2011年1月 6日 (木)

「1950年のバックトス」 北村薫

1950年のバックトス (新潮文庫) 1950年のバックトス (新潮文庫)

著者:北村 薫
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


北村さん久しぶり。お薦めされたので読んだのですが、「うーん」でした。
年が明けてから読んだ本すべてに「うーん」しか言っていないような気が
して、わたしはなんて残忍な奴だろうと思いました。もっともです。
でも「うーん」なんですよ。たぶんとても北村薫らしい本、なんですけど。

「1950年のバックトス」
小学三年生になった息子の翔太は、野球チームのレギュラーになった。
鮎子は野球のルールすらよく理解していなかったが、懸命に頑張る息子
のために試合についていき準備を手伝う。応援に来る親たちの
中には大きく分けて2種類いる。「殺せーっ!」などと力んで叫ぶタイプと、
息子がミスをするたびに「申し訳ありません、うちの息子が……」などと
謝り始めるタイプだ。しかし山城剣人くんは、そんな親たちの中でも
等しくアイドルだった。ルックスもよく、強い。息子と変わらない年の
剣人くんに皆ため息を付くのだった。そのある日、たまたま帰ってきた夫
の母親―翔太の祖母が野球の試合を観に来る事になった。野球などに
縁もなさそうな義母には、退屈になってしまうのではないか。そんな不安が
過ぎる中、予想に反して義母は野球のルールを詳しく喋り始め、
さらには剣人くんのプレイを凝視していたようなのだが……。

どれも北村薫。当たり前だけど、どれも北村薫。言いたいのはそれだけだ。
……と、ここで終わってしまっては感想でも何でもないので、なんでだか
よくわからないが「面白い!」と手放しで思えない微妙なもやもやについて
語りたいと思う。その原因は「どれも北村薫」である点だ。さっきも言った。
この本には23本の短編が詰まっている。主人公は女性だったり、男性だったり、
一人称だったり、三人称だったり、いろいろある。若い女だったり、
主婦だったり、おじさんだったり、いろいろある。しかし、だ。しかし、
そのどれもが北村薫なのである。当たり前じゃないか、書いてる人同じなんだ
から。そんなの知っている。でも、なんかこう、違うのである。主人公が
女であっても、男であっても、若くても老人でも、すべてその行動や仕草、
その人物が見る景色の描写などなどが、「北村薫」という一人の人間によって
統一されナレーションされているような居心地の悪さを感じるのだ。
例えるなら、操り人形が黒子の人間によって操られている様子。
作家の書く物語は、すべてその様な様子が当てはまると思うが、操り人形を
操っている黒子はみな覆面のはずである。操り方に癖があるにせよ、
操っている方の、キャラクターの個性を引き出すために黒子はいるのである。
そう黒子は覆面なのだ。なにせ黒子なのだから。でもこの本は操っているのは
黒子ではない、「北村薫」その人なのだった。覆面をしていないのである。
だからとても感情移入が出来ずに終わってしまうのだ。(特に短編というの
もあると思うけども)覆面覆面、と言っていると、覆面作家のアレみたいで、
なんだか嫌だが、なんだかこう、話はとてもいいし、もう少しで感動する!、
……のにイマイチ引き込まれないのがその原因のような気がするのだった。
そもそも「北村さんが手放しで大好き!」な方だったら、まったく問題ない
と思うのだが、わたしは「普通に好き」なので、物語で魅せられないと、
感動しないのだった。うーんである。……とりあえず覆面作家シリーズ
再読しようかな。

★★★☆☆*83

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

「鷺と雪」 北村薫

鷺と雪 鷺と雪

著者:北村 薫
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


これで直木賞ですか……。なんかちょっと残念ですね、うーん。
ここ数年の直木賞はどうもなんかちょっと、という本が多い気が
します。確かに面白いんです。でもそれは「普通に」面白いのであって、
天下の「直木賞レベル」なのか、と考えると、うーんって感じで。

