« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月21日 (火)

【映画】ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト

101221
言わずと知れた「ザ・ローリング・ストーンズ」の実際のライブ映像を元に
作られたドキュメンタリー映画。現在早稲田松竹でリバイバル公開中。
観た事がない方は、是非映画館で観ていただきたい。今まで観た映画の中で、
「映画館で」観たい映画の最上位。まるで目の前でライブを観ている気分だ。

セット・リストがなんと当日の開演直前まで分からない!ステージの大道具や
照明スタッフがてんてこ舞いする中、悠然と構える破天荒バンド、
ザ・ローリング・ストーンズ。一曲目が何なのか分からないままスタート
したライブの始まりは『ジャンピン・ジャック・フラッシュ』だ。
颯爽と中央ステージに登場したミック・ジャガーには、大量のスポット
ライトがあてられ、大歓声が巻き起こる。次々に繰り出される圧巻のダンスと、
迫力と貫禄の演奏。今60歳を超えた彼らの魅せる最高のエンターテイメント。

まるで目の前で本物のライブを観ている気分。スクリーンの中一曲が終わる
ごとに、思わず拍手をしてしまいそうになった。特にミック・ジャガーの
音にとり憑かれたように踊る軽快なダンスは、スクリーン越しの客席をも
惹きつけ目が離せず圧巻である。60歳を超えたバンドとは思えない。
だけど、時折アップになるミック・ジャガーやキース・リチャーズからは、
なぜかひどく「老い」を感じるのだった。それを顕著に感じる理由は、ふいに
挟まれる過去の映像のせいだった。演奏の合間には、若かりし頃のメンバーの
インタビュー映像やニュース特報などが淡々と流される。20代デビュー
したての彼らは、生意気な発言を繰り返しひどいものだった。
他にも足を組んだだらしない格好に、酒を飲みながらのインタビュー、
おまけに逮捕映像や、釈放映像まである。素晴らしいライブ映像の合間に、
散々な過去ではないか。しかし、次の瞬間に再び60歳の
現在のライブ映像が映し出されると、なぜかわたしは泣いているのだった。
一番印象に残っているのは、デビュー2年目のインタビューだった。
「これから先どうなると思う?」とインタビューワーに聞かれた
ミック・ジャガーはこう答えるのだ。「先のことなんてわからないよ。
もしかしたらあと1年くらいなら続けられるかも知れないけどさ」
昔も今も、ライブバンドがそれだけで生活を立て生き残るのは至難の業である。
今や世界中に人気を博すザ・ローリング・ストーンズですらも、
デビュー2年目には、不安な未来を抱えていた。あと1年で終わるかも知れず、
終わらないかもしれない。まったく先の見えない未来には希望よりも
恐怖が広がっているようだった。けれど、実際のところ彼らは60歳になるまで、
弾き続けている。現在には、あの時の不安が確固とした何かに変わり、
生きてた。ステージで踊り狂う老いたミック・ジャガーからは、
言いようのない生命の躍動を感じ、最高の人生を勝ち取った人間の見せる、
笑顔があるのだった。「60歳になっても弾き続ける?」「もちろん!」
音楽を超え、「生きる」ということを投げかけられる、素晴らしい映画だった。
本当、この構成は最高だと思う。ずるいと思いながらも引っかかってしまうのは、
本当にすごいからだ。なぜなら、そこで今彼らが変わらず彼らの音楽を
奏でているから。是非とも映画館でご鑑賞を。それでも安いくらいだと思う。
一生懸命に生きる人間は最高に格好いい。

★★★★★*95

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

12/13a flood of circle@名古屋CLUB ROCK'N'ROLL

201012132216000

12/13a flood of circle@名古屋CLUB ROCK'N'ROLL

■セットリスト(a flood of circle)

 エレクトリック ストーン
 Thunderbolt
 Buffalo Dance
 フェルディナン・グリフォン・サーカス
 Black Magic Fun Club
 Red Dirt Boogie
 SWIMMING SONG
 Human License
 泥水のメロディー
 プシケ
 ブラックバード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

