« ■雑談:吉田修一の公式サイト | トップページ | 「パレード」 吉田修一 »

2011年2月17日 (木)

「リアルワールド」 桐野夏生

リアルワールド (集英社文庫(日本)) リアルワールド (集英社文庫(日本))

著者:桐野 夏生
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


桐野さんも久しぶり、と思ったら、去年1冊読んでいた。『IN』も
なんだかわたしには微妙だったなぁ、と思いながら、『やわらかな頬』
での吸引力を思い出したりもした。あれももう4年前か……。
もう一度読み返してみようかとも思いつつも、読む気力は起きない。

私の隣の家のには同じ学年の男子がいる。地味で目立たなくて、
勉強だけを目指している根暗な感じのヤツ。私はそいつにミミズという
あだ名をつけた。そんなある日、ミミズは母親を殺した。
抵抗する母親を金属バットで頭から殴り殺したのだ。ミミズは意気揚々と
した顔で私の前を通り過ぎ、そうして私の自転車、および携帯を
盗んで逃走を開始した。ミミズは私の携帯から私の友達に電話を
したらしかった。ユウザンやキラリンから、「母親を殺した男から
電話があった」と連絡があったからだ。わたしたちは逃走を続ける
ミミズの話を聞いた。母親を殺した人間とは、どんな心境なのか。
通報することもなく、それぞれ私たちはミミズの逃走を援助するのだが……。

どのへんが「リアル」なのか、さっぱりわからない「リアルワールド」
だった。この本の中で唯一「リアル」なのではないか、と思えたのは、
今の若者は面白がって、近くに殺人犯がいても警察に通報しないのでは
ないだろうか、というところだった。携帯電話を所持し逃走するミミズ。
しかしその携帯電話は本人のものではないので、通話記録も残らない。
その上、携帯電話の持ち主や、その友人たちが黙っていれば、ミミズは
逃げ続ける。自分たちが秘密裏に殺人犯を助け、逃がしているという、
妙な高揚感。母親を殺した男子学生が一体どんなヤツなのか。そして、
それを知りたいと思う好奇心は、警察をあてにし頼りにするという思考
よりも遥かに強く魅惑的なものだ。「わたしたちだけの秘密」もしくは、
「楽しんでやろう」という、不謹慎な気持ちは、テレビゲームの中で、
行われている、非現実的なゲームのようで、なるほど現代の子どもを
描きたかったのだろうと感じた。最近確かにそう言ったゲーム的な思考を
持った若者が多い。だからその部分を逆手に取り、きっと桐野さんは、
彼らにとっての「リアル」な世界と言う意味で、「リアルワールド」
とつけたのだろう。けれども残念だったのは、この描き方だと、
殺人の重みまでもがゲーム的な比重になり罪の重みが軽くなってしまって
いて、母親を殺したという重さがまるでなく、なぜ逃げるのか、疑問に思う
ことだった。「彼ら」のリアルは確かに「へへ!母親殺してやったぜ、俺!」
とか、そういう感じなのかもしれないが、それだけ晴れ晴れと殺したなら、
晴れ晴れと捕まれば?と言う気もするし、「やっぱり殺すんじゃなかった」
となる気もするし、「殺した親が夢に出てきた」となる気がするのだった。
「リアル」だったのは、彼らと、桐野さんの頭の中だけであり、読んでいる
こちらとしては、そちら側にまったく引き込まれることなく、
テレビの中の逃走ゲームを見ているようだった。それを狙ったならいいの
だけど、まったくどのキャラクターにも感情移入できず、引き込まれない
時点で、彼らの「リアル」に魅力を感じなかった。

★★☆☆☆*68

|

« ■雑談:吉田修一の公式サイト | トップページ | 「パレード」 吉田修一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/38910009

この記事へのトラックバック一覧です: 「リアルワールド」 桐野夏生:

« ■雑談:吉田修一の公式サイト | トップページ | 「パレード」 吉田修一 »