「不在の父」
桐原家のお嬢様、道子さんとお話ししていたところ、
遠い親戚である子爵・吉広様が行方不明であるという話が出た。
良家であるため、子爵がいなくなったとなれば大騒ぎである。
そのため現在桐原家では、吉広様は病気で臥せっていることに
なっており、真実は他言無用らしかった。その話を聞き、
わたしはふと先日の雅吉兄さんの話を思い出した。
東京――浅草の町で、吉広様によくにたルンペンさんを見かけた、
という話である。いなくなった時期と、雅吉兄さんの見かけた時期も
合っている。わたしは家に仕えているベッキーさんの力を借り、
吉広様を探そうと動き出すのだが……。

子爵、とかいう単語が出てきている時点である程度予想できるだろうが、
この本の舞台設定は、大正昭和初期ころの日本である。なんとも微妙な
時代設定である。その上、その微妙さを助長している原因は、筆者が
大正時代の人間ではない、という拭いがたいものだった。
まぁ、今を生きているのだから、仕方がないことではある。
もちろんそれに限りなく近づけることは、技巧として可能だろうが、
北村さんがそれをできているか、と聞かれると、ノーと答えたい。
まず雰囲気を想像できない。理由は、景色や建物、衣装、品物などの
描写が乏しく、想像を読者に任せているからだ。大正時代……もはや
わたしを含め若い世代には、想像のつきにくい、むしろ江戸時代と
変わらないくらいの平成との「時代の差」なるものを感じる時代である。
例えば芥川龍之介なんかは、もろに大正を生きた人だが、芥川の
書く物語には、自然と「大正」が息づいているのだった。書かれている
品々が、大正じみているというか、まぁそこにあったのだから当時
としては当たり前のものなのだけど、それはまさしく「大正」なのだ。
でも、北村さんのそれは、大正ではない。「大正、のようなもの」
といった微妙な違和感を感じ、「大正時代に作られた映画」ではなく、
「大正時代を模し作られた平成映画」といった感じがするのだった。
まるでそう、時代劇のような。主人公は平成の人間ではないか?と
思われるような思考回路。まわりは平成に作られた「大正の模倣風景」
といった、なんともいえない居心地の悪さがつきまとうのだった。
話は「普通に」面白い。北村さん、って感じがする。けれども、
これが直木賞なのか? と首を傾げる。何度も候補になっているから
妥協したのでは、と嫌な考えすら頭を過ぎる本だった。『スキップ』
三部作で取っておけばよかったんじゃ……みんなそう思うのではと。

★★★☆☆*82

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

「覆面作家は二人いる」 北村薫

覆面作家は二人いる (角川文庫) 覆面作家は二人いる (角川文庫)

著者:北村 薫
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


北村さんを久しぶりに読みました、本自体も再読です。これ読んだの
いつだろうなぁ……。まだ北村さんが覆面作家で男性なのか女性なのか、
わからなかった時だと思うんですけど。読んでいたら、懐かしくなり
ました。それでもって、解説が宮部さんで、おおおと驚きました。笑

「覆面作家のクリスマス」
新妻千秋。ペンネームだとしたら、時代がかった、今時流行らない
ものだろう。先日投稿された小説の作者の名前である。小説の題も
『クリスマス』とあまりにそっけないものであったが、編集長の命令で
その自宅に執筆交渉に伺うことになった。ミステリを書くくらいだから、
貧相な男に違いない。こちらの予想を裏切り、辿り着いた先は、
超がつくほどの大豪邸であった。そこにはなんと執事までいるのだ。
奥の間に通され、いよいよ対面したのは天国的美貌を持つ十九歳の
令嬢だった。天然な彼女の、しかし頭の回転の速い話しを聞いていると
ふと、ある話をしてみたくなった。とある学園で起きた、クリスマスの
悲劇。未解決の殺人事件を語って聞かせると、彼女は顔色一つ変えず、
謎を解いてしまった。そしてすぐに現場に向かわなくては、と言う。
二人、豪邸の門を豪邸の門をくぐり街にくりだすのだが……。

