2007年3月 1日 (木)

「笑う招き猫」 山本幸久

笑う招き猫 笑う招き猫

著者:山本 幸久
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


今のお笑いブームを見越した本だなぁとちょっと関心しました。
女二人の漫才コンビ。コンビ愛がとても素敵でした。
裏事情や苦悩や挫折、ウケた時の達成感、どれもなかなかリアリティがあります。
が、あのテレビのシーンは、客がさくらだったんじゃないの?
と一瞬思ったりしましたが、どうなんでしょう。

コンビを組んで足掛け5年。
私とアカコがガッチガチに緊張したままステージに上がった初舞台。
結果は惨敗、客はクスリとも笑わなかった。
でも、衣装だけで着飾った何のひねりも無い、
ヤツらにあんなに笑いが起きるなんて間違っている。
そう批判する私たちは、誰が聞いても笑ってくれるステージをと、
うける漫才に命をかけることにした。
え?どうして私が漫才を始めたかって?
そんなのアカコと漫才をする事が最高だからに決まっているじゃない!

笑わす人、笑わされる人。
相互の睨みあうステージで繰り広げられる、漫才。
あちらで笑い、こちらで笑い、「お、のってきたのってきた!」
と会場に笑いが沸く瞬間がとても気持ちが良かった。
うちらの漫才絶対面白いって!
そんな軽い一言から始まった2人に、いつしか芽生えた「コンビ」と言う、
曖昧でそれでいて親密な関係が、とてもリアルに描かれていた。
笑いを生み出すための衝突、たった一言が原因の心のすれ違い、
2人の、コンビと言う絆は一体どれだけの強さがあるのだろうと不安になる。
家族や家庭の事に口は出せないのだろうか。
心に積もる相手への不満を伝えてはいけないのだろうか。
悩みを打ち明けてはいけないのだろうか。
しかし、ふと立ち止まり自分の原点を辿ってみると、
そこにはゆるぎない答えがひっそりと、でもしっかりと佇んでいる。
私がOLをやめた理由は何?どうして漫才をはじめた?
新しい自分を見つけるため?・・・そんなのお生憎様。
答えは簡単、アカコと漫才をする事が最高だから。ただそれだけ。
家族でもなく、友達でもなく、時には悪い所を指摘しなくてはいけない、
でも実は、その関係は見た目よりもタフで、力強いのだ。
だってそうだよ、人を笑わせるためには、
こちらの心が笑ってなくちゃいけないじゃない!
とヒトミの清々しい気持ちが伝わってくるようだった。
臨場感のある漫才の内容、描写が素敵でした。
願わくば、最後の一試合?は一つ笑わせてから終わらせて欲しかった、
と思うほど漫才のシーンが心に残っています。
しかし伏線を張ったと思われる、エヌ・エッチ・ケーの漫才の笑いの軽さ
についての悩みが、急にネタが新しく無いから・・・
とヒトミが決めてしまったあたりに展開の早さを感じました。
まぁ家族的な事に重点が置かれていたので、それはそれでいい味でしたが、
2人のコンビならではのいかに漫才で笑わせるかの研究が、
もうちょっとあってもいい気がしたなぁと。

★★★☆☆*88

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年2月14日 (水)

「幸福ロケット」 山本幸久

幸福ロケット 幸福ロケット

著者:山本 幸久
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

山本さん初めて読みました~!なかなか好き。
雰囲気は「佐藤多佳子+瀬尾まいこ+伊藤たかみ÷3」
・・・なんて適当な事を言ってみましたが、そんな感じです。
最近児童向けの本をたくさん読んでいる気がする・・・のは気のせいかな?
これも主人公は小学生です。

香な子はお父さんが仕事を辞めたから、引越しして転校する事になった。
今までの吹き抜けつきのゴージャスなマンションから、3階建てのアパートにだ。
どう考えても香な子は前のほうが良かったとしか思えない。
小森と過ごす時間が日に日に楽しく、幸せになってゆくというのに、
香な子の中ではその事が気になって仕方が無かった。
大人は本当の事を子供に話してくれない、だから、
「お父さん、何であの仕事を辞めたの?」と言う言葉を言い出せない。
香な子の心の中では「カターンカターン」とひよこが不気味に揺れている。