12/10a flood of circle@横浜F.A.D

201012101807000

12/10a flood of circle@横浜F.A.D

セットリストをまったく残念なくらい覚えていない(笑)
名古屋と一緒だったろうか……でも短かったような。

急遽決まったから人がまばらで、懐かしかった。
こんなだったわー…と思いながら観ていた。

『Human License』で石井ちゃんが
ステージを降りてフロアを後ろの方まで練り歩いていた。
その後は『泥水のメロディー』だったかなぁ。
『SWIMMING SONG』もやったような気がする。
『プシケ』も聴いたな。
『ブラックバード』が最後だったかな。

ありがとう。
もうそれしか言えないよ。
ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

「リビング」 重松清

リビング (中公文庫) リビング (中公文庫)

著者:重松 清
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


重松さんの、重松さんらしからぬ小説でした。重松さんらしい小説が
なんとも苦手なわたしにとっては、その苦手な部分がすっぽりなくて、
とてもいい感情を得ました。それってどうよ、というツッコミは
さて置き。いい本であったことは確か。日常が文章に滲み出る巧さ。

『となりの花園 春』
復職関係に勤める僕と、イラストレーターである妻の自慢の家は、
モノトーンを基調とした落ち着いた佇まいだ。引越しを転々と
繰り返し、ようやく手に入れた我が家は、今度こそ安泰なものだと
願ってやまなかった。なぜなら僕らは「お隣運」というヤツがない。
今まで住んでいたどこのマンションでも、隣の住人に迷惑を被られていた。
そして今の家は初めての庭付きの持ち家である。購入する時には、
隣人の情報を調べに調べ、ここに決めたのだ。しかし、平和だった
はずのお隣さんは、会社の都合で転勤することになり、新たな隣人を
迎えることになった。そしてやってきたのが、太田さん――
赤や黄色と言った極彩色ばかりの花を並べるお宅だった。僕は
太田さんとどのように付き合っていこうか戸惑うのだが……。

お隣さん、というのは実に厄介なものだと思う。東京の方は、
マンションにお住まいの方が多いと思うので、それほど感じたことが
ないと思うけれど。東京を一歩出て、北関東にでも足をのばせば、
そのほとんどが持ち家の住宅街になる。家に住む以上、必ず「お隣さん」
が生まれ、否が応でもその人と上手くやっていかなくてはならない。
なぜなら、家は買ってしまうとそうそう動かすことが出来ないからだ。
この本は、そのような「あまり気の合うタイプではない気がするが
上手くやらなければならない」という絶妙な具合を上手く描いている。
人間そりが合う人たちばかりではない。時には「この人と合わないなぁ」
と思いながらも笑っていなくてはならないし、「もう会わない」と
避けることも出来ない。しかし、人間関係というのは、そもそも
そういうものではないだろうか。もちろん衝突するよりは、避けている
方がいいような気もするが、それは「人」から逃げているような気もする。
この「僕」と妻も最初はお隣の太田さんに不快な印象を抱いていたが、
最終的には太田さんからお花を貰う約束をしている。その人の
「苦手な部分」は変わらずそこにあるのかもしれないが、自分の、
あるいは相手の中の一部分が、その互いに対して僅かながらも変化を
持ちえれば、その人のその部分を許せるような、あるいは許せる形に
変化させることが出来るような、人間の流動的な様子を感じ、
さすが重松さんだな、と思った。ちなみに読んでからだいぶ経って
感想を書いているのだけど、あんなに「いい!」と思ったのに、
内容をあまり詳細に覚えていなかった。それだけ、まったく身近な事柄で
ふとした瞬間に忘れてしまいがちの、ささやかな温かさが詰まっていた
のでは、と思う。連続短編と、短編が入っている。どれもとてもよい。
忘れてしまいがちな感情をさり気なく描くのはとても高度だと思う。

