« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月26日 (月)

「PK」 伊坂幸太郎

20120326
伊坂さんの本実に2年以上ぶりだと思われる。何とも不義理をした
ものですね。しかし『SOSの猿』くらいからとても読む気分になれ
なくて、どうも歪んだ感想ばかり生まれるので、ならばいっそ読まない
ほうがいいのではないか、時期が。と思い、その時期が今のようだった。

その決断が未来を変える。連鎖して、三つの世界を変動させる。
こだわりとたくらみに満ちた三中篇を貫く、伊坂幸太郎が
見ている未来とは―。未来三部作。(Amazonより)

数年前から色濃く感じ始めたのが、「政治」の色。わたし個人は、
伊坂さんに政治的なことを書いてほしくないのだが、どうにも、
政治がないと物語が組みあがらないような密接な風景を用意されていて、
これでは政治について読めと言われているのか、「伊坂幸太郎」について
読めと言われているのか、良く分からないじゃないか、というのが
第一感想だった。なぜ政治的なことを書いてほしくないのかという
部分については、もちろん「もっと気軽な小説を読みたいから」なんて
意見もないこともないのだけども、そうではなくて、根本的な部分で、
いまの政治が大変つまらないものであるから、という局地に尽きる。
例えば学生運動の盛んだった時代の小説などは、ただそれだけで面白い
のだけれど、いまは「がくせいうんどう?」と首を傾げる学生ばかりの
腑抜けな学生ばかりしか存在しないし、そもそも運動をしようという
気力がないのである。というような分かりきった部分で、なんとなしに
絡められる政治につていの話は、なんだか、「で、だからなんなの?」
というどうしようもないやりきれなさみたいなものがわたしの中に
(勝手に)生まれて、だから、書くならもっともっと政治を攻め立てる
ように書いてくれ、でないと、報道が、政治が、ただ、腐っていく
ばかりであると思うのだった。しかし、この軽快な物語で、少しでも
政治に興味を失っている学生と思しき人たちが、政治というなんらかに
触れて、何かを感じてくれるなら、それに意味があるようにも思う。
それを担っているのだから、頑張ってくれと、こんなに素晴らしい
物語を読んでもまだ、「まだまだいける」と攻め立ててしまうのだろう。

★★★☆☆*86

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

「ふじこさん」 大島真寿美

久しぶりに大島さんを読んだ。単に文庫コーナーに並んでいたので、
たまたま手に取ったのだけれども、やっぱり輝きが違うなあと思った。
いつしか角田光代のような存在になってくれるだろう、なんて期待を
存分に持ちながら、次回作を楽しみにしている。わたしのための、宝物。

離婚寸前の両親の間で自分がモノのように取り合いされることに
うんざりしている小学生のリサ。別居中の父が住むマンションの
最上階から下をのぞき、子供の自殺について考えをめぐらせる
ことがもっぱらの趣味。ある日きまぐれに父の部屋を訪れると
見覚えのない若い女の人が出迎えてくれて…。ほか二編。
(Amazonより)

一番最初に読んだ大島さんの本はなんだったか。「ほどけるとける」
だったか、「戦友の恋」だったか。この本を読んで改めて感じたことだが、
大島さんの本は、「欠けた」ものしか登場しない。そしてその欠けた
ものを気づかないように努める姿をとてもうまく描く作家である。
今回3編入った中の「ふじこさん」はとくにそれを上手く捉えていて、
なぜだか分からない心惹かれたものが、後になって自分の宝物であった
と気づく話だ。渦中にいる、ぐちゃぐちゃした感情に飲まれて、
本当に救われている部分に気づけないでいる。しかし、気づけないで
いたと分かることすらも、「いつしか浮上してきた私」というところに
立たないと実感を得ることができないという。でも、本当にそうなのか、
というと、それは自分の中の問題なのであって、その「渦中」が過ぎ
去るのは、今日かもしれなく、明日かもしれなく、そして、主人公の
ように椅子が届いたときであるかもしれないのだ。もう過ぎ去った
ときに、そこにその人がいなかったら、いまの自分が保てないような
不安と有り難さを感じるそれこそが宝物といえる代物なのだ。
と教えてもらった本だった。死にたがり。一度くらいは、水中を浮上し
水面に顔を上げるみたいに「やったー」と健やかな喜びを人生で
感じてみたいものである。

★★★★☆*90

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

「孤独」 北野武

と言うわけで、久しぶりの感想を書きます。その感想がなぜ北野武
なのか、というのかというのもアレですが、特に意味はありません。
ソフトバンク文庫というのを初めて読んだのですが、なんだか安っ
ぽさが満点で、これでいいのか?と首を傾げた読了でした。

ビレバンで適当に手にとった本だったので、シリーズもののしかも
真ん中の本だったとはつゆしらず、読み終わる頃にうっかり気づく
次第。実は年末の鶴瓶が武に話しておきたいごろっこのこと、を見て
以来なんだかもっと真面目に北野武を知っておかないとダメだなあ
と思っていた。誰もが知っている北野武だが、この本に書かれた
本音は読んでよかったと思える価値のあるものだった。ただ一人の
人間の話ただそれだけなのに、価値あるものと思えるのはなぜだろう。
そう言えば各章の文末に「。」がない部分が確実に二ヶ所以上あったが、
あれは校正ミスなんじゃなかろうか?などと考えていたら、文章全体
も句読点を忘れるくらいお粗末な本なんではないかなどと疑問が残る
のだった。本人がとてもいいことを言っても、書いている人間が能力
が低いと、せっかくの話が台無しである。本文でないところで煮え
切らない気分なった。いま北野武は65歳で、解説では65で死ぬなんて
書いてあるものだからドキリとした。しかし、不思議なもので、
この本が書かれた55歳の時点での北野武に、わたしはまったく興味がない。
いまのわたしのこの興味は、この10年で培われた彼の魅力だと思う。

★★★★☆*87

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

■雑談:もうすぐ春ですね

あれよあれよという間に3月。
皆さんお元気ですか。
そろそろ桜が咲きます。

そしてそして、
まったく更新してなさに、自分でもがっかりですよ。

最近ようやくスマートフォンに替えたため、
よしこれでたくさん更新するようになるはず、
何て意気込んでもみたんですが、これの打ちづらいこと。
自分現代人じゃない、とただ再認識しただけとなりました。

今後のわたしの指さばきに期待ってことで。

近頃、落語をよく見ます。
いきる時代を間違えた、としみじみ思います。

いつも来てくださりどうもありがとうございます。
次回はいつになることやら、。

指さばきに期待(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »