« 9/15FoZZtone@赤坂BLITZ | トップページ | ■雑談:今年もあと3ヶ月を切りまして »

2012年9月16日 (日)

■雑談:いとも簡単に心を解きほぐす、瞬き

仕事が華僑である。
佳境とも言う。

出版の修羅場はもう2年目だが、
まだまだ慣れる事が出来ず、しかしそれでいて
「やり尽くした」感がありすでに転職したい。

まあ仕事を変えてもわたしは文章と離れられない、
と思うのだけれども。
やはり趣味の類を仕事にすべきではないのか。
いや、しかしわたしの趣味は読書、執筆、
なのであって、「原稿書き」いわゆる「ライター」ではないのだった。

「ライター」なんて、カッコイイ響きだが、
言われたことをただ書くだけである。
職業を非難するわけではないが、最近それが自分が求めて
いたことではなかった、と薄々気づいている。

ひとくくりに言えば「出版」それも「書き手」ではあるのだが。
贅沢の言いすぎだろうか。
よく分からない。

***

ところで今年のライブの本数を調べてみた。
気持ち悪い事になっている。

010 12.09.15 FoZZtone@赤坂BLITZ
009 12.07.28 FoZZtone@下北沢GARAGE
008 12.07.08 FoZZtone@福岡DRUM-SON
007 12.06.23 FoZZtone@宇都宮HEAVEN'S ROCK
006 12.06.17 FoZZtone@千葉LOOK(動画有り)
005 12.05.12 FoZZtone@新宿タワレコ(動画有り)
004 12.05.01 渡會将士@下北沢GARAGE
003 12.04.25 FoZZtone@京都たくたく
002 12.04.22 FoZZtone@大阪タワレコ
001 12.04.06 FoZZtone@横浜F.A.D

わたしは大きな箱や野外ライブでバンドを観るのが
あまり好きではない(むしろ嫌いに近い)のだが、
バンドマン側からすれば、大きければ大きいほど
「売れている」証拠であり、多ければ多いほど嬉しいのかも知れない。

かといって、わたしも観ているバンドがいつかもっと売れたらいいのに、
と思っているのだから、おかしいものだ。

要するに、「売れたらいいのに」の裏側には、
「そこにわたしはいないかもしれないけど」ということなのだと思う。


今日はキャノンに、落ちている気持ちを救ってもらった。
ふと何気なく、あるいは見落としそうにさり気なく、
でも確実に、あっけなく、凝り固まっていたわたしの心を解いた。

それがどの曲のときに起きたのか、よく覚えていない。
音楽は関係ないのだろう。

まるで真空の中で合図をするように、ただそこに2人がいるだけで、
それはすべてが済んでしまう。
ただ重要なときに、傍に居る事。

それがどれだけ大事なのか感じたのだった。

今日は誰よりもキャノンがわたしの心の傍にやって来た。
それは確かな事である。

どうもありがとう。

|

« 9/15FoZZtone@赤坂BLITZ | トップページ | ■雑談:今年もあと3ヶ月を切りまして »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/47089235

この記事へのトラックバック一覧です: ■雑談:いとも簡単に心を解きほぐす、瞬き:

« 9/15FoZZtone@赤坂BLITZ | トップページ | ■雑談:今年もあと3ヶ月を切りまして »