛関係にあるのか?という所から始まる。
そして最後は、愛情の欠損した男が、実の娘を姦淫している、
というとても異様な真実を見せつけられ、終わる。
愛しそうに支えあう二人が、実はそんな関係であると、
徐々に書き表されてゆく様子は、何だか寒気が走った。
寒気が走ったと言うことは、きっと桜庭さんの狙い通りであろう。
ただ二つほど私が残念に思ったことがある。
一つ目は情景描写。後半の舞台の殆どは、北海道なのだが、
ただ単に「流氷が」とか固有名詞が書いてあるだけで、
雰囲気が全然寒そうじゃない点。寒いところに住んだことの
ある人なら、きっともう少しリアルに書けたと思う。
二つ目は主人公・花が大人になり始め、淳悟から離れたい、
と少しでも思い始めるその描写が欲しかった。
この本を後ろの章から読んでゆけば分かるが、
他の感情はしっかり描かれているのに、この離れたいと
思い始めたきっかけみたいなものがさっぱり描かれていない。
「親子だから離れる時が来る」みたいな曖昧な感じで。
でも、別にここまで狂った親子なら、一生一緒にいても
いいんじゃないの?とか一方で思ってしまうので、
やっぱりこの描写は必要だと思うんですよね、個人的に。
と、以上です。気持ち悪いけど読み終わって「あぁ」と、
深いため息をつける小説です。実はサイン本だったりして、
宝物です。直木賞だし、初版だし。笑

★★★★☆*89

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

「赤朽葉家の伝説」 桜庭一樹

赤朽葉家の伝説 赤朽葉家の伝説

著者:桜庭 一樹
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


で、えーとどのへんが伝説なの?
万葉さんが千里眼なところ?それなら万葉の伝説でいいじゃないか。
長い割りにどうにも楽しめない感じでした、個人的に。
それに直木賞候補になった理由がよくわからない。

私の祖母・赤朽葉万葉について、彼女の幼少期から説明しようと思う。
「山の民」と呼ばれる人間に置き去りにされた万葉は、
下級民である多田夫婦に育てられ、後に旧家赤朽葉家に嫁ぐ事になった。
そんな万葉には、特殊な能力がある。死期を予知する、千里眼だった。
万葉は時には子供を生んだ瞬間に、その子が死ぬ様子を見た。
それは波乱万丈な人生であったが、その奇妙な昔話は、
私の母・毛鞠の代へと移り変わり、段々と私の時代へと近づいてくる。
現代私が抱えるこのちっぽけな悩みは、どうしても万葉が語る、
昔の世界と対等だとは思えない。しかし、私には私にしか出来ない事が、
きっとこの紅緑村にはあるはずのだ。

要するに書きたかったことは、親子三世代における時代と、
人間の意識についての移り変わりである。
千里眼などと非科学的な愛称を持っていた祖母の、
ある種神がかりじみた精神世代と、現代の若者の世代との比較対照により、
例えば愛に対したとしても、その意識であるとか、
生きると言う事のポリシーのあり方であるとか、
果たして対等な重さなのであろうか、という事を強く書かれている。
しかし、全体が略年表化してしまっていて、途中までとてもつまらない。
「伝説」というほどだから、何か大事件があるのか?
と思いきや、それらしきものは万葉の千里眼しか出てこない。
主人公「私」が動き始めるまでの、前説が怖ろしく長く、
いや、前説ではなく三部作なのだ、と言われればそう見えなくもないが、
取りあえず、現代ありきの比較対照合戦。
終わりに向かっては、祖母は本当に千里眼だったのか、
本当に人を殺したのか、など、探偵のような感じになり微妙である。
と言うのも、きっと「私」からみた祖母の客観的像がないため、
そもそも人を殺していそうな気にもなってくる。千里眼だし。
伝説の部分と、本当に分かっている部分と…と、
線引きがぐちゃっとなっているため、どうにも楽しめる部分が少なかった。
まぁぐちゃっとなってるのが狙いのような気がしますが、
こんな長いでぐっちゃりやられると、読むほうが相当疲れる、
と言うのが、客観的な判断かも知れません。うーむ、お薦めしない。

★★★☆☆*83

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」 桜庭一樹

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet

著者:桜庭 一樹
販売元:富士見書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


物凄くライトな話でした。でも内容は全然ライトじゃない。
犬や友達がバラバラ殺人事件で死んでしまう。
うーんこれでもう少しシックに纏められていたらなぁ、
とちょっと残念に思いました。藻屑はないだろう、藻屑は。

ある日私のクラスに転校生がやって来た。
その名も「海野藻屑」、なんて最悪な名前なんだろう。
おまけに自己紹介では、自分を人魚だと言い張った。
しかし、その奇行や汚い名前とは反対に、
藻屑は有名な芸能人の親を持つ、酷く美しい少女だった。
頓珍漢な事をいう美少女は、次第にクラスで浮き、遠巻きにされる様になる。
そんな時、藻屑は私に友達になろうと言い出した。

