« 「ごめん」 原田マハ | トップページ | 「天地明察」 冲方丁 »

2010年6月15日 (火)

■雑談:勘とかなんとか、どうでもいい話

どうでもいい話なんですが、勘について。

勘なんていうものは、偶然「あっ閃いた!」となるわけではなくて、
今まで自分が経験において、神経を尖らせて敏感に察知してきた物事に
ついて、これから起こる事象の、なんらかの防御策として
勝手に身につくものだとわたしは考えている。

例えば「人に嫌われたくない」と考えて生きてきた人にとっては、
「相手が不愉快になる」ということを無意識に意識し、
極力そうならないように、回避して、そうして根本的に、
そのような原因となる要素を根絶しようと、頭の中に植えつけているのだと思う。
意識的な場合もあるが、本来自分ではきづかないということも多いと思う。

だから、そう言う人は相手と会話をしていて、
決して悪口を言わなくなるだろうし、
相手の人にとって悪口となりうる言葉で、考えうる全てのことを、
避ける、という特技を身につけるのである。

もちろん、それは1つの事ではなくて、いろいろなことに「気をつける」
もしくは「無意識に避ける」ことにより、そのそれぞれが絡み合って、
いわゆる「勘」と呼ばれるものを生み出していると思う。

ここでどうでもいい話なのだが、
わたしは人の行動を見抜くのが得意だったりする。
全部がわかるとか、そんなおこがましい自信ではないのだが、
「自分はその場にいなかったが、あの人はあんなことをしたんじゃないか」
とか「あの人ならこう言うのではないか」ということを、
とてもよくわかるのである。(まぁみんなそうなのかもしれないが)

わたしの物まねは結構定評があるのだが(笑)、
物まね自体はすごく似ていないと思う。
でも「あの人ならこう言うのではないか」というのが、
ぱっと閃くので、咄嗟にマネをした時にみんなは「似ている」と
思うのではないだろうか、とか、最近気付いたのだった。

で、なんと言うことはない「嘘」にも気づいてしまったりして、
「あぁこの人実は奥さんと上手くいっていないのではないか」
とか、言葉の端々から気づいてしまったりして、
なんだかもっと鈍感に生きたいな、とか思う今日この頃なのだった。

けれどもそうして鋭くなってしまった神経は、
わたしが生きるために養ってきたものであって、
鈍感になりたいということは、今までの自分を否定する事でもあるのだな、
なんて深く考えてしまったりもして、とてもうんざりしている。

なんでぐるぐると思考は回り、
わたしはいつも向上心のない結論に達するのだろう。

と、鬱々と語ったところで、そんな自分にもうんざりしたので、
明日も仕事を頑張ろうとやんわり思考を回避しようと思う。
明日も帰宅は21時過ぎだろうか。
たまには早く会社を出て本を読みたい。

|

« 「ごめん」 原田マハ | トップページ | 「天地明察」 冲方丁 »

コメント

お疲れです。

ぼちぼち覗いてました。
そしてなかなかコメントができなくてごめん。

仕事忙しそうだね・・・本当にお疲れ様です。

私は一応今仕事してるんだけど・・・まあ色々と大変な事ばかりだよ(特に人間関係)。
しばらく会ってないし、良かったら今度遊びましょう。

シフト制だったりするので、土日仕事の日もあるけど、休みの時もあるのでー。


勘が良いというのも、なかなか大変なのかもしれないね。
私は耳が良すぎて、そして被害妄想が強すぎて、誰かが誰かの悪口を言っていたり、噂話をしていたりするのを瞬時に察してしまう。
これが最近自分自身を苦しめているよ。

気付かないで生活できたら、どんなにか楽だろうと・・・最近よく思う。

投稿: すきま風 | 2010年7月 8日 (木) 22:55

>すーちゃん

こんにちわ~毎度遅い返事ですみません。
先日はありがとう!初スムルースよかったです!!

仕事はまだ炎上中で救いようがないです。
まぁわたしの場合はご飯が喉を通らなかったりはしないので(食いしん坊!)
ダイエットにもならず残念なところ。

なんだか最近はいろいろ考えるなぁ、勘もそうなんだけどさ、
あぁ世の中そうだったのか、とかよく考えるんだ。
今更思考が大人になったのか?よくわからんわ。

またご飯でも食べ行きましょう。
カラオケもいいかも~なんて。
またお薦め本教えてください。

投稿: るい | 2010年8月16日 (月) 00:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/35663012

この記事へのトラックバック一覧です: ■雑談:勘とかなんとか、どうでもいい話:

« 「ごめん」 原田マハ | トップページ | 「天地明察」 冲方丁 »