« 「夜明けの街で」 東野圭吾 | トップページ | 「0能者ミナト〈5〉」 葉山透 »

2012年12月16日 (日)

「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅲ」 松岡圭祐

20121216_1
松岡さん恐るべし。これなら十二巻連続で読んでも飽きないかも
知れない。森さんとは大違い(なんて失礼な)。四巻目も続けて
読みたいところですが、「0能者ミナト5」と吉田さんの新刊が
控えているので、しばらく松岡さんはお休みします。

人気ファッションショップで、ある日突然、売り上げが落ちてしまう。
いつも英語は赤点の女子高生が、東大入試レベルのヒアリング問題で
満点を取る。この奇妙な事象をともに陰で操っていたのは、かつて
ミリオンセラーを連発した有名音楽プロデューサー・西園寺響だった。
借金地獄に堕ちた彼は、音を利用した前代未聞の詐欺を繰り返していた。
凛田莉子は鑑定眼と機知の限りを尽くして西園寺に挑む。
書き下ろし「Qシリーズ」第3弾。(amazonより)

ところで、面白いからいつ読んでもいい作家。その存在はとても素晴
らしいです。本好きの何か読みたいけどこれと言って読みたいものはなく、
かと言ってつまらないのは読みたくない。そんな贅沢を叶えてくれる
素敵な存在なのです。今回はⅠとⅡが面白かったので、続けて読みましたが
今後は、他の作家の合間の箸休めに読ませていただきます。内容はと
言うと、またしても現実にありえそうな事件。売れなくなった音楽
プロデューサー西園寺響(私は小室哲也的なイメージで読んでいました)
が借金まみれを苦として、ファンを利用し無差別詐欺事件を起こす物語。
その手口はとても巧妙で、信仰心厚いファンを巧みに利用し、自分は
絶対に罪を着せられないというもの。昔の輝かしい栄光から没落した
人間が見せる、悪あがきの醜態が見事に描かれていました。松岡さんの
いいところは、西園寺響を本当の悪者にしないところ。彼は確かに
ひどいことをしたかもしれない。でも、彼は確かにかつて万人を熱狂
させた。ただ、時代が過ぎた、それだけなのだと。推理劇が見事なのは
勿論だが、一冊読み終わると、昭和が平成になり、新しかったものが
古くなる、時代が終わるという当たり前だが、壮大で大切なことを感じ
させてくれる本でした。いつかの栄光はそれぞれの心の中に。

★★★★☆*89

|

« 「夜明けの街で」 東野圭吾 | トップページ | 「0能者ミナト〈5〉」 葉山透 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/48500860

この記事へのトラックバック一覧です: 「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅲ」 松岡圭祐:

« 「夜明けの街で」 東野圭吾 | トップページ | 「0能者ミナト〈5〉」 葉山透 »