美しい藻屑は実は家庭内暴力を受けていた。
しかし、親を守るために、「自分は人魚だ」などと奇妙な嘘を繰り返し、
自分の言っていることが信用のないことだと、吹聴していたのだった。
それが次第に分かってくる時の、切なさはとても苦しかった。
父親に飼い犬を殺され、おまけにバラバラにする。
そんな現実から逃れるため、藻屑は必死だったのだ。
対する主人公・なぎさは片親でしかも引きこもりの兄がいるために、
高校受験を断念し、13歳の若さで自衛隊に入る事を目指していた。
自衛隊に入れば、お金も掛からず、給料がもらえる。
そんな切実な生活を毎日考えていると、藻屑のような非現実的な行動や、
美しい容姿、高価な暮らしぶりなどに苛立ちが走る。
だけれど、藻屑の痣だらけの体に気づくうち、黙ってみていられないような、
守ってあげたくなるような不思議な気持ちになったのだろう。
藻屑の嘘や皮肉めいた言葉に隠された、本当の心。
真剣に見ていなければ見逃してしまいそうその信号に、
なぎさがふと気づく場面がとても胸が締め付けられるような気がした。
だが、一番のネックとなるのが、冒頭の文で、
藻屑が死ぬ事が書かれているところにある。また、文中にも時折、
兄と山に登るシーンがあり、いよいよ死んでしまうのだと、分かるのだ。
それもあの犬のように残酷にと予想がつく。
全体がどうにも軽いイメージなのに(名前が海野藻屑で察するように…)、
どうにも耐え切れない重さがあり、もうちょっと書き込んでもよかったのでは
と少し思ってしまったりした。主人公を高校生にするとか…。
まぁでもそうすると兄や自衛隊の話が狂ってくるので何とも言えませんが。
砂糖菓子の弾丸の比喩もちょっと突飛だったような、うーん。

★★★☆☆*87

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

「ブルースカイ」 桜庭一樹

ブルースカイ (ハヤカワ文庫 JA) ブルースカイ (ハヤカワ文庫 JA)

著者:桜庭 一樹
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


今更だが、私はSFやパラレルといった内容が嫌いである。
アニメや漫画のようにもはや非現実的ならいいのだけれど、
中途半端にタイムスリップしちゃう話がとても苦手なのだ。
その点でまずこの本は引っかかっている。
桜庭さんの素敵な文章なので、すらりと読めるのだが、やはり楽しめない。

私の名前はマリー。かつては名字もあったが、今はない。
十七世紀ドイツでは世紀末的な冷夏に悩まされていた。
夏だと言うのに雪が降り、農作物が枯れ、街が萎び始める。
そんな中全ての元凶は魔女の仕業だという、魔女狩りが横行し始めた。
街の女たちが次々と魔女に仕立てられ、殺されてゆく。
いつしか異郷人である私と祖母にも白羽の矢が立ち、
魔女であると濡れ衣をかれられてしまった。このままでは殺されてしまう…
そんな時、私の前に異国の少女が現れた。彼女の名はブルースカイ。

「根本的に何が言いたかったんだ?」と激しく疑問が残る作品だった。
この話は、第一章であるマリーの話、第二章であるディッキーの話、
そして最後にソラの話という三章に分かれている。
この一つ一つの章の中では、それとなく言いたい事が描かれている。
マリーのところでは魔女狩りと言う理不尽な好意の横行を、
「悪魔の仕業」と言う抽象的な概念で描き、それを非難するという姿勢が、
ディッキーのところでは、「急激に大人びる」存在であった女が、
現在では「幼い」女になりつつあるという社会現象がそれぞれある。
しかし全てを通して何を言いたいのか?と見てみると、
あまりにも歪過ぎて、よく分からない、と言うのが正直な感想だった。
最初~中盤にかけて、世界はまるっきり中世である。
その描写は細やかで、丸で違和感なくヨーロッパ風情を味わえてよかった。
しかし唐突に切り替わるシンガポールのために、今まで語ってきた、
マリーの話が水の泡になり、最後の数ページで処理され、残念である。
おまけに最後に出てくるソラが極めつけであり、これは日本の女子高生だ。
勿論描写は桜庭さんなので文句はない。
だけれど、唐突に表れた少女の唐突な死。それがあまりにも無残で残酷だった。
話は全体的にこの少女ソラのために描かれていると言っても過言ではない。
でも、それにしてはマリーの生い立ちの話が長すぎるし、
ソラについての描写が逆に短すぎる、なんともバランスが悪いのだ。
よって、「根本的に何が言いたかったんだ?」ということになる。
もしも桜庭さんを初めて読む方の場合、これは絶対お薦めしない。
是非「少女七竈と七人の可愛そうな大人」をお読みになって下さい。

★★☆☆☆*70

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

「少女七竈と七人の可愛そうな大人」 桜庭一樹

少女七竈と七人の可愛そうな大人 少女七竈と七人の可愛そうな大人

著者:桜庭 一樹
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


久しぶりに私の心をグッと掴んでくれる女性作家さんでした。
まったくもって吉田さんや角田さんのような作風ではないですが、
この本は、小説版「彼氏彼女の事情」みたいな(好きな人はきっと好き)、
なんだか不穏な空気と、温かい微笑の混じった絶妙な本でした。

