« 5/10つばき@下北沢CLUB Que『正夢になった夜 vol.5』 | トップページ | 【試写会】孤高のメス »

2010年5月11日 (火)

「溺レる」 川上弘美

溺レる (文春文庫) 溺レる (文春文庫)

著者:川上 弘美
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


溺れる事ができなかった。きっとまだわたしにはその時期が来ていないのだ。
最近本を読んでいると、「この本をあの時読んだらよかったのに」と、
思うことがある。それとは反対に「この本はまだ本当の良さがわからない」
と思うこともある。それは心から素直な言葉で、その日が来るのが待ち遠しい。

「亀が鳴く」
ユキヲと暮らしはじめたのはたしか三年ほど前だったように思うが、
さだかではない。さだかではないことが私には多くて、ついせんだって
ユキヲが「別れたいのだが」といいだしたときの様子でさえさだかではない
のだった。ユキヲに、私は思ったよりも多く執着しているということが、
「別れたいのだが」と言われた瞬間にわかったのだが、それでも
やはりなすすべがなかった。悲しくすべきは私なのに、ユキヲよりも
悲しそうにはできなかった。悲しそうなユキヲの横の水槽で、亀が
きゅうと鳴いた。引越しの段になり、荷物を分別しているとき、
ユキヲは新しい女の話をした。その女と寝て、なかなかよかった、
などという。私が「なぜわざわざ言うの」と反論すると、ユキヲは
私の首をしめはじめた。意識を取り戻すと、ユキヲは優しいユキヲに戻った。
私といると、ユキヲはだんだんに沈んでしまう。また亀が鳴いた気がした。

この本には男にどうしようもなく溺れてしまう女が描かれている。
若い女ではなく、たぶん30を超えているであろう女たち。男はどこか
「普通」ではないようで、女の首をしめる男だったり、性交で痛めつける
のが趣味であるような男だったり、まるで清純さはない。どろどろと、
けれど濁りすぎず、そこにあるのが当たり前であるかのように、
男女の言葉や行動の交わりが、たんたんと描かれているのだった。
人間の人間らしい様子とは? 途中でそんなことを考えたのだが、
それは例えば物語を書くときに、一番先に避けて通る事柄ではないだろうか。
人間らしさはストーリーを構成する上で、必要がない。実際だってきっと
そうなのだ。そう思うと世間に向けた表の顔と家の中の裏の顔があるように、
その「普通」ではない「裏」の部分が、逆に彼らの人間らしさであるように
思えてくるのだった。その誰かを好きになった理由はわからないが、
いつしか一緒にいるうちに混ざり合い、相手の避けるべき
悪しき部分を愛してしまう。ダメな部分としりつつも、抜け出せず、
むしろ2人は足をもつれさせるようにして、揃って沈んでゆくのだろうと。
そう分かりつつ読んでも、なんだかまだわたしの頭では本当の意味で
理解することが出来なかった。その、誰かの「人間らしい部分」を、
本当に好きになったことがないからだろう。だから、この本は時が
きたらまた読みたいと思った。もしくはすべてを経験したことのある方は、
ぜひ読んでいただきたい本である。きっと深い共鳴を得られると思う。

★★★☆☆*84

|

« 5/10つばき@下北沢CLUB Que『正夢になった夜 vol.5』 | トップページ | 【試写会】孤高のメス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/34780852

この記事へのトラックバック一覧です: 「溺レる」 川上弘美:

« 5/10つばき@下北沢CLUB Que『正夢になった夜 vol.5』 | トップページ | 【試写会】孤高のメス »