« 「夏が僕を抱く」 豊島ミホ | トップページ | 「13階段」 高野和明 »

2011年1月10日 (月)

■雑談:その言葉の裏側を

a flood of circleというバンドを知らない人にとっては、
とてもどうでもいい話だと思うので、スルーして下さい。
そう、a flood of circleというバンドを知らない人にとっては、
世の中そんなことあるんだね、くらいの重さの事柄でしかないのです。
だけど、どんなに小さな世界でも、その場所で誰かが必死になるのは、
生きていると言うことです。一人一人の人間の人生ですから。
誰かが欠け何かを思ってくれる人がたくさんいるだけ、
とても恵まれた人たちだと思います。もちろん、その恵まれた場所を
自分たちの手で勝ち取ってきたのだから、すごいことです。
わたしも何かを思った一人でした。

「音楽と人」に載っている佐々木亮介のインタビュー記事を読んだ。
とても腹が立った。

「俺とかナベちゃんがいいものを作れなかったから石井は
辞めちゃったんだと思ってほしい」――?

そんなことを言って誰が喜ぶと言うのだろう。冷静に考えて
一番最初に浮かぶのは、この言葉は本来の意味で受け取ると、
石井を傷つける言葉である、ということだった。
石井は何も残さなかったのか、という疑問。
そんなわけないだろう。
では、なぜ佐々木はこんなことを言ったのか。
自分が悪者になることによって、石井を周りの非難から全力で守ろう
としたから。石井は佐々木の言葉によっては傷つくが、
周りの非難からはまのがれることになる。佐々木はそれを選んだのだ。

「カッコいいと思えなかったから」「未来を描けなかったから」
佐々木の言葉には、どれもそのようなニュアンスが含まれている。
どんなことと比べてもこのバンドがカッコいいと思えたなら、
石井はこのバンドを取ったはずで、でもバンドを取らなかったのは、
そうは思わなかったからだ。だからバンドを作っていた俺たちが悪い。
佐々木は自分の中でそう整理したようだった。
まぁ、インタビューに本心を語ったかは知らないけど。

でも、そうした場合、その「俺たちのバンドがかっこよくなかったから」
という言葉は、ファンを無視しているともとれる。ファンは、
本人たちが遡って納得できないような作品に惹かれ、ファンになったのか?

佐々木の言葉は石井を守ることに費やされている。
周りをすべて敵にして、挙句自分を悪者にしたてあげる、
佐々木の必用なまでの優しさに、イライラした。

こんなことをして今までのファンは減るのではないだろうか。
インタビューを読んで第一に思ったのがそれだった。
ファンのことは何も考慮されていない言葉たち。
ついてくるならくればいい、ついてこれないなら来なくていいよ、
とどこか突き放したところがある。
みんな脱退について揺れている、ファンもファンで辛いのが分かる、
それを知っているから、突き放す。
様々な感情をいち早く自分の中で処理しきってしまって、
その場所から立ち去るかのような行動。
まるで転校生のようだ、と思った。
昔、観始めた頃から、彼のイメージはわたしの中では転校生だ。
もう新しい場所に行く準備を終えてしまったんだなと思った。
馴染みの顔がなくても、引き摺らない心を用意できてしまったんだと。
もしくは失くす悲しみを知っているから、自分から離れてゆく覚悟を。

このインタビューを読んで離れてしまう人はどれくらいいるのだろう。
一つ、佐々木はとても弱い人間だと言う事を、忘れてほしくない。
「弱い」というのは、語弊があるかもしれないが、佐々木は
「自分がこうすると相手はこう思うだろう」というのが、明確に分かる人だ。
分からない人なら、この場で「~してほしい」なんて言わない。
この「思ってほしい」というのは、本当は違うけどそう「思ってほしい」
という言葉である。これは彼のずるい部分でもあるのだけど。
あと、「言わないがための」嘘、というのもある。

だから、みなさんはこの佐々木の石井への優しさで固められた、
鋭利な刃物のようなこのインタビューに惑わされず、
一度ライブを真剣に観てからいろいろ考えてほしい。

わたしは石井さんが好きでした。今も好きですけど。笑
誰にも負けない自信があります。
だからこれからの未来を応援しています。
それと同時に、佐々木さんと渡邊さんの未来も応援しているわけで。
「ファン」ですから。
曽根さんもhisayoさんもよろしく頼みます。

と、いろいろ偉そうな事を書きましたが、
この件に関しては、もう何も書きません。

みんな頑張ってね、わたしも頑張りますよ。
いつもありがとうございます。

--------------------------------------------------
□04.06(wed) 渋谷O-EAST ※1.12 up

a flood of circle ONE MAN LIVE
“X DAY 20110406:単独極東上陸作戦決行日”
open 18:30 / start 19:00
adv ¥3,000
ticket:PIA(128-395) / LAWSON(70847) /
e+ / GANBAN(店頭のみ)にて2.19~発売予定
※1.14~1.17 OFFICIAL MOBILE SITE会員先行予約受付
※1.21~1.24 OFFICIAL SITE先行予約受付
※メール予約不可
info:HOT STUFF tel03-5720-9999
--------------------------------------------------
それにしても厳ついイベント名……
しくったらフルボッコだべな、頼むし。笑

|

« 「夏が僕を抱く」 豊島ミホ | トップページ | 「13階段」 高野和明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/38440508

この記事へのトラックバック一覧です: ■雑談:その言葉の裏側を:

« 「夏が僕を抱く」 豊島ミホ | トップページ | 「13階段」 高野和明 »