« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月23日 (水)

■雑談:ものの価値

そういえば、OMA2は買っていない。

買う気が急激に失せたからである。

事の発端は(とわたしが勝手に思っているだけだが)、
ツアーの福岡の終演時間を某氏に尋ねた事である。

ツアー日程を見ていたら、そのへんしか観にいける予定が立たず、
その上編集期間でばたばたしていたので、「あ、そういえば福岡」
と突然原稿を書いているときに思い出し、
「終演時間を教えていただくことは可能ですか」
というような質問をわたしがしたのだった。

それに対する某氏の答えは、「僕に聞かないでください」だった。

質問を送った後、
まあはっきりとは教えてくれないでしょうねいつものことだ、
と考えていたが、それの返事がまさか「僕に聞かないでください」
であるとは思いもよらなかった。
ひどく落胆し、空虚な気分になった。

その後編集期間で原稿を書きまくりながら、
「僕に聞かないでください」という言葉がひっかかり続けた。
そして、いらいらし始めた。

なぜ返信の内容が「オフィシャルに聞いてください」ではなかったのか。

もしもわたしではない初めて観るような人が尋ねたのだったら、
こんな返事が来るはずがないと気づいてしまったのだ。
初めての人は、某氏がスケジュールに疎く、本人に聞いたところで、
返答がないことなど知る由もない。

ということはその言葉の裏側は、
オフィシャルに聞かないわたしの配慮のなさを責めた、ということになる。
っていうか、
そういう答えにくくて一番俺が把握してないようなこと聞くなである。

馴れ合いである。

わたしは某氏が作り出す曲を観ているのであり、
某氏を観ているのではない。

演出する方はする方で、ファンはファンである。
ただ一つそのファンの中に階級をつけることに、
わたしは昔から酷く腹を立てる傾向がある。
ファンは一人残らずすべからくファンであり、均一な対応をすべきだ。

そしていま酷く腹を立てているので、CDを買っていない。
あんなに忙しい時に、あんなに時間を注いで、あんなに愛でていた音楽を。
そして4、5年くらいの愛情をも、ここ一週間くらいで落とした気がする。

まあファンも増えたし、一人くらいいなくても大丈夫でしょう。
すべからく注がれなかった愛情の仕返しである。

この調子でツアーを観に行くのか不明である。
こうして、ここで文句を書きなぐっているだけ、
まだ観たいという気力があるのかもしれないと思う。

先月5ヶ月ぶりに観た「ライブ」は、このバンドだった。
5ヶ月前に最後に観た「ライブ」も、このバンドだった。

もう観ないだろうと思っていたライブを先月観ようと思ったのは、
その一週間前に、友人に「ライブがある、それを自分は観に行く
だから一緒に行かないか」と誘われたからだ。
(それまでは各バンドのホームページすら見ていなかったし、その時は断った)
しかし、後日ふと思い出して、よくよくホームページを見てみたら、
その日は偶然にもその当日であり、偶然にも某氏の誕生日であった。

仕事も手が空いていたのでたまたま、行ってみようかな、と誘惑の念が生まれ
その日の午後7時にライブハウスに電話をかけた。
「いまから一時間かかるんですが、そのバンドに間に合いますか」と。

わたしはその日に、だから、
まさか誰かが亡くなったなどという方々からの情報も一切なく、
すこやかな気分でライブを観終えたのだった。

あの日はとてもよいライブでした。

だからまた次も観たいと、思ってしまった。
そしていまその吸引力は誰かを亡くした悲しみがわたしを呼び寄せただけ
であって、その必要性は一瞬にしてもう、なくなったのではないか、と疑う。

そもそも、わたしが好きな理由であり、
そもそも、求めていたのは「女を疎ましく思う歌詞」である。
愛、などではない。
それが嫌いというわけではなく。そもそもの話だ。

しかしながら、あの日はとてもよいライブでした。
すべからく、平等で。

そこに背景の一部としてわたしがいることを許されていました。

と、まったく知らない人には、まったく分からない事を、
こんなに長く書いてしまった。校了したし今度は本の感想にしよう。

さっそくさっき『聞く力』阿川佐和子著を読み終わった。
阿川さんすんげぇ。
いや本当に。
いっき読み。
記者でよかった。
ガハハ。
明日エッセイ買おうっと。

ものの価値はそういうものだ。

いつも来てくださり、どうもありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

■雑談:おすそわけ

Dcim0091_2

田舎では「お裾分け」が日常である。

先日、実家ではお隣さんから筍を貰っていた。
なんともまあ鍋に入りきらないほどの「おしげもない」量である。
ともすると、「お裾分け」とは、「惜しまないもの」とも言えるだろうか。
(むしろ自分自身に不必要だからではないかとも思わなくもない)

