« 8/7a flood of circle、THE NOVEMBERS@国営ひたち海浜公園 | トップページ | 「死国」 坂東眞砂子 »

2010年8月 8日 (日)

「ブギーポップ・スタッカート ジンクスショップへようこそ」 上遠野浩平

ジンクス・ショップへようこそ―ブギーポップ・スタッカート (電撃文庫) ジンクス・ショップへようこそ―ブギーポップ・スタッカート (電撃文庫)

著者:上遠野 浩平
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する


上遠野さんお久しぶり。つい最近読んだ気がしていたのに、
見直してみたら1年ぶりくらいだった。一応シリーズは中学生の時に
全部読んだはずなので、これも再読。この本は『ペパーミントの魔術師』
と並んで好きなだったのだけれど、やっぱり好きだなぁと思った。

不二子はある日不思議な男に出合った。街中を歩いていた少女が
事故に巻き込まれそうになるのを察知し、男がそれを阻止したように
見えたのだ。世界は暗なる力の流れにより、動かされている。
男はそれを感じることで、少女を救ったと言った。不二子は
男―柊の能力を生かし「ジンクス・ショップ」なるものを作ることにした。
柊がジンクスを書きつけたカードを、少女たちに販売する。
ジンクスは実行されると文字が消え終了するシステムだった。
ジンクス・カードの噂はだんだん広まり繁盛し始めたが、
同時に少女たちが何者かに狙われる事件が起こり始める。

もしもジンクスカードがあったら面白いのになぁ、と読んでいて
素直に思った。人間はこれから先何が起こるか分からない、という
未来に不安を抱えて生きているから、心のどこかで何か少しでも
揺るがないものはないか、と探してしまう弱さがある。
あるはずないのだけど、あったら嬉しいもの。あったら「ブーム」に
なって、人々に蔓延しそうな甘い蜜のようなもの。上遠野さんは
それを描くのがとても上手い。そしてその甘い蜜は、ちょっとした
出来心で手を出せてしまう手軽さを兼ね備えているから、
人びとは夢中になって欲しがってしまう。けれどそれは正しい行為
ではない。まっとうな(という取り決めもまぁ微妙なところ
と言えば微妙なところだが)人間はそのような甘い話にのったりせずに
未来を見据えなければならない。頑張っている人を差し置き、
ずるをするような行為には必ずしっぺ返しがあり、時には死の危険
にすら脅かされるだろう。ちょっとした出来心により人生の
転落をも生み出す、その明暗がとてもはっきりしていて、
読んでいるこちらはハッとさせられるのだった。ファンタジーな戦闘シーン
といい按配に絡み合って、ライトノベルなアニメーションを思い
描きながらも、どこか人生を諭されるような深みを感じることができる。
ライトノベルと言って馬鹿にせず是非とも読んでいただきたい一冊。
とりあえず「ブギーポップは笑わない」を読んだあと、シリーズを
読むのがお薦め。シリーズ自体ストーリーはそれほど繋がってないので、
最初の方の巻を攻めたあとは、どこを読んでも大丈夫だと思われる。

★★★★☆*86

|

« 8/7a flood of circle、THE NOVEMBERS@国営ひたち海浜公園 | トップページ | 「死国」 坂東眞砂子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/36143643

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブギーポップ・スタッカート ジンクスショップへようこそ」 上遠野浩平:

« 8/7a flood of circle、THE NOVEMBERS@国営ひたち海浜公園 | トップページ | 「死国」 坂東眞砂子 »