« 「高円寺純情商店街」 ねじめ正一 | トップページ | ■雑談:明日は来るのか »

2011年10月 1日 (土)

「斜陽」 太宰治

斜陽 (新潮文庫) 斜陽 (新潮文庫)

著者:太宰 治
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


お久しぶりでございます。本は読んでいるのに感想を書いている時間が
ありません。そしてまた太宰治を読んでしまった。太宰治を読むと
どうも落ち込むんですよねぇ、だから元気の良いときに読むべきなんです
けど、手に取るのは弱っているときに限るという。引き寄せられるのかしら。

最後の貴族である母。私生児の母になり、古い道徳とたたかって
生きようとするかず子。麻薬中毒によって破滅する直治。
飲酒にふけるデカダン作家の上原。4人の宿命的な生きざまが
夕陽のような輝きを放つ太宰文学の集大成。
(Amazonより)

斜陽ってこんな話だっけな? と疑問を抱えながら読み終えた。中学生の
ときの記憶なんてそんなもんだよなあ、と思いつつ。大人になって改めて
読むと、とても恥ずかしい気分になる小説だった。主人公である「かず子」
にとても自分の思考が似ているように思うからだった。とても金持ちで
裕福な家庭に育った人間の、捨てきれない傲慢さを、どうにか消し去りたいと
必死になってもがく作品。息子への執着や、麻薬への依存、そして下級な
人への歪んだ恋、様々な方向からその金の厭らしさを拭おうと描かれている
けれど、どの方法も失敗に終わり、死に行き着く。生まれ育つ環境を
選べないという神への怨念というべき邪悪な心は、死を持ってしか拭えない
と、するすると導いていく文章は圧巻だ。その迷いのなさは不気味ささえ
窺え、死ぬべくして死ぬのです、と決意を括る弟に声を掛けることもできない。
自分に染み付いた高飛車な空気を、どうにかして消したいのだけれど、
それには他人に縋るより仕方がない。その人間の弱さを見事に浮き彫りに
していて、だから「かず子」の書く狂ったような恋文は、そっと背を
なぞられるような怖ろしさがあった。その狂った感情が、自分のどこかに
潜んでいると、揺さぶられるような思いがするからだ。で、元気のないとき
太宰治を読むと大変落ち込み、死にたい気分が増すのだが、
「ああ太宰治を読んでしまった」と気づくのは、読んでしまった後のことで、
読んでしまった後に「わたしは弱っているのかも知れない」などと、
思い知らされる始末である。この作家の、自分の、いや、人間の、恥ずかしく
卑しい感情を惜しげもなく曝け出した言葉たちは、やはり敬うべきであり、
このような家庭環境に育ったと思われる彼自身の不幸と、その功績に、
苦悩が報われる日が来ることを待ち望むばかりである。本を開くたびに
読むかえる彼の苦悩が、いつしか人間に理解されなくなるとき、もしかしたら
その束縛から解かれる瞬間が訪れるのかも知れない。

★★★★☆*86

|

« 「高円寺純情商店街」 ねじめ正一 | トップページ | ■雑談:明日は来るのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/42220108

この記事へのトラックバック一覧です: 「斜陽」 太宰治:

« 「高円寺純情商店街」 ねじめ正一 | トップページ | ■雑談:明日は来るのか »