« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月18日 (金)

「姑獲鳥の夏」 京極夏彦

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫) 文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

著者:京極 夏彦
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


『死ねばいいのに』という新刊が出たので、とても読みたかったのだけど、
ちょっと買うには躊躇われたので、家にある京極さんを探したら、
この本しかありませんでした。いやはや懐かしいです。買ったまま読んで
なかった本だし。一番最初に読んだのは、確か中学生の時です。

雑司が谷にある個人病院には、ある嫌な噂が流れていた。病院の娘の夫が、
密室の部屋から失踪したらしい。その上その娘の腹には夫との子を
授かっているが、夫が消えた呪いからか二十ヶ月も身籠ったままらしかった。
奇本の原稿を執筆している私はぜひともこの真意を調べあげ、
とある事実として匿名で寄稿しようと考えていた。昔からの友人である
古本屋の京極堂に相談したところ、話は奇妙な方向に流れた。
妖怪の仲間には、姑獲鳥という赤子を喰らう女の妖がいるという。
そうこうしているうち、もう一人の友人、探偵榎木津の元へは、美しい女性から
依頼が来ていた。なんとその女性は二十ヶ月身籠っている女の姉だと言うが……。

この本を岡山の後楽園で読んでいたのだが、なんとも場違いな本だった。
とても懐かしいなぁ、京極さん。このだらだら続く理詰め感、とか。
最後の方で、最初に熱弁したことがあれ?ひっくり返ってないか?、な
所とかも。言わずと知れた妖怪系小説のトップに立つ京極さんだが、
やはりわたしはこの本が一番印象深い。デビュー作であるこの本は、
出版社に持込みで編集者の目に留まったらしいが、こんな本を持込まれたら
そりゃあ驚きのあまり、プロに担がれてるんじゃないか、と思うよな、
思った。秀逸なのはやはりおどろおどろしさ。暗闇で後ろを振り返りたく
なる不気味さ。この本の中では失踪事件を隠蔽しようとした家族の
信じがたい行為(まぁ小説の中だからね……)と、京極堂が語る実しやか
な妖怪の話、そして主人公のねじれた記憶、という3つがとてもうまい具合に
混ざり合って、真実を疑い実体のない妖の力を信じてしまいそうになる
その心理をとても上手く利用していた。つらつらと妖怪話を続け、
読むこちら側を恐怖を植えつけておきながら、実は妖怪などいるはずは
ないのだ、と締めくくる京極堂に、今回も清々しさすら感じた。笑
それにしても長い。もうちょっと短かったら持運びに便利なのに……と
思いつつ、姑獲鳥の夏はまだ薄いほうだったなぁ、と思い出した。
やっぱり『死ねばいいのに』読みたいなぁ。

★★★☆☆*85

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

「りすん」 諏訪哲史

りすん りすん

著者:諏訪 哲史
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


読み始めてページを見開いた時に気付いてしまった。あーやられた、と。
今まで人々が気付かずに通り過ぎていたことをいとも簡単に救い出し、
ほら現実にはこんなにも面白いことが隠れていたんだぞ、と差し出されて
いる気分になった。最高な本です。改めて言うが、いい作家に出会った。

血のつながりはないが兄妹のように育った朝子と隆志。しかし朝子は
骨髄癌に冒され長期入院を余儀なくされていた。隆志は自分の病名に
気付いてしまった朝子を必死に励ます。まるで「絵に描いたような
病に臥せる様子」である。そんなある日、ひょんなことから、朝子は
同室で病に臥せっている女性患者が、自分たちの会話を盗聴している
のではないかと気づいてしまう。女性が残した朝子たちを描写したノート
を見つけ、いよいよ自分たちは物語の主人公にされていると確信を得るが……。

