« 「看守眼」 横山秀夫 | トップページ | 「平成猿蟹合戦図」 吉田修一 »

2011年11月 5日 (土)

11/5FoZZtone@鶯谷東京キネマ倶楽部『組曲 白鯨』

201111061252000_2

11/5FoZZtone@鶯谷東京キネマ倶楽部『組曲 白鯨』

■セットリスト(?)
※とりあえずパンフに書いてある曲とアンコール

 Ishmael said
 明くる朝
 Hey!Mr.Backpacker!
 オシュグッド
 Rainbow man
 ターミナル
 Heartbreak Hotel
 missing mass
 Strike the sun~fanfare
 tempestoso~coda

ED

 新曲(そして10月君は泣いた、バースデー?)
 I play the guitar

ED2

 BRUTUS(Et tu, Brute!)
 in the sky
 School

※その他本編の合間にやったと思われる曲

 MorroW
 ロードストーン
 白鯨

? まだあるかもなぁ。
演出が圧巻すぎて、忘れてしまった。笑
やられた、やられた。
いいライブやりやがってこの野郎、な1時間40分だった。

入場が一番最後だったので、後ろで観ようと思っていたけども
右側が空いていたので、うっかり渡會前で観覧。

ちなみに皆さんスーツで登場。
安高さんは最初からメンバー入り。
曲の合間はすべて暗転し、時計の秒針が刻まれる音が流された。

前半のほうはほとんどの曲がアレンジされていて、
いったいどの曲がどう繋がってどの曲が始まっているのか
よく分からない感じになっていた。
というのも、ライブのタイトルが『組曲 白鯨』なので、
それをすべて1つの「曲」?というか「ショー」ステージのように
組み立てようと考えていたみたいで、
とにかく「見せる(魅せる)」ことに徹底したライブだった。
そういえば渡會さんがやたらアコースティックに持ち替えていたな。
演奏は「Hey!Mr.Backpacker!」「オシュグッド」あたりが最高点だった。

MC一切なし。黙々と、また坦々と、しかし怖ろしいほどの気合で、
奏でられる曲たちは、いままでにないほど迫力をもって
フロアに響いてきて、ただそれを見つめているしかできないような、
張り詰めた空気に満ちていた。

渡會さんは、フロアと2階席の間の、よく分からない空間の一点を
じっと凝視したまま歌っていて、いまできる精一杯を絞り出している
終始そんな表情だった。

まるでPVを観ているような、閉鎖的なショーを観ているような、
大きく言ったら映画に撮られたバンド演奏を眺めているような
そんな気分だった。

アンコールで入場しようやくMCを喋る皆の表情が
とても不安げで笑ってしまった。「どうだった?」と尋ねられているようで。
普通のツアーファイナルなんてどうにだってできたのに、
そんなにびくびくしながらも、この閉鎖的で上質で一方的なショーを、
新しい試みを、皆に見せてみたかったんだな、と考えたら、
彼らの挑戦心に改めて敬意を表したくなった。

後半はいつも通りのステージで、「お前ら楽しんでるかー!」なFoZZtone。
そのギャップがまた、さっきはすごい気合で作られた演出だったという
ことを感じさせられた。

やってくれますね、まったく。

「楽しかった」ではなく、「すごいものを観た」それが感想。
間違いなく初めて観た4年前からいままでで、
一番「すごい」FoZZtoneのライブだった。

今日が3回あったら、右側と左側と2階席と3カ所で観るんだけどなぁ、
なんてそんな気分にさせてくれて、ありがとう。
久しぶりに満足を超えた「すごいものを観た」気分でした。

お疲れさま。
ありがとう。
引き続き過剰に期待しています。
頼みますよ。


■↓今年の通算ライブ

013 11.11.05 FoZZtone@鶯谷東京キネマ倶楽部『組曲 白鯨』
012 11.11.02 FoZZtone@恵比寿LQUIT LOOM
011 11.10.22 FoZZtone@HEAVEN'S ROCK宇都宮
010 11.10.06 とみー@渋谷屋根裏
009 11.09.18 the HANGOVERS@下北沢GARAGE
008 11.09.11 つばきフレンズ、渡會将士、ウラニーノ@下北沢CLUB Que
007 11.07.18 FoZZtone@下北沢CLUB Que
006 11.07.13 a flood of circle@渋谷QUATTRO
005 11.06.04 the HANGOVERS@新宿レッドクロス
004 11.05.27 FoZZtone、a flood of circle@新宿LOFT
003 11.04.24 FoZZtone@赤坂BLITZ『Lodestone Tour 3 "to the NEW WORLD"』
002 11.04.06 a flood of circle@渋谷O-EAST『単独極東上陸作戦決行日』
001 11.01.13 FoZZtone@下北沢CLUB Que


去年は93本だったので9分の1です。
あらら、そして半分以上FoZZだ。

|

« 「看守眼」 横山秀夫 | トップページ | 「平成猿蟹合戦図」 吉田修一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/42889612

この記事へのトラックバック一覧です: 11/5FoZZtone@鶯谷東京キネマ倶楽部『組曲 白鯨』:

« 「看守眼」 横山秀夫 | トップページ | 「平成猿蟹合戦図」 吉田修一 »