★★★★★*94

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

「マリアビートル」 伊坂幸太郎

マリアビートル マリアビートル

著者:伊坂 幸太郎
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する


これが今の伊坂幸太郎なのか……。と、物語を楽しむよりも先に、感慨深く
しげしげと考えてしまった。そうか、そうか、こんな感じなのか。この本は
『グラスホッパー』の続編らしく、鮫とか蝉とか、確かに懐かしい名前が。
しかし、正直『グラスホッパー』の記憶があまりなくて。こんな本だったのかと。

殺し屋である蜜柑と檸檬は今、新幹線はやての中にいた。ボスからの依頼は、
大事な一人息子と身代金を仙台へと送り届ける事である。無事に誘拐現場
から助け出し、帰りの車内で気を許していたところだったが、大変なことに
気がついた。なんと隣に大人しく座っていたはずのその息子が死んでいる
のである。慌てた檸檬は身代金の入ったトランクを確かめに行くが、そちらも
姿を消したらしい。この状況を三文字で表すと何だと思う?「まずい」だ。
いや、「やばい」だ。緊張感のない言い合いをしながら、対策を練る蜜柑と
檸檬だったが、どうやら車内には別の殺し屋が乗り合わせていることが
わかり、にわかに緊張感が走り始めるが……。

さながら、文章で読む『24(トゥエンティ・フォー)』のよう。主人公が
切り替わる、場面の切り替えしが頻繁に行われ、物語が3つ4つの場所で
同時に起きている面白さと、片方で仕掛けたトラップが次のコマで
何かを引導する、息を潜めあうスリリングな雰囲気を味わう事が出来た。
人物が切り替わり巧みな物語構成でひょいひょい転がるストーリーは
さすが伊坂幸太郎、頭が6分割くらいされてるんじゃないのかしら、と
感嘆である。一つのシーンの中でも、限りなく読者目線であり、そこが
知りたかった、という描写が的確に書かれていた。ただ、久しぶりに読んだ
伊坂さんは、とても疲れた、と言うのが本音だった。スリリングな展開を
売りにしているためか描写があちこち飛ぶのである。殺されないためには、
一歩踏み出すにも細心の注意が必要なのだ、と言わんばかりに、視線が
右に左にとび描写される。最初から『24』を読もうと思って読み始めた人間は
さぞかし楽しめると思うのだけど、そうでもない感じで読み始めた人は、
終始ぴりぴりした神経に疲れてしまうのではないか、と思った。
わたしもそう思った一人だった。全部がぴりぴりしてればいいのか?
ってそれはなんだか違う気がするのだ。内容も、今回は殺し屋メインということで、
「感動」「恋愛」「家族愛」といったものはまったくない。むしろそれらを
すべて打ち消して獲得する「殺す人間と殺される人間との差」と言った、
冷酷なテーマが主で、わたしの期待していた温かさはなかった。
子どもならなんでも許される、というのも、ちょっと納得できず……。
「あどけない」という言葉の乱用も、「あどけなければ騙されるのか」という
微妙な命題に辿り着きそうな気も。まぁそもそも伊坂さん自身も納得でき
ないからこそ、こうした登場人物を作ったのだと思うけども。
そして実は「テントウムシ」が主人公だというオチ。気づかなかった。笑
うーん、なんとも言えない本。『グラスホッパー』もう一度読み直してから
なら、面白いかもしれないな。それにしても「機関車トーマス」は最高だった
のに。この物語と「機関車トーマス」のミスマッチが、この本で一番
「伊坂幸太郎らしい」とわたしが思った部分だった。

★★★☆☆*84

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

「永遠のとなり」 白石一文

永遠のとなり (文春文庫) 永遠のとなり (文春文庫)

著者:白石 一文
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


どうでもいい話ですが、久しぶりにこれでもかとびしょびしょに濡らして
しまった本でした。豪雨で。定価で買ったのにな……。さておき、本に
申し訳ないことをしました。かわりに、ずっとうちにいてもらうこと
にしましょう。それが本にとって一番の行為だと毎度思いますがどうでしょう。