ライトタッチで読みやすい、軽快なミステリ。見事なのは、人物の個性。
キャラクターが粒だっていて、感嘆の一言。名前を忘れることも
なければ、他の人物と間違えることもない。これだけの少ない描写で
ここまで濃厚な個性を描けるのは本当に凄いの一言である。
それと、最後の解説で宮部さんが書いているように「本格原理主義」
といえる物語の質が存在しており、筆がライトでありながら、
他にない上質な作品に仕上がっている。まさに「本格原理主義」とは、
上手いこと表現されている、と思う。このブレのない芯の部分には、
並々ならぬ信頼感があるだろう。トリック重視。誰でも可能であり
ながら、絶妙なひねり加減の工夫(トリック)が利いている。その上、
最大の重要ポイント「不自然でない」。トリックを重視するあまり、
絶対やらないだろうという不自然な行動をしないし、むしろ偶発すら
装う絶妙なしかけが施されている。ふわりとした描写に、隠された、
芯あるトリックに、読んでいるこちらは、驚くばかりである。
一つ(わたし個人的なものかもしれないが)欠点は、説明描写が
少なく、また作者自身の中で完結してしまっている描写、というものが
あり、一度読んだだけではよく分からない文がある点。もう少し説明が
あったら、その面白さ(ギャグ?)をもっと堪能できるだろうに、と
思う。何となく、漫才を見ていて、理解するのに時間がかかり、
ワンテンポ遅れて笑い始める、と言ったような、変な「間」を感じる
のだった。まぁそれも「味」と言えるのかもしれないのだが。
それとそう、この本には人称がない。僕も、俺も、ないので、
こちらでもまた不思議な感覚を得られる。また北村さん読もうっと。

★★★★☆*87

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

「冬のオペラ」 北村薫

冬のオペラ 冬のオペラ

著者:北村 薫
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


北村さん久しぶりに・・・。
ちょっと昭和の香りがする。(いい意味で
何となく懐かしい雰囲気のする作風の作家さんです。
そしてやっぱり女の人みたいな文章。
女の子が主人公だからかな?私はいつもそう思います。

あゆみが働く叔父さんの会社の上に、不思議な事務所が越してきた。
それは平凡な日常を逸脱した事件しか扱わない、名探偵・巫弓彦。
彼はその特異な嗜好から客も少なく、いつもはスーパーのアルバイト。
あゆみはその奇怪さの中にある魅力に惹かれ、自ら助手を志願した。
助手兼記録係・あゆみの前で起こる一見変わった珍事件に、
変わり者探偵巫が切れ味のいい推理で事件を見事解決する。

なかなか。コンビの凸凹感もなかなか。
風変わりな探偵巫がとっても魅力。
あゆみはまぁ一言で言ってしまえばどこにでもいそうな子なんですが;
そのギャップがいいのかもしれない。
ここはどう思うかねワトスン君、的な展開はあまり無いですが、
人の心理を突いたトリック(あまり起こりそうに無いですが)がいいです。
特に最後の「冬のオペラ」が好きですね。
むしろ短編にせずにすべてコレに繋げて1話にしてもいい気がします。
話の筋的に椿さんが出てきたときに、「あ、この人絶対犯人だ」と確信。笑
いや、そこら辺の勘はシャーロックホームズで鍛えてますから。
でもひねり過ぎて私には最後までオペラの意味が判らなかった。
最後の10行で、ようやく「あぁ!オペラか」と。
だってあの詩で判断するなんてマニアックすぎるから!と言う感じ。
まぁその古風さが北村さんの魅力なのかも知れません。
続編あるのかな?読みたい気もします。

★★★☆☆*84

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

「スキップ」 北村薫

スキップ スキップ

著者:北村 薫
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


北村さんの中で一番好き「スキップ」。
これは是非とも高校生の時に読んで欲しい・・・!!
そんな本ナンバー1。
あぁ私ももうちょっと早く読んでおけばよかったと後悔・後悔。笑
それにしても、北村さんの文章は女性っぽいです。
女の人が書いてるみたい。そして若い女の子を描くのが上手いです。

