« 「キラレ×キラレ」 森博嗣 | トップページ | 「長い長い殺人」 宮部みゆき »

2010年8月28日 (土)

「パワー系181」 墨谷渉

パワー系181 パワー系181

著者:墨谷 渉
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


すばる新人賞だったので、どれどれどんなもんかしら、と楽しみにして
いたのだが、はぁ、はてこれのどこが賞を取るに値するのだろう、
となんとも疑問だらけの本だった。例えばそれが永遠の課題であり、
扱いづらい物だったとしても、他人に分からせる努力のない作品は没かと。

(amazonのあらすじ引用)
180センチを超える大柄なリカは、日々スポーツクラブで筋力
トレーニングに励んでいる。プロレス技のスリーパーホールドを
男にかけ 、失神させてみたい願望を抱いていた。リカは風俗でもなく
SMでもない、「パワー系個人クラブ・リカの世界」をホームページで
公開した。そのサロンにはリカの身体を丹念に測量する男、
張り手を求め るマゾ男、リカの衣類を欲しがるフェチ男などが訪れる。
(中略)妻にも馬鹿にされ、好意を抱いていた女性の元同僚にも存在を忘れ
られており、憤懣やるかたない瀬川が訪れたのはリカのサロンだった。
そこで瀬川を待ち受けていた状況は、想像とは裏腹にリカに技をかけ
られ、生殺しにされて楽しまれている自分であった。

あまりにも自分に興味のない内容だったので、あらすじを書くことさえ
怠慢しました。すみません。はぁ、これで賞を取れるんですか?の
領域です。ここまでつまらないのも珍しいのではないかと思います。
つまらない原因は、そもそもわたしがこの分野に対してまったく
興味がない、という部分もあるでしょうが、それ以前に、作者が
その読者の「興味を持ち得ない部分」を「分からせよう」または、
「引き込もう」という努力を一切していない点にあると思う。
印象は閉鎖的、且つストーリー性の皆無。この本の中で語られている
のは、主に自分の身長の小ささゆえのコンプレックスを抱いている男が、
巨人女であるリカを陥れようとし、結局のところ自分が屈服した、
という部分的な場面のみ、である。そこから物語が生まれるわけでも、
ストーリーがありそこに至るわけでもない。ただコンプレックス
はそこにあるのであり、他の何をも関係を持たず存在しているのだ、
ということを強調しているようなのだが、わたしのようにまったく
興味のない人間にとって、何の前説も誘導もなく突入する、
コンプレックスと呼ばれる極めて個人的な要素の暴露は、読んでいて
まったく楽しいものではなく、かと言って面白みの説明もないので、
これを読んで好きになる、という好奇心の震えもまったく起きなかった。
閉鎖的、マニア受け、うちわ受け、局部論者、に見える原因は、
やはり、その他のことを描かなさすぎた、というところにあると思う。
例え個人的なコンプレックスであっても、日常の何かしらと繋がっている
わけであり、その繋がりの面白み、のような部分を、もう少し描いて
くれたら、加わるも気楽に、理解し、はたまた興味を持ちえたように
思う。この本はわざと突き放したのが欠点。それがかっこいいとか?

★☆☆☆☆*--

|

« 「キラレ×キラレ」 森博嗣 | トップページ | 「長い長い殺人」 宮部みゆき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/36904461

この記事へのトラックバック一覧です: 「パワー系181」 墨谷渉:

« 「キラレ×キラレ」 森博嗣 | トップページ | 「長い長い殺人」 宮部みゆき »