« 「かもめ食堂」 群ようこ | トップページ | 5/28a flood of circle@徳島GRINDHOUSE『MONSTER baSH』 »

2010年5月17日 (月)

「アレグリアとは仕事はできない」 津村記久子

アレグリアとは仕事はできない アレグリアとは仕事はできない

著者:津村 記久子
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


津村さん……どうしたんだ一体……と絶句した本。津村さんの持ち味は
こんな所にないよ、と。わたしは主人公の気持ちがいやんなるくらい
わかったので、なんだかもう、やめてくれよ、って気分になった。そこ
に虚しさを求めるならまだしも、怒りに持っていっちゃだめなんだと。

「アレグリアとは仕事はできない」
ミノベの元に新しく入った品番YDP2020商品名アレグリア、という複合機は、
まるで役立たずの機械であった。新機種であるはずのアレグリアは、
コピーを始めて一分経つと、八秒間エラー音を出し、二分間の
「ウォームアップタイム」に突入する。その間もちろんコピー作業は
中断され、仕事が滞る事になる。この一分働いたら、二分休む、という
様子は、まるで仕事を急いているミノベをあざ笑っているかのようで、
アレグリアの存在はミノベにとって腹持ちならないことであった。
コイツが人間だったら、締め上げてやるのに。しかし、機械にはそんな
ことはできない。先輩などに同意を求めると、「機械なんだから」と
言って、笑うだけだった。ミノベは釈然としなかったが、ある日
先輩が大量にコピーをする日にアレグリアはまたしても不具合を
訴え始めた。納期に間に合わないため、仕方なく手作業になった。
絶望を感じた先輩はその日から会社に来なくなってしまうのだが……。

意味深に進むので、裏側をちょっと期待していたのだが、まったく裏の
ない話で、ずっこけた。一体なにが言いたかったのかよく分からない本
である。もちろん、このスキャナー付複合機のこういった苛立たしさ、
はわたしもそう言う仕事をしているので身に沁みている。
(沖で待つのHDDといい、なんだか嬉しいようで、虚しい共感)
この機械の「よく分からないエラー」や「よくわからない不具合」
ほど、頭にくるものはない。おまけに対応係に任命されたりすると、
「使えないんですけど」と他の社員からまるでわたしが悪いような
文句の口調で訴えられる。ボタンを押してもどうにもならないし、
専門作業員を呼んでも「よく分かりませんね」なんて言われることもある。
じゃあどうするんだよ!という怒りの矛先は、どこにも向けようがなくて、
そうして、誰にでもなく怒っている自分がしまいには虚しくなってくるの
である。と言ったようなことが、物語の9.5割を裂いて描かれているのだが、
ただそれだけであって、「で、どうするの?」についての、物語の
展開がまったくなく終わるのであった。この本については、とても
「苛立つ原因と現状」がくどいほど描かれているけど、その後の
虚しさ、というか、こういった機械に頼りすぎている情けない人間の
事情が足りなかったように思う。津村さん、好きなんですけど、
得意分野はここじゃないと思う。もう一つの「地下鉄の抒情詩」も
かなり面白くなくて、残念だった。あれは何を得るべきだったのか?
読後もよく分からない。地下鉄の中でイライラするのは分かるけど、
それをただ単に描いただけでは、ただ地下鉄でイライラしている人と
変わらないわけで……。そのあとの感情の変化がなく、これも
何を伝えたかったのかよく分からない話だった。

★★☆☆☆*55

|

« 「かもめ食堂」 群ようこ | トップページ | 5/28a flood of circle@徳島GRINDHOUSE『MONSTER baSH』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/34838058

この記事へのトラックバック一覧です: 「アレグリアとは仕事はできない」 津村記久子:

« 「かもめ食堂」 群ようこ | トップページ | 5/28a flood of circle@徳島GRINDHOUSE『MONSTER baSH』 »