« 「太陽のパスタ、豆のスープ」 宮下奈都 | トップページ | 「恋するように旅をして」 角田光代 »

2011年4月11日 (月)

■雑談:売り切れ御免

今日、会社の近くの本屋に行ったら、

「『八日目の蝉』角田光代著、文庫版完売しました」

と張り紙がしてあった。

唖然、として、20秒くらい通路の真ん中で立ち止まってしまった。
この本が売れない氷河期に、
「文庫が完売した」、なんていう張り紙は久しく見ない。
しかも結構な幅の特設棚だった。

昔、田舎の本屋で「ハリポッター入荷待ち」と書かれていた、
そんな光景を思い出した。

地震の影響もなくはないのだろうけれども、
なんだかとても嬉しくなって、何回もその張り紙を見た。
そしておこがましくも、写真でも撮って送ってあげたいなぁ、と考えた。

ドラマ化に続き、映画化、おめでとうございます。
嬉しくて、自分のことのようにわくわくしてすみません。
エンドロールに原作「角田光代」と流れる瞬間を、楽しみにしています。

ちなみにわたしの『八日目の蝉』の感想はこちら

いつも来てくださり、どうもありがとうございます。

|

« 「太陽のパスタ、豆のスープ」 宮下奈都 | トップページ | 「恋するように旅をして」 角田光代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/39578225

この記事へのトラックバック一覧です: ■雑談:売り切れ御免:

« 「太陽のパスタ、豆のスープ」 宮下奈都 | トップページ | 「恋するように旅をして」 角田光代 »