読み始めて数ページ、これはくるぞ、と思い、最後の数ページ、やられた、
と思った。久々に読み終わって鳥肌が立った本だった。ネタバレを好まない
方は、ここから先は読まぬよう。この本は、最初から最後まで、「」の
物語である。要するに会話しか書かれておらず、背景描写は一行もない。
しかし面白いことに、朝子や隆志がいるであろう病室の様子、あるいは
彼女たちの表情などがとてもよく伝わってくるのだった。ひょっとしたら
描写があるよりも伝わるんじゃないかしらん。そんなことを言っていると、
この本の作中にはまったようで悔しい気分になる。隣人の女性が、
自分たちの会話を盗聴していると気付いた朝子たちは、突然、この本の
「会話文の中の兄妹」という枠組みから外れ「物語の主人公」に昇格する。
それと同時に、2人が話しているはずの会話は、「物語」という
体に納まり、いつしか2人は隣人女性に創作されている産物と化す。
そこにいたはずの紙面上の2人が実態を帯びて浮かび上がり、はたまた
作者の登場により、紙面上の操り人形に成り下がる。その面白い動きが、
実に素晴らしくて感嘆した。なにしろ、会話文しかないのだから。
むしろ会話文のみでしかなし得なかったこと、ではあるのだが、
まさかこのような脳内の転換に面白みが見出せるなんて、と呆れるばかり
であった。諏訪さんこれからもっと面白い本を書いてくれそうな気がする。
村上春樹以来、群像群像と言いながらも、突飛さは繰り返され、
いつの間にか突飛とは言えなくなっていた。しかし、なるほどこの作家は
新たな突飛さを見つけたんだな、と思った。まぁ随時見つけるのも大変
なのでしょうけどね。そんなときは、「ポンパ!」じゃないでしょうか。
一読の価値あり。ちなみに『アサッテの人』から読んだ方が良い。

★★★★★*95

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

「菊葉荘の幽霊たち」 角田光代

菊葉荘の幽霊たち 菊葉荘の幽霊たち

著者:角田 光代
販売元:角川春樹事務所
Amazon.co.jpで詳細を確認する


恐ろしく時間の無駄を感じた本でした。よもや、時間が有り余って
いるときに読んだら楽しいのではないのかしらん。本の中の人間たちの、
徒労や疲労感が紙の中から滲み出ていて、読んでいるこちらにまで
絡み付いてくるような感じがした。時間がないときに読むべきではない。

職を失ったわたしは、同じくニートである吉元とともに次に住むための
アパートを探し始めた。一駅降りては不動産屋を訪ね、
ここは日当たりが悪いだの、駅から遠いのだのと文句をつけ歩く。
吉元は一向に物件を決める気がないようで、わたしはしだいに苛立ちを
感じ始めるのだった。そんなある日、吉元は町を歩きながら、
自分はこのアパートに住みたいのだ、と言いぼろぼろのアパートを
示した。住みたいも何も、そのアパートはすでにアパートは埋まって
おり、住人が住んでいる。不動産屋を当たってみたが、案の定
断られただけだった。わたしは何とかして吉元をそこに住まわせようと、
そのアパート――菊葉荘の住人を追い出そうと計画を始めるのだが……。

