« 「津波と原発」 佐野眞一 | トップページ | 「風にそよぐ墓標」 門田隆将 »

2011年7月31日 (日)

「でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相」 福田ますみ

でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫) でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫)

著者:福田 ますみ
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


昨今、マスコミの過剰報道が騒がれているが、この事件はその最たるもの
ではないだろうか。自分がやっていないことが、勝手に事実として構築され、
罪を着せられる。「冤罪」という形が、直接の相手ではなく、マスコミに
よって築かれるという異様な光景。そして狂った親たち。日本は大丈夫か?

「早く死ね、自分で死ね。」2003年、全国で初めて「教師によるいじめ」
と認定される体罰事件が福岡で起きた。地元の新聞報道をきっかけに、
担当教輸は『史上最悪の殺人教師』と呼ばれ、停職処分になる。
児童側はさらに民事裁判を起こし、舞台は法廷へ。正義の鉄槌が下るはず
だったが、待ち受けていたのは予想だにしない展開と、驚愕の事実であった。
(Amazonより)

わたしの幼い頃の将来の夢は教師になることだったのだが、この本を読んで、
つくづく教師にならなくて良かった、と思った。そもそもわたしの通っていた
中学校で悪質ないじめがおこなわれていた現実を今振り返ってみても、
なぜ教師になろうとなど思っていたのか、今更疑問にすら思うのだった。
というのも、それくらい、今の教師と言う立場は弱い。そろばん教室で、
私語をしていると、よくそろばんで叩かれたものだが、今そんなことを
学校で行ったならば、保護者からのつるし上げもいいところ、早々に
懲戒免職になるのが目に見えているだろう。子どもに注意をするにも、
細心の注意を払わねばならない。そんな場所で教育などできるものか。
本書の中身はというと、気弱な教師が凶暴な(あくまで比喩)保護者に
よって、「子どもをいじめる教師だ」といいがかりをつけられ、教育委員会
にまで苦情が発展。さらにはマスコミに嗅ぎ付けられ「史上最悪の殺人教師」
と罵られ、民事裁判を起こされる話だ。一番の問題は、第三者であるわたし
たちが、その教師の情報を知る時、マスコミからそれらを得るということ。
「煽ったもの勝ち」のような印象を受ける最近のマスコミの、行き過ぎた
報道を、わたしたちは信じてしまい、善良な教師をあたかも殺人を起こし
かねない凶悪な教師だったと思い込んでしまうことだ。怖ろしい「冤罪」
である。驚くべきは、弁護士までが、生徒とその保護者を弁護する側に
まわり、「550対0」という通常では考えがたい数字をはじき出すことだった。
この本を読んだ当時の弁護士たちは、顔を真っ赤にするのではないだろうか。
明らかに狂った保護者を、マスコミの扇動により何の疑いもなく擁護する。
そして教師といえば、「殺人者」呼ばわり。社会復帰も難しい。現代の
マスコミの異常なまでのスクープ主義と、保護者に逆らえない教師たちの
弱い立場が浮き彫りになった一作だった。残念なのは、最後まで結局
教師が勝てないところ。そのしがらみが解かれるときは訪れるのだろうか。
そしてそこまで教師を陥れたかった理由を聞いてみたい。

★★★★☆*87

|

« 「津波と原発」 佐野眞一 | トップページ | 「風にそよぐ墓標」 門田隆将 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/41057020

この記事へのトラックバック一覧です: 「でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相」 福田ますみ:

« 「津波と原発」 佐野眞一 | トップページ | 「風にそよぐ墓標」 門田隆将 »