« 「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅰ」 松岡圭祐 | トップページ | ■雑談:「神様はじめました」 鈴木ジュリエッタ »

2012年11月30日 (金)

「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅱ」 松岡圭祐

20121201_6

ⅠとⅡは続巻になっています。読み始める際は、2冊買ってから読み始め
ることをオススメします。するすると読み進んで、はらりと解決する、
ミステリの醍醐味を体現したような本でした。面白いか?それはさておき。

東京23区を侵食していく不気味な“力士シール”。誰が、何のために
貼ったのか?謎を追う若き週刊誌記者・小笠原は、猫のように鋭く
魅惑的な瞳を持つ美女と出会う。凛田莉子、23歳―一瞬時に万物の
真価・真贋・真相を見破る「万能鑑定士」だ。信じられないほどの
天然キャラで劣等生だった莉子は、いつどこで広範な専門知識と観察眼を
身につけたのか。稀代の頭脳派ヒロインが日本を変える!
書き下ろしシリーズ第1弾。(Amazonより)

Ⅰ巻の方では書評のようなべた褒めをしているので、こちらではいつも
通り毒舌でいきましょう。この本Ⅱで1話が完結。主人公と凛子の出会い
の話しであります。主人公は角川書店の雑誌「月刊角川」の編集者。
わたしも同じく編集者として、遠い目をして読んでしまいました。という
のも、編集者はこのような甘い仕事ではないからです。ミステリにうつつ
を抜かしているようでは、雑誌は出来上がりません。っていうか主人公
いつ記事書いてるんですか?という非現実さを、編集者としては感じたり
しました。ある意味、とても小説っぽい、しかし絵に書いたような編集者
です。でも現実は違うのですけどね……。ミステリの内容としては、
力士シールの犯人探し、と思いきや偽造一万円札製造の犯人探し。おまけに
日本没落の危機。こんなにも色々詰め込んでいるのに、パンクしないのは、
知識量がハンパじゃないからだと思います。どれもうそ臭くなく、真実味を
帯びている。編集者は実際もっと激しい職業であるにも関わらず、皆が
なっとくする「イメージ」を的確に描いているように、そのほかの出来事も
全て、的確に描いているキレの良さを感じました。一万円札が偽造されて
見分けがつかなくなってしまったら、実際のところどうなるんでしょうね?
日本のお札はホログラムとか優れているけど、もっと貧しい国ではただの
紙切れ同然のものが紙幣とされているけど、暴動は起こらない。実際どう
なるのか?意外に大丈夫なのか?そんな事分かりっこないし、本当に起き
たらこんなことにはならないような気がするのだが「なんかそうなりそう」
という真実味のある「イメージ」がさらりと頭に浮かび、納得してしまう
のでした。個人的には、力士シールがもうちょっと面白い展開を見せれば
良かったのに、なんて思ったのですが、(うちの近所にもたくさん貼って
あるので気になっていた)あっけなく終わり、でもまあ現実も「こんなも
んなんじゃないかな」なんて納得してしまい、これまた上手くまるめられた
ものだ、と思いました。ちなみに実際の力士シールの犯人は見つかってい
ないらしいですね。いいとこついてくるね。ミステリでも有意義な時間を。

★★★★★*96

|

« 「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅰ」 松岡圭祐 | トップページ | ■雑談:「神様はじめました」 鈴木ジュリエッタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/48050079

この記事へのトラックバック一覧です: 「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅱ」 松岡圭祐:

« 「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅰ」 松岡圭祐 | トップページ | ■雑談:「神様はじめました」 鈴木ジュリエッタ »