« 「姑獲鳥の夏」 京極夏彦 | トップページ | 「かけら」 青山七恵 »

2010年7月 5日 (月)

「IN」 桐野夏生

IN IN

著者:桐野 夏生
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


桐野さん久しぶり。何度読んでもやはり感心する男性的な文章。
さばさばしていて、初めて読むときに名前を隠されていたら、まさか
女性作家とは思わなかったと思う。しかし一度読んでしまうと、
それはもう桐野味になってしまい、どこからどう読んでも桐野夏生。

緑川未来男の自伝的小説「無垢人」には、「○子」と匿名で語られて
いる女がいた。緑川の不倫相手であり、公にも噂が広まっていた
誰もが知っているはずの女。興味を引かれたタマキは、「○子」と
思われる女と接触するが、自分は関係がないと門前払いを喰う。
ますます真相を求め始めたタマキは、小説「無垢人」の人物たちに
入り込んでゆくのだが……。

桐野さんのベストセラー『OUT』の対となっている本だと言われて
いるが、わたしはいまいち関係性を見出すことが出来なかった。
というのも桐野さんの本をそれほど読んでいないというのもあるし、
題材とされている島尾敏雄という人物をよく知らないからだと思う。
それと主人公が小説家、という何とも頭を悩ませるテーマで始まるため、
作家は作家の世界しか描けないのか、という太宰治ばりの興ざめ感を
感じた本だった。本が出版されて、確からしい事実なのに、文字と言う
曖昧で優美な表現方法に翻弄され、現実を捉えられないタマキ。
大きな事件を突きまわり、塗り固められた僅かな嘘に感慨を覚える感じ、
そしてあながちミステリのような雰囲気がどうも島田荘司の
『占星術殺人事件』を思い出してしまい、前にも似たようなものを
読んだな、と考えてしまった。もしかしたら、もしかしたら、
と薄闇を突き進む面白さはさすが桐野さん、と言う感じだけど、
主人公自身の対比がどうもくみ取れず、最後の○子の謎が解けた時の
感情とそれとをどう読んだらいいのかよく分からなかった。
久しぶりに読んだからか、何だか桐野味を大変濃く感じた。
ロールプレイングゲームのように、行く先々でなぜかべらべら喋る
関係者、主人公の移り気な感じ、話の方向転換のアサッテさ……
などなど、初々しかった『顔に降りかかる雨』のような印象を、
なぜか受けたりした。桐野初心者にはお薦めしない。

★★★☆☆*83

|

« 「姑獲鳥の夏」 京極夏彦 | トップページ | 「かけら」 青山七恵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/36131091

この記事へのトラックバック一覧です: 「IN」 桐野夏生:

« 「姑獲鳥の夏」 京極夏彦 | トップページ | 「かけら」 青山七恵 »