自分の父親の退職の理由は何なのだろう?
昔はあんなに輝いて格好よかったお父さんが、あの仕事をやめた理由。
私も香な子と同じようにそれを気にしながら読んでいました。
今まで誇らしく思っていたものや、人が、急に陰る。
何で?理由は?
そう気になりつつも、結局のところいつまでも聞けないでいるのだ。
それは投影した自分のプライドを守るためと、人を傷つけないため。
しかしながら、いつまでも知らずに成長しても言いかと言うと、
そうではなく、子供ながらにそれを理解し
そう言った意味で大人になる事が必要なのだ。
そこでポイントなのがやはりコーモリこと、小森君。
病にかかった母親へ生きるためのエールを送りつつ、
もうそう長くは無い事を、彼は自分の中では知っている。
死んでしまう前に聞いておきたい事。
例えその内容が香な子が悩む、大人びた事柄だったとしても、
「死人に口なし」となる前に、是非死ぬ前にその口から聞いておきたい。
その人と人が分かち合い、繋がってゆく事が大切であり、
きっかけとなる最初の一言がとても重要なのだと訴えている。
それが、もし死にゆく人でないならば、これ幸いな事で、
お互いに理解をして生きてゆけるよね、と。
あの絵は・・・どうなのでしょう。アレだけでロケットですか?
・・・と思ってしまい、ちょっと残念な気もしますけど;
途中恋愛要素もあったりして、とてもよいスパイスになっていたと思います。
お嬢様は必要だったのか・・・むしろお嬢ではなくガチンコ対決の方が、
スリリングでよかったのでは・・・と言うのは私の意見で、
この本はとてもピュアにそして柔らかい恋が描かれています。
うん、是非とも中学生頃に読んでもらいたいですね。

★★★★☆*88

| | コメント (4) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

***このブログのあれこれ | *ライブ(セットリスト一覧) | *映画・DVD (85) | *漫画 (18) | *読了本(678) | *雑談 | *雑談(エッセイ的なもの) | ■作家別一覧('12.12.01) | ■個人的お薦め本 | □掲示板 | あ あさのあつこ (15) | い 伊坂幸太郎 (20) | い 伊藤たかみ(6) | い 石持浅海 (6) | い 石田衣良 (6) | う 歌野晶午 (5) | お 乙一 (15) | お 大崎善生 (3) | お 奥田英朗 (7) | お 恩田陸 (6) | お 荻原浩 (10) | か 上遠野浩平 (7) | か 川上弘美 (8) | か 桂望実 (4) | か 海堂尊 (6) | か 角田光代 (38) | か 金城一紀 (5) | き 北村薫 (5) | き 桐野夏生 (8) | さ 佐藤多佳子 (7) | さ 桜庭一樹 (6) | し 島本理生 (5) | し 時雨沢恵一 (8) | し 重松清 (8) | せ 瀬尾まいこ (8) | た 太宰治 (5) | た 谷川俊太郎 (7) | つ 津村記久子 (4) | と 豊島ミホ (10) | な 夏目漱石 (11) | に 西澤保彦 (6) | ひ 姫野カオルコ (4) | ひ 東野圭吾 (22) | ほ 本多孝好 (8) | み 三崎亜記 (3) | み 三浦しをん (5) | み 宮部みゆき (17) | む 村上春樹 (17) | む 村上龍 (4) | も 本谷有希子 (4) | も 森博嗣 (24) | も 森絵都 (7) | や 山本幸久 (2) | や 山本文緒 (13) | よ 吉田修一 (23) | よ 横山秀夫 (10) | 他 その他:ノンフィクション・ビジネス書等 (15) | 他 その他:女性作家 (64) | 他 その他:男性作家 (96) | 他 アンソロジー (7) | 海外 その他 (5) | 海外 ミステリー (5) | 記事収納庫