« ■雑談:明日は来るのか | トップページ | 11/5FoZZtone@鶯谷東京キネマ倶楽部『組曲 白鯨』 »

2011年10月31日 (月)

「看守眼」 横山秀夫

看守眼 (新潮文庫) 看守眼 (新潮文庫)

著者:横山 秀夫
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


どうもどうも、ご無沙汰しておりました。この感想を書いているのは、
11/27ですけれども、しれっと日付を遡り更新したいと思います。
久しぶりに読んだ横山さん。最近全体的に読書スピードが落ちたので、
何となく読む本を前よりも選んでしまうようになりました。

刑事になるという夢破れ、留置管理係として職業人生を閉じようとして
いる、近藤。彼が証拠不十分で釈放された男を追う理由とは。
自叙伝執筆を請け負ったライター。家裁調停委員を務める主婦。
県警ホームページを管理する警部。地方紙整理部に身を置く元記者。
県知事の知恵袋を自任する秘書。あなたの隣人たちの暮らしに楔のごとく
打ち込まれた、謎。渾身のミステリ短篇集。
(Amazonより)

どんな文章も読まなければならない、という仕事に就いたためか、
とんでもない文章にも慣れてきたように思います。というのも、
人間の1度も読み返さない文章は、大抵他人に読ませるようなものではなく
(このブログの大体がそうだけれども)、だから、小説の完成には、
ご本人をはじめ、校正係、編集者、編集長の多大な努力の結果出版されて
いるのだなぁ、なんて考えてしまい、1冊の感想の重みが変わってきたよう
に感じるのでした。で、横山さんはと言いますと、とても読みやすい文章
だと一瞬で分かります。さすが元記者だけはあるな、という貫禄の文章で、
圧巻です。他の作家がみんなこれほど洗練された文章であったら、大変
詰まらない世の中だろうな、と思う正当な文章でもあります。まぁ、
新聞というものは、そう言うものでもあるかもしれません。前置きが長く
なりましたが、内容はどこかで起きていそうなよくある話で、
とくだん感動するでもなく読み終えました。(さらりと酷い感想)
中では「口癖」という家庭裁判所調停員の編が一番引き込まれましたが、
全体的に予定調和というか、結論のためのストーリー感が漂っていて、
「読ませる」という小説の魅力に少し欠けていたようにも思いました。
まだ読んでからそんなに経っていないのに、内容を忘れてしまいそうな、
小説です。ある意味生活に溶け込んでいるのかも知れませんが。何度
書いたか分かりませんが、横山さんは長編が好きです。

★★★☆☆*83

|

« ■雑談:明日は来るのか | トップページ | 11/5FoZZtone@鶯谷東京キネマ倶楽部『組曲 白鯨』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/43169605

この記事へのトラックバック一覧です: 「看守眼」 横山秀夫:

« ■雑談:明日は来るのか | トップページ | 11/5FoZZtone@鶯谷東京キネマ倶楽部『組曲 白鯨』 »