また、筍はわたしの大好物であるから、にやにや満足したものの、
筍が苦手な人も必ずやいるはずである。
相手が好きか嫌いか分からないけれどもしかしたら喜ぶかもしれないので
とりあえずあげてみる、というのが「お裾分け」の醍醐味のようだ。
そもそも田舎ではお節介ものが多いのである。

ところで、こうした山のものや川のものは、
その土地を所有している人が、「作りすぎちゃったからあげるわ」的な
「お裾分け」が多いようだが、それには必ず「お返し」が必要である。

うちの実家には畑はない。
そのため母はフラワーアレンジメントで作ったブーケやらを、
ご近所の方々へのお返しにあげているようである。

よっぽどたちが悪い。

屋敷内が純和風なお宅に、ウェディングパーティーに飾るような
フラワーアレンジブーケを他人に飾られるほど、はた迷惑なことはない。

しかし、どうも母のブーケ欲しさに「お裾分け」してくれる人もいるようだ。

最近、奇人と変人と凡人について考えている。

いつも来てくださり、どうもありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

■雑談:グレープフルーツは掬う派ですか、むしる派ですか?

Dcim0093_2 

ゴールデンウィークには、実家に帰っていたのですが、
なぜか我が家の夕飯にはグレープフルーツがほぼ欠かさず登場します。

特に先日帰省した際には、両親の「グレープフルーツブーム」と呼ばれる、
よく分からないブームの真っ只中だったので、
別にわたしは食べたいなどと一言も言っていないというのに、
「まさか食べるよね。ね、ね、もちろん食べるよね」
という感じで、夕飯もそこそこにグレープフルーツを差し出されるのでした。

その上、両親の間では「グレープフルーツの食べ方」にもこだわりがあり、
困ったことに2人の間では、お互いに食べ方を敵視し合っているのでした。

「私、絶対掬(すく)う派!」
「僕はむしる方だな」
「いや、掬う方が美味しいわよ」
「いや、むしった方が果肉を感じられる」
「いや、掬った方が最後の汁を掬ったとき美味しいのよ」
「いや、むしった方が汁も余さず食べられる」
「いや、掬った方が!」
「いや、むしった方が!」

……。

っていうか、どっちでもいいよ。
そもそもグレープフルーツ自体毎日はいらないよ。

な、ゴールデンウィークでした。
編集期間も佳境(華僑)を向かえ、
そんな平和なゴールデンウォークが懐かしくもあり。

編集期間は、デザイナーと入稿合戦が続き、
戦争、休戦、戦争、休戦を繰り返します。
いまはほんの数時間、嵐の前の静けさ。
そろそろ色校日に突入します。

いつも来てくださり、どうもありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

5/12FoZZtone@新宿タワレコ動画

こちらでも宣伝しておきましょう。
皆さまぜひライブハウスへ。

5/12FoZZtone@新宿タワレコ動画

■セットリスト

レインメーカー
TOUGH!!!
Tomorrow Never Knows
GAME
blow by blow
LOVE

2012年5月12日に新宿タワーレコードで行われた
FoZZtoneインストアライブ『LOVE』の動画です。
※許可を得て撮影しています

http://www.fozztone.com/

REC OK! TOUR決定!

FoZZtoneの出演時のみ録音・録画OKの対バンツアー。
出演バンドやツアーの詳細は順次オフィシャルHPにアップされます。
要チェック!

6/17(日)千葉LOOK
6/18(月)F.A.D YOKOHAMA
6/22(金)水戸LIGHT HOUSE
6/23(土)HEAVEN’S ROCK Utsunomiya VJ-2
6/28(木)高崎club FLEEZ
6/29(金)新潟CLUB RIVERST
7/4(水)池下CLUB UPSET
7/6(金)心斎橋DROP
7/8(日)福岡DRUM SON
7/18(水)福島アウトライン
7/19(木)仙台LIVE HOUSE enn 2nd

これ観てたみんなでやったらすごい宣伝効果だね。笑
ご本人たちも、インターネットのすごさが分かるだろう。

さてどこのライブを観に行けるやら。
時間があったら全部行くんだけどなあ、無理。
でもそれくらいいいライブしているよ、今。

古株ファンさん今が見ごろですよ。
ぜひライブハウスへ。
そして、その腰布なんですか、って聞いてあげてください。
わたしもまだ怖ろしくて、聞けていません。

本の感想もぼちぼち書きましょうかね。
たくさん、読んではいるのですが。

いつも来てくださり、どうもありがとうございます。

グッドナイト世界!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »