« 「アサッテの人」 諏訪哲史 | トップページ | 「溺レる」 川上弘美 »

2010年5月10日 (月)

5/10つばき@下北沢CLUB Que『正夢になった夜 vol.5』

201005102003000
5/10つばき@下北沢CLUB Que『正夢になった夜 vol.5』

■セットリスト(つばき)

 ブラウンシュガーヘア
 雨音
 スタイル
 夢見る街
 タブレット
 来る朝燃える未来
 花火
 銀河列車
 太陽
 最低な気分、雨に打たれて
 覚めた生活
 花が揺れる
 
EN

 君がいなければ

長澤さんに間に合いませんでした。残念です。
でもつばきにも間に合わないかと思っていたので、
着いたら転換中だったときは心底安心しました。

しかしぎゅうぎゅうのQueは大変見づらい。

久しぶりに一色前で観ました。
しかし小川さんの方が良く観えるといういつものパターン。

今日はライブとは違うことで鬱々とした気分だったので、
ライブを観る気分ではなかったのですが、
けれども「哀しい歌はそんなときのためにある」というその言葉を、
あぁそのとおり、と素直に思えるようないい感情を得ました。

いつしかつばきを観始めたころも鬱々としていた時期で、
今日のライブでは、つられていろいろな感情を思い出しました。
そういえばわたしはつばきのこんなところが好きだったんだった、
と、忘れかけていた思いすら、過ぎったように思います。
もちろん今も好きですが、その原点のようなものが。

でも一つ違ったのは、今のわたしは
「哀しい歌はそんなときのためにある」ための
つばきだけではなく、笑いがとまらなくなるような
楽しいつばきを知っているということでした。
哀しい気持ちに惹かれながらも、なぜか笑ってしまうような、
視線が過ぎるだけで、笑い出してしまいそうなその感情が
混ざり合って、なんだかぐるぐると複雑な心境でした。

タブレットと夢街、来る朝と、
こんなところで!、な、銀河列車がよかったです。
春に聴くタブレットは初めてかもしれません。?
気合の入った雨音やったから(笑)帰り雨でしたね、雨乞い!

いつもいつもわたしを救ってくれてどうもありがとうございます。

※どこかのMC

一色さん「いや~僕のMCはもうね、だらだらしゃべっていて、
お客さんにももうやめてくれ、って言われるって有名なんですが、
みなさん、どうです? 聞きたいですか?」

お客さん「(笑)」

一色さん「あーーなんか(聞きたいお客さんと聞きたくないお客さんが)
半々って感じだね、どうする小川君?」

小川さん「……」
お客さん「……」
(曲が始まりそうな感じの雰囲気)

一色さん「最近ですね、」

お客さん「(笑)」
(やっぱり話すんだ、の笑い)

一色さん「最近、僕の中で土鍋でご飯を炊くのが流行ってまして、
最初はダメだったんですけど、5回目くらいかな、
上手くできてね、それが美味しいんですよ。
(中略・忘れました)
でもアレなんですよね、僕の土鍋は一人用の土鍋なんです。
だから友だちとか誘って3人とかで来てもダメなんですよ。
ほら、分量とか分かんなくなっちゃうから。
遊びに来るときはね、ひとりでご飯食べに来てください(笑)」

※アンコール前のMC

一色さん「僕たちは今年10周年ということで、こうして
『正夢になった夜』というものを企画しまして、
(中略・忘れました)
今回で5回目を迎えるわけですけれども、今回は長澤君ということでね、
いや~長澤君かっこよかったなぁ……。本当かっこよかった。
このあと打上げでお酒を飲んじゃおうかなぁ、と思っているのですが、
もちろん長澤君も一緒に、今日は逃がさないよってことで、
痛さを堪えながらも酒に付き合って貰おうともいます(笑)
(後略・忘れました)」

一色さん「じゃ、小川君一言。今日しゃべってないからさ。
あっ、ほら、物販! 物販の話ししてよ」

小川さん「物販かよ。
この企画では毎回新しいグッズを出そうってことでね、
始まったんですけど、いやもう、そんなこと言うんじゃなかった
って思うよね。もうネタ切れだよ、ネタ切れ(笑)
んで、5回目の今回は、鏡ね、ミラーです。
オシャレっ子のための必須アイテムですよ。
そこの出口の物販で売ってるので、みなさん帰りに買って、
そんで、みんな髪の毛乱れてると思うんでね、
ちゃんと正してから、帰ってください」

一色さん「お前もなって」

小川さん「もちろん、バッチリだよ」

な、つばきでした。
バッチリだよ。

|

« 「アサッテの人」 諏訪哲史 | トップページ | 「溺レる」 川上弘美 »

コメント

行ったんですねー∑q|゚Д゚|p
うぅ…行かない時に限って聴きたい曲とかやるんですよね。夢街なんて、何度願ったことか…。
タブレット、来る朝も。。
アルバムいつ頃でしょうね?楽しみです!!
7月の名古屋とKERENとのQueは行くつもりです^^

西さんの「きりこについて」、私の中ではよかったですよ。
言われてみると関西弁ですね。私もさくらしか読んだことなかったんですけど。
脳が変わる生き方、すごい読みたくなりました!

投稿: しおん | 2010年5月13日 (木) 19:34

>しおんさん

気合で行ってきました(笑)
いやもう90%くらい行くのやめようかと思っていのですが、
でも行くのをやめようかと思う理由がライブ自体ではなかったので、
逆にテンションあげてもらいましょうかね、と賭けにでました。

夢街もタブレットも来る朝も3人で弾ける曲ですし、
今後もきっとやりますよ~。
特に来る朝は去年結構やりましたよ、ロフトもやったし、
博多も、誕生日ライブでもやりましたね。
期待しましょう!!
タブレットは弾き語りで結構やるかも、な曲でもあります。

名古屋は行かないと思われます。(手売チケットは売り切れたようで)
KARENはチケット買いました。(まだ手売余っているようです)

「脳が変わる生き方」よかったですよ。
講演会の資料が元になっているみたいなので、
同じこと何回も書いてあったり、口頭の言葉を書き起こしてあるから、
なんか文章としておかしいところとかもありますけど(笑)
ぜひ図書館で借りてみてください!

「きりこについて」予約してみます~!

投稿: るい | 2010年5月14日 (金) 13:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/34640072

この記事へのトラックバック一覧です: 5/10つばき@下北沢CLUB Que『正夢になった夜 vol.5』:

« 「アサッテの人」 諏訪哲史 | トップページ | 「溺レる」 川上弘美 »