あらすじだけを読むと、なんかちょっと楽しそうな話に聞こえるのに、
ちっとも楽しい本ではなかった。あらすじの「菊葉荘の住人を追い出す」
という、なんとも常識破りな提案に期待が集まるところだが、
その期待を見事に裏切ってくれる本。話の大半は、知人になることに
成功した蓼科との生活に割かれていて、この部分が実に
曖昧でもやもやと続き、もやもやしたまま終わるから、肩透かし感を
倍増させているのだろう。もやもや、という部分は、まさに角田さんの
専売特許とも言うべきところで、今回もとてもいい味を出していたと
思う。種類でいくと「エコノミカル・パレス」や「東京ゲスト・ハウス」
などの類の、こんなにも厚かましく、かつ寂しがりやなのだ、
というような、人間の纏わりつくどうしようもなさが見事に
描かれていた。飲み会に勝手に参加し、酔いつぶれた挙句、
知人のふりをして家に入り浸る。見事なまで、である。しかし、
入り浸ってみたはいいものの、「わたし」はこれと言って何もしない。
追い出す計画、計画、と言いながら、情?ともなんともつかない、
やる気のなさで、毎日飯を食うだけで、一体何がしたいのだ?
と思った。唯一押されているように感じたのは、最後の方で、
蓼科が「普通になりたいんだ」というような事をいうのだが、
普通になりたい、ということは今の自分たちが普通ではないわけで、
普通ではない人間が寄せ集まったのが、この菊葉荘であり、
また菊葉荘に入りたがる吉元も、それを手伝う「わたし」も
普通ではないのであり、要するに、「普通になりたいのだ」と、
言うことなのだろう。普通、それは、「飲み会に勝手に参加し、
酔いつぶれた挙句、知人のふりをして家に入り浸る」なんてことを
しない「普通」なのかしら。どこも強く押されて書かれていないので
よく分からない本だった。忙しいときに読まないほうがいい。

★★☆☆☆*55

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

「天地明察」 冲方丁

天地明察 天地明察

著者:冲方 丁
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する


本屋大賞だそうで。巷で大人気の本屋大賞ですが、毎度まったくの
ノーチェックで申し訳ない限りです。会社のお姉さんに薦められて
読んでみました。なるほど確かにうけた理由が分かる本でした、
とても面白かったです。いよいよ世の中はライトノベルの時代かしらん。

江戸四代将軍家綱の時代、一人の男が数奇な指名を受けた。
名は渋川春海。春海は幕府に仕える碁打ちであったが、
何よりも数学が大好きであった。仕事である碁を打つ傍ら、
数学塾の難問を解こうと試みるほどである。そんな春海に、
ある日幕府から声が掛かった。任務は極秘。月の高さを観測し、
全国を廻ると言う。それらのデータを元に、現在狂ってしまった
暦の改暦を行うと言うのだが……。

あらすじ微妙ですね……すみません。というかもう読んだの2ヶ月
くらい前なもので、感想がだいぶ曖昧です。読んだら早く書くべき
ですねぇやはり生の声、と言うべき思いは、その場でしか得られ
ないように思います。と書きながらも感想書きますけれど。
全体的には「時代物ライトノベル」な感じ。そう思って読んでいたら、
作者はライトノベル作家で、初の時代物を書いた、とのことだったので、
なるほど、と思いました。ライトノベル、と言っても、そんなに
スカスカしているわけではなくて、なんというか、キャラクターが
立っているところに、ライトノベル感を感じました。雰囲気で言うと、
ちょっと固めの「ピースメーカー」かな。まぁ新撰組ではないですけど。
最近あまりウケない時代物ですが、というか本自体があまり世間に
ウケていないような気もするのですけれども、そんな中でこの本に
人気が集まったのは、「手っ取り早く楽しみたい」という現代の
若者の習性に合致したのか知らん、と思います。キャラクターが
立っているということは、主要なキャラクターがすでに確立されていて、
それ以外のキャラクターを覚える必要はない。歴史物を本格派の人が
書くと、余談や与太話がだらだらと続き、本編がまったく進まない、
ということになる。一人の人物を描く時、すべての経歴を伝えなく
ては、そのよさが伝わらないのではないか、と考えがちだけれども、
それは違うのではないかな、とこの本を読んで思いました。中盤で
気付きましたが(遅い?)この晴海とい人物は、実在する人物です。
脚色された物語にこそ生きるキャラクター性を感じた本でした。
気軽に時代物を! 是非。

★★★★☆*88

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■雑談:勘とかなんとか、どうでもいい話

どうでもいい話なんですが、勘について。

勘なんていうものは、偶然「あっ閃いた!」となるわけではなくて、
今まで自分が経験において、神経を尖らせて敏感に察知してきた物事に
ついて、これから起こる事象の、なんらかの防御策として
勝手に身につくものだとわたしは考えている。

