« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年11月

2011年11月25日 (金)

「キノの旅 Ⅷ」 時雨沢恵一

51wb7xaz15l_sx230_

感想書く機会を逸したままさささーっと時間が流れる日々を送っており
ますが、いつの間にか読んだ(と記憶している)本は、600冊を超えました。
早いもので。いや、そうでもないか。もっとたくさん本を読んでいるような
気がするのに、そうでもないのは、仕事で活字だらけの生活をしているからか。

「あー…」運転手が口を開いた。力のない声だった。「何さ?キノ」
モトラドが聞いた。キノと呼ばれた運転手は、ポツリと「お腹すいたな」
「だったら、止まって休む!空腹で倒れられたら―」モトラドの訴えを
「はいはい。何回も聞いたよ、エルメス」キノは流す。エルメスと
呼ばれたモトラドは「分かっててやってるんだから」呆れ声で答えた。
「そもそも、あの国が滅んでいたのがいけない」カーブを抜けながら、
キノが言った。
(Amazonより)

いままでこのブログのアフィリエイトという機能を使って、書籍の画像を
載せていたのですが、なんでもその機能のサービスが終了したそうで、
「ちょっと聞いてないんですけど」っていう気分で感想を書いております。
久しぶりにいっき読みしたキノの旅でした。なんでこうステレオタイプの
話が面白いなーって思うときがあるんでしょうね。連続で読み続けると
あまり面白くないないのはとてもよく知っているのですけれども、今回は、
キノとシズの対戦などがあったこともあり、テンション高々に読み終えま
した。しかしながら、1巻を読んだときと比べると、随分オタク寄りな
小説になってしまったなぁという気もしなくもありませんでした。そもそも
メディアワークスから出しているのですから、オタクではないと言い張る
方が間違っているような気もするのですけれども、だんだんとその領域が
突破されて「オタクですが何か?」みたいな強い口調に変わって来ている
みたいな、変化を感じたりしました。どうでもよい意見ですが、個人的に
シズや師匠だけの話になると、テンションが下がります。なぜだかわから
ないのですけれども、たぶん「キノの旅」というキノとエルメスが好き
すぎるので、それ以外の人物のオフエピソードは別にいらんわ、とそんな
気で読んでしまっている気がするのでした。なので、今回も途中までは
「ああまたシズ様」だわ、なんてテンションが落ち気味だったのですけど、
キノが登場したので「おおおーついに再会!」と意気揚々とページをめくった
のでした。あぁまさかそれをねらって時雨沢さんは書いているのかしら。
なんて思わなくもなく。ぐだぐだな感想。ぐだぐだ、しかしプツリと毎度
3日で終わる旅は清々しい。3日で何かやめ、次へ移行するということ
を一度でいいからやってみたいな、と月刊誌を作りながら考えていたりします。

★★★★★*88

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

「平成猿蟹合戦図」 吉田修一

平成猿蟹合戦図 平成猿蟹合戦図

著者:吉田修一
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する


吉田さんやっと新刊出した!と思ったらなんですかこの本は……と絶句
した本でした。新聞に連載されていたようですが、これを毎日読む気力は
なかなか起きないだろうな、と思ったりしました。うーん吉田さんは
何を書きたかったのだろうか?『長崎乱楽坂』並によく理解できない本。

歌舞伎町で働くバーテンダーが、ニッポンの未来を変えていく!? 
新宿で起きた轢き逃げ事件。平凡な暮らしを踏みにじった者たちへの
復讐が、すべての始まりだった。長崎から上京した子連れのホステス、
事件現場を目撃するバーテン、冴えないホスト、政治家の秘書を志す女、
世界的なチェロ奏者、韓国クラブのママ、無実の罪をかぶる元教員の娘、
秋田県大館に一人住む老婆……一人ひとりの力は弱くても心優しき8人の
主人公たちが、少しの勇気と信じる力で、この国の将来を決める
“戦い”に挑んでゆく! 思いもよらぬ結末と共に爽快な読後感が
やってくる、著者の新たな代表作。
(Amazonより)

始めに言っておこう、この本は「著者の新たな代表作」、ではない。
50ページくらいから既に嫌な予感がしていたのだが、行きつく先の
見えない話は行き着く先が見えないまま終わった。一体何が書きたかった
のか正直に謎だらけの本である。恐喝していながらもいつの間にか
逃げ腰になる気弱な青年とホステスの色恋?が書きたかったのか、
はたまたチェロ演奏者との事件性を強く書きたかったのか。どの要素も
中途半端で、ぐちゃぐちゃした様子。九州出身の登場人物が色濃く
描かれる中、東北地方出身の登場人物が途中からプッシュ、東北話が
進められ、この部分でも一貫性のないまとまりのなさが強調されていたよう
に思う。そもそもの話、童話「猿蟹合戦」がどんな話だったのか、
すっかり忘れていたので(いまも読み返していないのでいまいち思い出せず)
そんななか読んでいたからか、どこがどう猿で、どこがどう蟹なのか、
という根本的な部分でも楽しめていなかった。こんなタイトルにしたのだ
から、合間で原文の解説でも入れたらよかったのでは……と思わなくもない
曖昧な解釈で進められるストーリーは、やっぱり内容も曖昧になってしまって
いて、残念だった。本当に、吉田さんは何が書きたかったのだろうか?
その部分を理解できない自分が大変残念でもある。でもとても面白くなかった。
ところで、文中で主人公たちの「こころのつぶやき」みたいなものがあって、
それがとても微妙でもあった。方言で話される心の呟きが、その人物の
個性を伝えてくれる半面、「ツイッター」のような、あるいはリアルタイムの
対戦ゲームのふきだし、を読んでいるこそばゆさのような雰囲気もあり、
小説、として本当にそうした書き方が適当か、と問われた時に、
現代風にアレンジした少し虚しい心情表現法のようにも思え、どうも好きに
なれなかった。ってずたぼろに書いてしまった、ごめんなさい吉田さん。
次回作品に大いに期待しております。