部下の相談にきちんとのってやればよかった。自殺してしまった部下に
対し後悔の念を抱き続けているうち、いつの間にか鬱病になっていた。
不倫がばれ妻とも離婚した。今は独身の時のように一人アパートに暮らし、
息子の文弥に学費の仕送りをしている。そんな事情で無職になってしまった
ところに幼なじみのあっちゃんと再会した。あっちゃんは、
身寄りがいなかったり、家族から見放されてしまった老人を訪問している。
ヘルパーでもなんでもなかったが、そのような老人を放ってはおけないという
のだ。彼のあとをつき、訪問を続けるうち今度は一人でも訪れてみよう
という気になるのだが……。

白石さん2冊?目。詰め込みすぎ。『僕のなかの壊れていない部分』も、
ずいぶんぐちゃぐちゃしていたけど、上手い具合にまとまって、
最後にはずっしりとした読後感が残っていた。しかしこの本はぐちゃっと
したままの感情が残ってしまい、で、何が言いたかったんだっけ、
という感じである。部下の自殺、鬱病、不倫、不倫の片棒担ぎ、息子のこと
老人の死にゆく姿、癌、お金がない、やっぱり幼なじみと一緒がいい。
言いたいのはどれですか、と。タイトルである「永遠のとなり」とは、
やっぱり幼なじみと一緒がいい、という意味のタイトルだが、内容は、
どちらかと言うと、不倫劇に巻き込まれた治りかけの鬱病患者、というところ。
作中でだんだんよくなってゆく、という描写はなく、最初と最後を比べても
これと言って鬱病についての変化がない。(重点はそこでないのか?)
ある意味、いろんなことがごちゃごちゃしてしまっているから、鬱病に
なるわけで、そのぐちゃぐちゃ感がいいのかもしれないが、
どうも結末に向かうにつれて解決に向かうのがあっちゃんの不倫、
だけなので、首を傾げるばかりだった。それでもやっぱり一緒がいい、
と思えるほどに友情の厚さも書かれていなかった気がするし……。
もうちょっと過去の思い出話とか盛り込まれていたらよかったのに。
白石さん読みやすいけど、これでもかとテーマを入れてくるのが難点。
もっとシンプルに書いたら、「お!」と思うと思うのだけど。
と、逆に言えば、その詰め込みすぎな雰囲気が味でもあるから、
混沌の中、見事にするする琴線に誘導する、という作品も期待したい。
とりあえずこれはわたしの中でいまいち。次の本に期待。

★★★☆☆*82

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

「有限と微小のパン」 森博嗣

有限と微小のパン (講談社ノベルス) 有限と微小のパン (講談社ノベルス)

著者:森 博嗣
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


a flood of circleのツアーを観にうっかり遠出したのですが、そのホテルで
ずっと読んでいた本でした。S&Mシリーズ最終巻であると同時に、
人を殴りたくなるこの分厚さ(冗談です)。なんだかもったいなくて
ずっと読めずにいましたが、満を持して読みました。もう森味の虜。

日本最大級のソフトメーカー「ナノクラフト」のテーマパークに
やってきた萌絵と友人たち。この旅行はゼミ合宿も兼ねており、
後日犀川のゼミ生たちが合流する予定であった。それと萌絵には、
もう一つの予定があった。実はこの「ナノクラフト」の社長・塙は、
萌絵の昔の婚約者であり、面会を求められていたのだ。現在、婚約は
解消されているとは言え、両親の義理もあり、顔を合わせることにした。
パーク内の協会で塙との面会を果たした萌絵だったが、
その日の夜、殺人事件に巻き込まれる。塙と会ったその協会で
「ナノクラフト」社員の男性が殺されたのだ。一度萌絵が確認した死体が、
何者かに持ち出され消失するなど、男性の死には不可解な点が多い。
さっそく萌絵は推理を始めるが、ふと次に狙われるのは自分だと気づき……。