例えば「人に嫌われたくない」と考えて生きてきた人にとっては、
「相手が不愉快になる」ということを無意識に意識し、
極力そうならないように、回避して、そうして根本的に、
そのような原因となる要素を根絶しようと、頭の中に植えつけているのだと思う。
意識的な場合もあるが、本来自分ではきづかないということも多いと思う。

だから、そう言う人は相手と会話をしていて、
決して悪口を言わなくなるだろうし、
相手の人にとって悪口となりうる言葉で、考えうる全てのことを、
避ける、という特技を身につけるのである。

もちろん、それは1つの事ではなくて、いろいろなことに「気をつける」
もしくは「無意識に避ける」ことにより、そのそれぞれが絡み合って、
いわゆる「勘」と呼ばれるものを生み出していると思う。

ここでどうでもいい話なのだが、
わたしは人の行動を見抜くのが得意だったりする。
全部がわかるとか、そんなおこがましい自信ではないのだが、
「自分はその場にいなかったが、あの人はあんなことをしたんじゃないか」
とか「あの人ならこう言うのではないか」ということを、
とてもよくわかるのである。(まぁみんなそうなのかもしれないが)

わたしの物まねは結構定評があるのだが(笑)、
物まね自体はすごく似ていないと思う。
でも「あの人ならこう言うのではないか」というのが、
ぱっと閃くので、咄嗟にマネをした時にみんなは「似ている」と
思うのではないだろうか、とか、最近気付いたのだった。

で、なんと言うことはない「嘘」にも気づいてしまったりして、
「あぁこの人実は奥さんと上手くいっていないのではないか」
とか、言葉の端々から気づいてしまったりして、
なんだかもっと鈍感に生きたいな、とか思う今日この頃なのだった。

けれどもそうして鋭くなってしまった神経は、
わたしが生きるために養ってきたものであって、
鈍感になりたいということは、今までの自分を否定する事でもあるのだな、
なんて深く考えてしまったりもして、とてもうんざりしている。

なんでぐるぐると思考は回り、
わたしはいつも向上心のない結論に達するのだろう。

と、鬱々と語ったところで、そんな自分にもうんざりしたので、
明日も仕事を頑張ろうとやんわり思考を回避しようと思う。
明日も帰宅は21時過ぎだろうか。
たまには早く会社を出て本を読みたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

「ごめん」 原田マハ

ごめん ごめん

著者:原田 マハ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


原田さん2冊目。読んでいて気付いたのだが作風が西川美和によく似ていた。
女性作家というとなんだかパターン化しているような気もし、角田さんの
ようにだらだらと書き連ねるタイプの作家と、女ハードボイルド傾向の強い
作家が多いように思う。わたしは中性的な桐野夏生とか好きなんですけどね。

『ごめん』
陽菜子の隣のベッドには夫が眠っている。頭には白いキャップが被さり、
顔の三分の二は呼吸器に覆われている。体には無数の管が取り付けられ、
名の知らぬ液体がその中を満たしていた。夫の純一は恐らくこのまま
目を覚ますことはないのだろう。そんな絶望と同時に陽菜子は、
正哉のことを考えたいた。純一が建設現場で事故に巻き込まれた
と知らせが来たとき、陽菜子は不倫関係のある正哉と旅行していたのだった。
家に戻り部屋を掃除していると、陽菜子は見知らぬ通帳を見つけた。
その帳面には毎月給料日に10,210円の金がどこかの口座へ振り込まれている。
そうしてその翌日にはそれと全く同じ金額が元の通帳へと振り込まれている
のだった。純一は借金でもしていたのだろうか? それとも何か理由が
あってのことだろうか。不思議な金のやりとりに、陽菜子は急に不安に
駆られそれらを解明をしようと動き出すのだが……。

