« 「9S ナインエス <1>」 葉山透 | トップページ | 「探し物は恋なんです」 白石まみ »

2012年10月31日 (水)

「ブラを捨て旅に出よう」 歩りえこ

20121201_2_2

あとから知ったことですが、書いている方はグラビアアイドル。
なるほど、写真もだいぶ「キレイ」に撮られていて、自分を美しく
写そうということに力を入れられた本でありました。でもそれって……。
しかしながら、旅行の楽しさを教えてくれる本です。一読の価値有り。

うら若き乙女が2年間をかけほぼ世界一周、5大陸90ヵ国を旅した。
かけた費用はたったの150万円という、想像を絶するチョー貧乏旅行。
襲われたり、盗まれたり、ストーカーされたり、危険だらけの旅のなかで、
著者が出会った人情と笑いとロマンスとは!?読むだけで元気が出る
型破り旅行記。文庫書下ろし。(Amazonより)

世界中の国を旅してみたい!……とまったく思わないわたしであります。
もちろん興味はあるし、行ってみたいという気持ちはあるのですが、
こうしてのんべんだらりと日本で暮らしていると、その一歩を踏み出す
力が衰えているような気分になります。それはどこの国にいても同じ事
を考える物なのだろうか?異国の情緒にふけるというか。なんというか。
この本を書かれている方は、日本を捨てずに、海外の国をつまみ食いして
いる印象が深かった本でした。斜に構えた言い方をすれば、少し海外を
馬鹿にしているような印象もありました。日本人は体臭がなくいい、
というような文章が出てくるのですが、そうした言葉の端々に、疑問を
少しばかり感じたりしました。確かに日本は衛生的で、発展している国
なのかもしれませんが、そしてそこで生まれ育ったわたしたちは、悪臭に
耐えかねるのかもしれませんが、それを卑下するような物言いは、あまり
よろしくないように感じました。なぜか、世界を感じ得ないからです。
日本から離れず、他の国を見て回る、というのはいい面もあれば、
絶対に他の国には染まらないという、微妙な意識の差があるように
感じるのでした。しかしながら、旅をしたくなる本でした。最近の若者の
女子が読んだら、なお一層共感を得られるのではないでしょうか。
まったく海外旅行にいく熱意をもっていなかったわたしが、韓国くらい
なら行ってみようかしら、なんて思いました。あとはいつかまあ
ブータンに行きたい。誰か連れて行ってくださいませ。

★★★★☆*84

|

« 「9S ナインエス <1>」 葉山透 | トップページ | 「探し物は恋なんです」 白石まみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/48048937

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブラを捨て旅に出よう」 歩りえこ:

« 「9S ナインエス <1>」 葉山透 | トップページ | 「探し物は恋なんです」 白石まみ »