« 5/27FoZZtone、a flood of circle@新宿LOFT | トップページ | ■雑談:今日に辿り着くと知らない無敵のイメージを思い出してみる »

2011年5月28日 (土)

「女に」 谷川俊太郎

110528_3

なんだか物凄くやる気が出ないのだが、これは台風のせいに違いない、
とか暗示のように言い聞かせて、どうにか生きている今日この頃。
システム系の仕事に就きながらも、インターネットなんて生まれなければ
よかったのになぁ、とかテクノロジーを恨む根暗な女。「女に」

きりのないふたつの旋律のようにからみあう、
詩とエッチングの織りなす愛の物語。
(Amazonより)

短い詩集なので、だいぶ前に読み終わっていたのだが、感想を書く暇が
なくて今になり、ついでなのでもう一回読んでこの感想を書いている。
「女に」とタイトルにあるように、そこに愛する人がいることを前提
として描かれた詩たちだった。どれも短く5、6行しかないのだが、
しっかりと、男と女の一場面が描かれていて、詩は書くものではなく、
描くものだ、という強い認識を受ける本だった。たった5行で、
映画のワンシーンが作れそうだ。文字の羅列のすき間から、わたしたち
読者に送られる信号はなんとも感覚的で、しかし誰しも持ちえる感覚の
奥深くを言い当てられているものだがら、共感を得ながらも、読む人
それぞれの感情と風景画思い浮かぶ巧みな詩たちばかりであった。
特に好きだったのは「こぶし」と「川」という詩だった。この二つは、
この本の中でいえば対極に位置するような詩だろうと思う。「こぶし」
は物を使い投げつける女の感情が(というか女と言う性質を)「川」は
ただあなたに会いに行くそれだけの過程が描かれている。どちらもやはり
映画のワンシーンになり得るだろう。たった5行で。いつもは「孤独」や
「寂しさ」を漂わせている谷川さんだが、この本に限っては「あなた」がいる
というような、他人を慕う温かさを猛烈に感じた。愛情というやつでしょうか。
「女に」と贈られたようなタイトルになっているが「女と」とつけても良さそうな、
愛が溢れている詩集だった。その人への愛が自分にとっての何だったのか
を忘れそうになったときに読んだらいいだろう。「何だったのか」なんて
ことはわからずも、ともに死ねたら幸せだろうと思えるのではないか。
それにしても、佐野洋子さんの絵が絶妙である。

★★★★★*90

|

« 5/27FoZZtone、a flood of circle@新宿LOFT | トップページ | ■雑談:今日に辿り着くと知らない無敵のイメージを思い出してみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/40182033

この記事へのトラックバック一覧です: 「女に」 谷川俊太郎:

« 5/27FoZZtone、a flood of circle@新宿LOFT | トップページ | ■雑談:今日に辿り着くと知らない無敵のイメージを思い出してみる »