短編集。どれも過去回想型の物語であった。そういうテーマだったのか、
よくわからないが、どの話でも過去の出来事がキーになっており、
良くも悪くもそれらの過去によって現在の姿があると物語られていた。
前回読んだ『キネマの神様』とはだいぶ作風が違うように思えて
(新しい職業に就いて頑張ってみよう、な話だったので)こんなドロリ、
とした話もかけるんだなぁ、と思った。特にその過去が何らかの負の
要素を含んでおり、今の自分にとっていい影響を齎していない、
と強く押し出されているのだが、けれどその中で選んだ(過ぎた事によって
選択された)人生の経路は、決して間違いではなかった部分もあるし、
あるいは負だ負だ、と凝り固まって考えていた過去には、実は自分の
知らない一面が存在しており、それを知った時、まるで持っていた過去が
がらりと姿を変えるような気持ちの切り替えになる要素を含んでいる
と締めくくっているところが、西川さんととてもよく似ているような気がした。
そんなことを考えながら読んでいたら、面白いのだけれど、
なんだかパターン化した女性作家の作風と言うようなものがあるような
気がして、素直に手放しで楽しめなかった。前にもこんな話を読んだこと
あるよなぁ、と思ってしまうような、そんな感想も得た。批判的な
気持ちが生まれるのは矛盾にも、的確に人物の心を描いている、
という描写の上手さのせいでもある気がする。もっと文章が下手くそだったら、
味が出るようにも思うし、もっと感情を理解できていなかったら、
それが個性ともなり得るような、なんともパラドックスを感じた本だった。
物語的には、上質この上ない。「ごめん」なんかは、とても共感を得られて、
最後には不倫していた夫と自分の過ちの無念さと寂しさで胸が熱くなる
ほどだ。だけど何かが足りない。足りないそれが埋まったら、
敵なしのすごい小説になるだろうなぁ、と思う。でもまだ、足りない。

★★★★☆*87

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

■雑談:ぼちぼち復活します

お待たせしております。
待っていてくれている方がいるかどうか不安なところですが……

只今仕事が火の車状態でかなり体力がない残念な状態です。
本はぼちぼち読めていますが、定時で帰るってすごいことだな、
としみじみ考えていたりします……!

ぼちぼち復活しますので、ぼちぼち待っていてください。
よろしくお願いします。

いつも遊びに来てくださり、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

6/12a flood of circle@岡山CRAZYMAMA KINGDOM

201006121733000
看板にフラッドの「a」すらありません(笑)

6/12a flood of circle@岡山CRAZYMAMA KINGDOM

■セットリスト

 Forest Walker
 博士の異常な愛情
 泥水のメロディー
 Buffalo Dance
 Thunderbolt
 カメレオンベイビー
 Human License
 プシケ
 月に吠える
 春の嵐
 ビスケット

※どこかのMC

佐々木さん「フラッドは新しいグッズを作ったんですが……、
それをちょっと石井に紹介してもらおうかな」

石井さん「そうなんですよ、新しいグッズを作っちゃったんですよ。
携帯電話につける、ストラップみたいなぁ、
キーホルダーみたいなやつです。ほら、二毛作的な!」

渡辺さん「二毛作……」

佐々木さん「に…二毛作はやめよう、石井……」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

6/10つばき@下北沢SHELTER『正夢になった夜 vol.6』

201006101818000
6/10つばき@下北沢SHELTER『正夢になった夜 vol.6』

■セットリスト

 瞬き
 亡霊ダンス
 ブラウンシュガーヘア
 気まぐれ
 夜と夢の鼓動
 over
 太陽
 猫
 めまい
 GOBUTAMA
 覚めた生活
 光~hikari~

EN

 花が揺れる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

6/6a flood of circle@渋谷O-EAST『GRTTING BETTER』

201006061445000
6/6a flood of circle@渋谷O-EAST『GRTTING BETTER』

■セットリスト

 Forest Walker
 博士の異常な愛情
 Human License
 泥水のメロディー
 Buffalo Dance
 カメレオンベイビー
 プシケ
 春の嵐

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »