« 「斜陽」 太宰治 | トップページ | 「看守眼」 横山秀夫 »

2011年10月 3日 (月)

■雑談:明日は来るのか

どうも、お久しぶりです。生きています。
いまは毎日プログラムではなく、原稿の文字を追って生活しています。
幸せな時間ではありますね。

昔はここを更新することばかり考えて生活していた時期もありましたが、
幸福か不幸か、その時間がいま大幅に狭まってしまいました。

でもいままでは「本を読めない時期」「読みたくない時期」というのが
毎年訪れていたけれども、今年はそんな悠長ではなく、
この時間で何をできるか(読めるか)という1問にかかっていて、
だからある意味厳選されている物を読めている気もします。

そう言えば、吉田修一の新刊が後半戦に入っているのですが、
つまらなくてつまらなくて、ページをめくるのが大変です。
あれ、楽しいと思う方いるのかな……と一抹の不安を抱えつつ。

いつの間にか21万ヒットもしているし、嬉しい限り。
皆さまよろしければ、懲りずにお時間のある際に足をお運び下さい。

ここをやめる気はありません。

そろそろ7年目?に入ったのかしら。早いものです。

・【映画】うさぎドロップ
・【映画】3時10分、決断の時

観ました。こちらも感想を書ければと思います。のちのち。
ああ「魍魎のハコ」の感想もまだたった。

そのうち。

いつも来てくださり、どうもありがとうございます。

|

« 「斜陽」 太宰治 | トップページ | 「看守眼」 横山秀夫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/42221080

この記事へのトラックバック一覧です: ■雑談:明日は来るのか:

« 「斜陽」 太宰治 | トップページ | 「看守眼」 横山秀夫 »