« ■雑談:秘けつは大雑把に違いない | トップページ | ■雑談:一番好きな野菜はピーマンです »

2011年4月19日 (火)

「ある微笑」 フランソワーズ・サガン

20110419_2

図らずしも執筆順に読んでいたようだった。この本は読んだことなかったな。
あとがきの翻訳者、朝吹さんの文を読んで、あぁ17歳って、綿矢りさ、
みたいな感じだったんだろうな、と思ったりした。まぁ中身は比較するのも
申し訳ないのでしないけれども。人の期待、という重圧はそれはそれは重い。

ドミニックは大学にベルトランという恋人を持っていた。そして彼女は
ベルトランが自分をとても好いていることを知っていた。ある日、
ベルトランの伯父、リュックとその妻フランソワーズと会食をすることに
なった。ベルトランはリュックをよく思っていないようだったが、
ドミニックは彼の顔を見た瞬間に、ある感情を覚えた。
わたしたちは同じである、性質がとても似ているのである、というものだ。
同じく近寄ってきたリュックと共に、ドミニックは本気ではない恋であり、
不倫ではない、似たもの同士が寄り添うのだ、と称して彼と一週間の旅行に
出かけることにした。けれども、リュックを知ってゆくうち、自分はやはり
似ているだけではなくリュックを愛しているのだ、と気づいてしまい……。

「悲しみよこんにちわ」から3年待たされて、どきどきしながらこの本を
読んだとしたら、絶賛の嵐を贈っていたことだろう。これが20歳の女が
書ける本なのか?とはなはだ疑問に思うほど秀逸な心理描写で、読者
(特に若い女性)の心をぎゅっと掴んでくる。飾らない、あるいは、
素っ気ないくらいの感情描写。しかし1時間後には違うことを言い始める
子どものように、ころころと意見を変えながら、真に自分の心に迫って
ゆく様子は、「とても切なく、もどかしい」という気持ちを駆り立てた。
それはある意味過激なまでの「少女」の感情の起伏にあるのかもしれない。
リュックとの旅行に出かけ、「15日間で君が気に入った」と言われた
去り際に、ひどく幸福感を得ながらも、すぐに「ひどく不愉快だった」
と描写される。「不愉快」とはまた、とても不な言葉である。
幸せなひとコマであるはずの場面に、スッと差し込まれる、憎悪のこころ。
しかし敏感なドミニックにとっては、幸せも本当であり、不安も本当であり、
憎悪も本当であったのだろう。失敗に終わるだろうと分かりきっていて、
忠告を受けながらも始まった「愛」らしきものは、当人同士が語らぬだけで、
他の何よりも「愛」だったと言えるだろう。15日間何をしたのか。
ショッピングや外出なんてイベントは、なにもしなかったに違いない。
ただ、そこにいればいいその存在が「愛」ではなくなんだというのだろうか。
叶わぬ恋に微笑をたたえる彼女はやはり独占したいのだなぁ、と考えると、
男、と、女、と言うものは本当の意味ではやはり性的な何かを求めるの
だろうか。所在を尋ねることのできない恋はしたくない。

★★★★☆*88

|

« ■雑談:秘けつは大雑把に違いない | トップページ | ■雑談:一番好きな野菜はピーマンです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/39677577

この記事へのトラックバック一覧です: 「ある微笑」 フランソワーズ・サガン:

« ■雑談:秘けつは大雑把に違いない | トップページ | ■雑談:一番好きな野菜はピーマンです »