« 「くじけないで」 柴田トヨ | トップページ | 【漫画】「ソラニン」 浅野いにお »

2011年2月21日 (月)

【漫画】「素晴らしい世界」 浅野いにお

素晴らしい世界 (1) (サンデーGXコミックス) 素晴らしい世界 (1) (サンデーGXコミックス)

著者:浅野 いにお
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する


素晴らしい世界 (2) (サンデーGXコミックス) 素晴らしい世界 (2) (サンデーGXコミックス)

著者:浅野 いにお
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する


会社のお兄さんが貸してくれたので、久々に「漫画」を読んだ。
最近唯一買っている漫画と言えば、『聖☆おにいさん』だけである。
アレは、「漫画」というより、もはや「ギャグ」そのものである。
からにして、本当に久々に「漫画」を読んだ。とても懐かしかった。

1話目から嫌な予感がした。わたしの嫌いなタイプの展開。お先真っ暗な
人生を思わせる、冴えない主人公たち。人にはいろいろ悩みがあって、
その重さはその人にしか分かり得ない……。そして、ほらな、
結末はそういう、情けなくて、でも少しだけかっこいいような切ない感じ。
読みながら、わたしはつくづく「ギャグ」を求めているのだ、と思った。
なぜなら、わたし自身の生活が、この主人公たちのように冴えなくて、
どうしようもなくくすんだものだから。だからせめて漫画を読む時くらいは、
げらげら笑わせてくれよって思うのだ。でも、ふと先日観た『モリエール』
という映画を思い出した。階級の差や様々な事情から恋人と引き裂かれる
ことになったモリエールは、時は経ち恋人の危篤を知る。そして彼女は、
彼にこういうのだ「喜劇を作って頂戴。みんなの笑いが止まらなくなるような」
モリエールは彼女の死の哀しみの前で、涙を流し喜劇を作る。涙を流し
ながら舞台で道化師になり、人にげらげら笑われ彼女との約束を守るのだ。
わたしはギャグ漫画で笑うけれど、しかし、それを描く漫画家は、
もしかしたら苦悩を抱えているかもしれない。漫画の描きすぎで腱鞘炎かも
しれないし、癌かもしれないし、昨日家族が死んだかもしれないし、
恋人に振られたばかりかもしれない。要するに、世界は「そういうこと」
なのだ。だから、わたしたちは、喜劇を求め、でもその本当をたまに
見せてくれる人がいる。それがわたしが初めて読んだ「浅野いにお」の
印象だった。「生きていればきっと いつかどこかでいいことがある」
こころに響いた言葉を噛みしめ、その「いつか」がやってくる未来を願う。

★★★★☆*86

|

« 「くじけないで」 柴田トヨ | トップページ | 【漫画】「ソラニン」 浅野いにお »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【漫画】「素晴らしい世界」 浅野いにお:

« 「くじけないで」 柴田トヨ | トップページ | 【漫画】「ソラニン」 浅野いにお »