女子高生・真理子が突然25年後(42歳)の自分にタイムスリップする話。
真理子は雨の学園祭を親友の池ちゃんと共に過ごしていた。
「来年があるよ。私達、まだ2年だもの」
と池ちゃんはそう言ったけれど、真理子には来年は来なかった。
目が覚めた真理子は42歳一児の母で、学校の先生だった。
最初、この話を読んだ時、本当にぞっとしたのを覚えています。
だって目が覚めたら、母親と同じくらいの年になっているんですよ?
しかも娘が、自分と同じ歳・17歳。ちょっと泣けてきますよね。
昨日まで食卓を囲んでいた両親は、当然のことながらすでに死んでいる。
白黒だったテレビがカラーになって昭和が平成になっている。
その上、「タイムスリップしてきた」なんて周りの皆はなかなか信じてくれないのです。
こんなに真理子は絶望を感じでも、決して泣いてはいけない・・・
泣いてしまったら自分の存在を否定してしまう様だから。
その切なさが、たまりませんでした。
不意に振り返れば、25年前の面影がチラリと見えて、
「瞬間、池ちゃんの《どうだい》という顔が目に浮かんだ」
もう、泣けちゃいますよねぇ。池ちゃんの記述が出てくるたび泣けました。
後半になるにつれ、真理子は徐々に42歳の自分になる覚悟が見え始めるのですが
少々簡単に過去に戻るのを諦めるのが早い気がする(いや、実際帰れないのですけど
真理子の性格上なのかも知れませんが、とっても前向きで結構天晴れ。
でもそう考えていると、どういうわけか17歳の真理子が42歳になったのではなく、
42歳の真理子が25年を失くしてしまったのかな、と思ますね。
あ、そうそう新田君に恋しちゃう(されちゃう?)ところは良かったと思います。
でももう覚悟を決めちゃったから、好きにはなれないと拒否する切なさ。
まぁ旦那さんもいるけど、でも多分17歳の真理子に会っていたら、
きっと恋に落ちてたんだろうな、って思うと悲しいですね。
そんなやり切れない気持ちを沢山抱えた真理子の気持ち、
多分高校生の時に読むと凄くよく伝わってくると思います。
是非・是非、高校生の時に。
でも裏返せば一児の母になってから読むのもいいかな、なんて。

*80

| | コメント (2) | トラックバック (3)

その他のカテゴリー

***このブログのあれこれ | *ライブ(セットリスト一覧) | *映画・DVD (85) | *漫画 (18) | *読了本(678) | *雑談 | *雑談(エッセイ的なもの) | ■作家別一覧('12.12.01) | ■個人的お薦め本 | □掲示板 | あ あさのあつこ (15) | い 伊坂幸太郎 (20) | い 伊藤たかみ(6) | い 石持浅海 (6) | い 石田衣良 (6) | う 歌野晶午 (5) | お 乙一 (15) | お 大崎善生 (3) | お 奥田英朗 (7) | お 恩田陸 (6) | お 荻原浩 (10) | か 上遠野浩平 (7) | か 川上弘美 (8) | か 桂望実 (4) | か 海堂尊 (6) | か 角田光代 (38) | か 金城一紀 (5) | き 北村薫 (5) | き 桐野夏生 (8) | さ 佐藤多佳子 (7) | さ 桜庭一樹 (6) | し 島本理生 (5) | し 時雨沢恵一 (8) | し 重松清 (8) | せ 瀬尾まいこ (8) | た 太宰治 (5) | た 谷川俊太郎 (7) | つ 津村記久子 (4) | と 豊島ミホ (10) | な 夏目漱石 (11) | に 西澤保彦 (6) | ひ 姫野カオルコ (4) | ひ 東野圭吾 (22) | ほ 本多孝好 (8) | み 三崎亜記 (3) | み 三浦しをん (5) | み 宮部みゆき (17) | む 村上春樹 (17) | む 村上龍 (4) | も 本谷有希子 (4) | も 森博嗣 (24) | も 森絵都 (7) | や 山本幸久 (2) | や 山本文緒 (13) | よ 吉田修一 (23) | よ 横山秀夫 (10) | 他 その他:ノンフィクション・ビジネス書等 (15) | 他 その他:女性作家 (64) | 他 その他:男性作家 (96) | 他 アンソロジー (7) | 海外 その他 (5) | 海外 ミステリー (5) | 記事収納庫