母親が淫乱であったがために、生まれてしまった美しい少女・七竈。
小さな町で異様なまでに美しいと言う事は、それだけで生きがたく、
また男に溺れ姦淫を繰り返す母は、家出性の淫乱女だと巷で有名だった。
そんな肩身の狭い七竈のより所は、親友である雪風で二人は馬が合った。
彼もまたこの世を逸した美しい顔立ちをしており、
七竈は自分と同じ境遇の人間であると信じていた。
しかし、高校に上がり日に日に互いの成長を確認するにつれ、
七竈は自分が雪風と似ていると気づいてしまう。そして周りの人物もまた…。

隠隠滅滅とした雰囲気に、ひっそりと佇む真っ赤な七竈の実と、
さらりと舞う白い雪。そんな様子がピッタリと合う、
とても不思議で、それでいて読みやすいお話でした。
一番惹かれた部分は、母親の不徳のせいで、娘が苦労していると言う点。
ブスで嫌われるならまだしも、美しすぎて生きづらいという、
何とも歪曲した痛みの描き方が好きでした。
おまけに、その美しさが仇となり、親友だと思っていた少年が、
実は自分の異母兄弟かもしれないと複雑な疑念を持たねばならない。
その心情が、つらつらと、時には鉄道と言う渋いマニアックさに逃げながら、
語られている辺りが、まさに考えさせられる部分であり、
そして最終的に母親を自分が許せるのだろうか、という問いに変わってゆく。
中には犬の視点で語られる部分があるのですが(乙一さんみたい!笑)、
人間ではなく動物を介した時の主人公の温かい視線や、
不意に見せた母親に対する態度などが、憎らしくも上手に描かれていて、
これは素敵なお話だと、認めざるを得ませんでした。
特に一番好きだった部分は、母と七竈の口論をさり気無く語る辺りですね。
客観的にみる人間の表情や、言葉、雰囲気が、犬を通して伝わってくる。
ちょっと可笑しな話ですが、その丸みを帯びた視点がとてもよかったのです。
あとは、雪風の一言もよかったかな。もしかしたら、七竈よりも先に、
兄弟であると気づいていたかも知れない雪風の、「さようなら七竈」
と、突き放された切なさと、その前に描かれている二人だけの世界が重なり、
悲しい、でも仕方がなくて、もどかしいけれど、やっぱり一緒にはいられない、
そんな気持ちが照準を見つめる雪風の瞳に写るようで、心に残りました。
親子とは何か、血の繋がりとは何か、人とは違うということは何か、
を考えながら、いかにして自分が親を許す事が出来るのか、
そんなことを考えることが出来る本です。ちょっとだけ許すのは第一歩だと。
おまけにしっとり、さっぱり、心地よい文章ですから、是非に。
個人的にはとてもヒットした本でした。

★★★★☆*92

| | コメント (6) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

***このブログのあれこれ | *ライブ(セットリスト一覧) | *映画・DVD (85) | *漫画 (18) | *読了本(678) | *雑談 | *雑談(エッセイ的なもの) | ■作家別一覧('12.12.01) | ■個人的お薦め本 | □掲示板 | あ あさのあつこ (15) | い 伊坂幸太郎 (20) | い 伊藤たかみ(6) | い 石持浅海 (6) | い 石田衣良 (6) | う 歌野晶午 (5) | お 乙一 (15) | お 大崎善生 (3) | お 奥田英朗 (7) | お 恩田陸 (6) | お 荻原浩 (10) | か 上遠野浩平 (7) | か 川上弘美 (8) | か 桂望実 (4) | か 海堂尊 (6) | か 角田光代 (38) | か 金城一紀 (5) | き 北村薫 (5) | き 桐野夏生 (8) | さ 佐藤多佳子 (7) | さ 桜庭一樹 (6) | し 島本理生 (5) | し 時雨沢恵一 (8) | し 重松清 (8) | せ 瀬尾まいこ (8) | た 太宰治 (5) | た 谷川俊太郎 (7) | つ 津村記久子 (4) | と 豊島ミホ (10) | な 夏目漱石 (11) | に 西澤保彦 (6) | ひ 姫野カオルコ (4) | ひ 東野圭吾 (22) | ほ 本多孝好 (8) | み 三崎亜記 (3) | み 三浦しをん (5) | み 宮部みゆき (17) | む 村上春樹 (17) | む 村上龍 (4) | も 本谷有希子 (4) | も 森博嗣 (24) | も 森絵都 (7) | や 山本幸久 (2) | や 山本文緒 (13) | よ 吉田修一 (23) | よ 横山秀夫 (10) | 他 その他:ノンフィクション・ビジネス書等 (15) | 他 その他:女性作家 (64) | 他 その他:男性作家 (96) | 他 アンソロジー (7) | 海外 その他 (5) | 海外 ミステリー (5) | 記事収納庫