« 「平成猿蟹合戦図」 吉田修一 | トップページ | ■雑談:明けてます、今年もよろしくお願いします »

2011年11月25日 (金)

「キノの旅 Ⅷ」 時雨沢恵一

51wb7xaz15l_sx230_

感想書く機会を逸したままさささーっと時間が流れる日々を送っており
ますが、いつの間にか読んだ(と記憶している)本は、600冊を超えました。
早いもので。いや、そうでもないか。もっとたくさん本を読んでいるような
気がするのに、そうでもないのは、仕事で活字だらけの生活をしているからか。

「あー…」運転手が口を開いた。力のない声だった。「何さ?キノ」
モトラドが聞いた。キノと呼ばれた運転手は、ポツリと「お腹すいたな」
「だったら、止まって休む!空腹で倒れられたら―」モトラドの訴えを
「はいはい。何回も聞いたよ、エルメス」キノは流す。エルメスと
呼ばれたモトラドは「分かっててやってるんだから」呆れ声で答えた。
「そもそも、あの国が滅んでいたのがいけない」カーブを抜けながら、
キノが言った。
(Amazonより)

いままでこのブログのアフィリエイトという機能を使って、書籍の画像を
載せていたのですが、なんでもその機能のサービスが終了したそうで、
「ちょっと聞いてないんですけど」っていう気分で感想を書いております。
久しぶりにいっき読みしたキノの旅でした。なんでこうステレオタイプの
話が面白いなーって思うときがあるんでしょうね。連続で読み続けると
あまり面白くないないのはとてもよく知っているのですけれども、今回は、
キノとシズの対戦などがあったこともあり、テンション高々に読み終えま
した。しかしながら、1巻を読んだときと比べると、随分オタク寄りな
小説になってしまったなぁという気もしなくもありませんでした。そもそも
メディアワークスから出しているのですから、オタクではないと言い張る
方が間違っているような気もするのですけれども、だんだんとその領域が
突破されて「オタクですが何か?」みたいな強い口調に変わって来ている
みたいな、変化を感じたりしました。どうでもよい意見ですが、個人的に
シズや師匠だけの話になると、テンションが下がります。なぜだかわから
ないのですけれども、たぶん「キノの旅」というキノとエルメスが好き
すぎるので、それ以外の人物のオフエピソードは別にいらんわ、とそんな
気で読んでしまっている気がするのでした。なので、今回も途中までは
「ああまたシズ様」だわ、なんてテンションが落ち気味だったのですけど、
キノが登場したので「おおおーついに再会!」と意気揚々とページをめくった
のでした。あぁまさかそれをねらって時雨沢さんは書いているのかしら。
なんて思わなくもなく。ぐだぐだな感想。ぐだぐだ、しかしプツリと毎度
3日で終わる旅は清々しい。3日で何かやめ、次へ移行するということ
を一度でいいからやってみたいな、と月刊誌を作りながら考えていたりします。

★★★★★*88

|

« 「平成猿蟹合戦図」 吉田修一 | トップページ | ■雑談:明けてます、今年もよろしくお願いします »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/43344595

この記事へのトラックバック一覧です: 「キノの旅 Ⅷ」 時雨沢恵一:

« 「平成猿蟹合戦図」 吉田修一 | トップページ | ■雑談:明けてます、今年もよろしくお願いします »