★★☆☆☆*65

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

11/5FoZZtone@鶯谷東京キネマ倶楽部『組曲 白鯨』

201111061252000_2

11/5FoZZtone@鶯谷東京キネマ倶楽部『組曲 白鯨』

■セットリスト(?)
※とりあえずパンフに書いてある曲とアンコール

 Ishmael said
 明くる朝
 Hey!Mr.Backpacker!
 オシュグッド
 Rainbow man
 ターミナル
 Heartbreak Hotel
 missing mass
 Strike the sun~fanfare
 tempestoso~coda

ED

 新曲(そして10月君は泣いた、バースデー?)
 I play the guitar

ED2

 BRUTUS(Et tu, Brute!)
 in the sky
 School

※その他本編の合間にやったと思われる曲

 MorroW
 ロードストーン
 白鯨

? まだあるかもなぁ。
演出が圧巻すぎて、忘れてしまった。笑
やられた、やられた。
いいライブやりやがってこの野郎、な1時間40分だった。

入場が一番最後だったので、後ろで観ようと思っていたけども
右側が空いていたので、うっかり渡會前で観覧。

ちなみに皆さんスーツで登場。
安高さんは最初からメンバー入り。
曲の合間はすべて暗転し、時計の秒針が刻まれる音が流された。

前半のほうはほとんどの曲がアレンジされていて、
いったいどの曲がどう繋がってどの曲が始まっているのか
よく分からない感じになっていた。
というのも、ライブのタイトルが『組曲 白鯨』なので、
それをすべて1つの「曲」?というか「ショー」ステージのように
組み立てようと考えていたみたいで、
とにかく「見せる(魅せる)」ことに徹底したライブだった。
そういえば渡會さんがやたらアコースティックに持ち替えていたな。
演奏は「Hey!Mr.Backpacker!」「オシュグッド」あたりが最高点だった。

MC一切なし。黙々と、また坦々と、しかし怖ろしいほどの気合で、
奏でられる曲たちは、いままでにないほど迫力をもって
フロアに響いてきて、ただそれを見つめているしかできないような、
張り詰めた空気に満ちていた。

渡會さんは、フロアと2階席の間の、よく分からない空間の一点を
じっと凝視したまま歌っていて、いまできる精一杯を絞り出している
終始そんな表情だった。

まるでPVを観ているような、閉鎖的なショーを観ているような、
大きく言ったら映画に撮られたバンド演奏を眺めているような
そんな気分だった。

アンコールで入場しようやくMCを喋る皆の表情が
とても不安げで笑ってしまった。「どうだった?」と尋ねられているようで。
普通のツアーファイナルなんてどうにだってできたのに、
そんなにびくびくしながらも、この閉鎖的で上質で一方的なショーを、
新しい試みを、皆に見せてみたかったんだな、と考えたら、
彼らの挑戦心に改めて敬意を表したくなった。

後半はいつも通りのステージで、「お前ら楽しんでるかー!」なFoZZtone。
そのギャップがまた、さっきはすごい気合で作られた演出だったという
ことを感じさせられた。

やってくれますね、まったく。

「楽しかった」ではなく、「すごいものを観た」それが感想。
間違いなく初めて観た4年前からいままでで、
一番「すごい」FoZZtoneのライブだった。

今日が3回あったら、右側と左側と2階席と3カ所で観るんだけどなぁ、
なんてそんな気分にさせてくれて、ありがとう。
久しぶりに満足を超えた「すごいものを観た」気分でした。

お疲れさま。
ありがとう。
引き続き過剰に期待しています。
頼みますよ。


■↓今年の通算ライブ

013 11.11.05 FoZZtone@鶯谷東京キネマ倶楽部『組曲 白鯨』
012 11.11.02 FoZZtone@恵比寿LQUIT LOOM
011 11.10.22 FoZZtone@HEAVEN'S ROCK宇都宮
010 11.10.06 とみー@渋谷屋根裏
009 11.09.18 the HANGOVERS@下北沢GARAGE
008 11.09.11 つばきフレンズ、渡會将士、ウラニーノ@下北沢CLUB Que
007 11.07.18 FoZZtone@下北沢CLUB Que
006 11.07.13 a flood of circle@渋谷QUATTRO
005 11.06.04 the HANGOVERS@新宿レッドクロス
004 11.05.27 FoZZtone、a flood of circle@新宿LOFT
003 11.04.24 FoZZtone@赤坂BLITZ『Lodestone Tour 3 "to the NEW WORLD"』
002 11.04.06 a flood of circle@渋谷O-EAST『単独極東上陸作戦決行日』
001 11.01.13 FoZZtone@下北沢CLUB Que


去年は93本だったので9分の1です。
あらら、そして半分以上FoZZだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »