« 「人生がときめく片づけの魔法」 近藤麻理恵 | トップページ | 「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅱ」 松岡圭祐 »

2012年11月30日 (金)

「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅰ」 松岡圭祐

20121201_5

ミステリの内容はともかく、文章が上手すぎる。文脈が上手すぎる。
わたしがライターとして働いることにより得られた、「文章の新境地」を
いとも簡単に体現する巧の技を感じた本だった。松岡さんは、小説を書く
ために生まれてきたような人ですね。そう羨ましく思いました。

東京23区を侵食していく不気味な“力士シール”。誰が、何のために
貼ったのか?謎を追う若き週刊誌記者・小笠原は、猫のように鋭く
魅惑的な瞳を持つ美女と出会う。凛田莉子、23歳―一瞬時に万物の
真価・真贋・真相を見破る「万能鑑定士」だ。信じられないほどの
天然キャラで劣等生だった莉子は、いつどこで広範な専門知識と観察眼を
身につけたのか。稀代の頭脳派ヒロインが日本を変える!
書き下ろしシリーズ第1弾。(Amazonより)

初めに申しておくと、相当昔にわたしは「千里眼シリーズ」の1巻を
途中で挫折しています。そのため読書履歴には残っておらず、松岡さんの
文章を一体いつ初めて読んだのか皆目分かりません。とりあえず「千里眼」
を楽しめなかった人でも面白いと思った本、ということで書いておきます。
文章を生産(むしろ強制的に量産)する仕事に就いて思ったことですが、
今までわたしが書いてきた趣味の文章は、とても幼稚でありました。
そして、趣味で読む文章の読解力や構成力も、とても幼稚でありました。
そのことを最近読む小説の中でひしひしと感じます。いま、ようやく
文章職の片鱗を触れたのかもしれない、と。この「鑑定士Q」シリーズでは
その実感をいっそう得ることができました。なんといってもこの文章の
上手さ。いままでストーリーの面白さうんぬんで「千里眼」シリーズに
挫折していたのだとすれば、申し訳なさでいっぱいになる、この筆力。
これはもう小説家になるべくして生まれた人の文章だなあと、深く思ったの
でした。もちろん、初期作品がこんなに上手いはずがありませんから、
自分の好きな職業を突き詰めた暁の、頂、を見ているように思うのでした。
内容は、シリーズの始まりに相応しいキャッチーな推理劇。2巻構成ながら
飽きさせない知識力と、舌を巻く物語の吸引力、見事です。一番凄いのは、
このシリーズを予め12巻で終わらせる、と(おそらく)決めてから
書き始めていることです。構成力にも脱帽。これぞミステリー作家、なんで
しょうね。わたしもようやくミステリーの醍醐味に触れることが出来た
気がします。毎日の平坦を飽きさせない物語。何より勝る人生の糧です。
絶賛しすぎました。まるで書評みたいになりましたが、面白い事は確かです。

★★★★★*96

|

« 「人生がときめく片づけの魔法」 近藤麻理恵 | トップページ | 「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅱ」 松岡圭祐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/48049843

この記事へのトラックバック一覧です: 「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅰ」 松岡圭祐:

« 「人生がときめく片づけの魔法」 近藤麻理恵 | トップページ | 「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅱ」 松岡圭祐 »