長すぎる。第一声がこれかよ、という感じだが、本当に長いのである。
講談社ノベルズの新書版で読んだのだが、それですら上下二段、600P……
ほほほ、やってくれるね、森さんって感じだ。内容はどっぷりとS&Mシリーズ。
いつの間にやら萌絵は、「先生大好き」みたいな空気になっており、
ついに、ようやく、この時が、とにこにこ読了したが、二人の仲は
これといって発展せず(森さんに言わせれば、人間発展しないということは
ありえない、とか冷静に言い返されそうだが)なんでやねーん、な終わりで、
笑うしかなかった。と、犀川と萌絵についてもそうだったが、事件の結末も、
なんでやねーん、な感じで、「あぁ心のそこからこの本を絶賛しているのは
熱狂的な森信者に違いない」と思った。はい、わたし、森信者です。
事件は不可解、を通り越し、ありえない、という領域に突入。死体が
あったのに忽然と消え、片腕だけが現場に残されている。この事件だけでも
興味津々になり、どんなトリックが説明されるんだろう、わくわく、
となったが、さらに事件は立て続けにおき、密室殺人、デジタルトリック、
などなどこれでもか、と様々な殺人技法が目白押しだった。
で、肝心のトリックは……。そうですよね、そうですよね、森さんですもん。
よくわかります、ないんですよね、トリックは……。まぁ、この辺は、
是非読んでからご堪能下さい。このトリックと殺人感情の皆無が、
森信者の、森崇拝要因だと思いますので、えぇ。と冗談はさておき。
最終巻を意識してか、雰囲気は第一巻『すべてがFになる』にとてもよく
似せられていた。天才科学者・真賀田四季の登場。その圧倒的な存在に、
萌絵と犀川が動揺し、しかしまた強くなっていく様子が描かれている。
精神を学びに学んでも、人間の脳内感情をコントロールすることはできず、
だけど、何か衝撃的な物事に直面した際、ショックで感情を歪めながらも、
人間は感情を再生し、生きてゆく。あるいは再生などではなく、もう一人の
自分、といった感情が存在しており、それらが入れ替わる事で、それぞれの
特性を生かし、ショックから回避するのではと。と、思考してみても、
所詮目には見えないもので、科学的な整列を好みながらも、そういった
感情には機械はお手上げなのだ、と締めくくられている。
神様、よくわかりませんでした。わたしも、これ終わっていいのか、
よくわかりませんでした笑。世界はよくわからないこと、だらけです。
終わっていいのかわからないと書きましたが、最終巻に相応しい本だと
思います。とても楽しい時間でした。森さん、ありがとうございます。

★★★★☆*87

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

■雑談:生きていることの証明

どうも、こんばんわ。

「あちゃー……」って感じです。

最後の記事が10/11のFoZZtone(笑)
いよいよ死んだかと思われてるんじゃ、と心配になりました。

だいぶ元気になってきましたので、
ここを復活し、今までのわたしに戻ろうかと思います。
「今までの」というのもおかしな話ですが。
これまでのわたしではなく、新しいわたし、かもしれませんが、
どうぞよろしくお願いいたします。

関係のない話ですが、そろそろ、昔亡くした友だちの命日です。
毎年この時期になるといつの間にかそわそわして、
どこか不安定になっている自分がいますが、
今年は、というか今は、
割合冷静な感情でその日を迎えられるように思います。
と、いう意味でも、新しいわたしかもしれません。

まぁ全部、森博嗣『有限と微小のパン』の受け売りですが。
いろんな意味で、傑作でした。
神様、よくわかりませんでした。ね。
最高ですわ。

ぼちぼち近日中に感想でもあげようかと思います。
映画もぼちぼち観ました。
『SP』と『告白』と『下妻物語』と『悪人』観ました。

あと、そう、a flood of circleのライブにたくさん行ったので、
それも書けたらと思います。
今と戦っているいいライブの数々でした。

FoZZtoneがオーダーメイドアルバムなる、
面白いことをやっていますので、是非ご覧ください。
チャーッチャチャーッチャチャラッチャ、ハハッ!
レインメーカーのイントロがとても好きです。
http://www.amnis-inc.com/fozztone/top.shtml

いつも来てくださり、どうもありがとうございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »