« 「gift」 古川日出男 | トップページ | 「顔のない敵」 石持浅海 »

2010年4月23日 (金)

4/23FoZZtone@赤坂BLITZ『Lodestone Tour Final』

4/23FoZZtone@赤坂BLITZ『Lodestone Tour Final』

■セットリスト

 MorroW
 黒点
 BRUTUS(Et tu, Brute!)
 SCHOOL
 春と鉛
 NIRVANA UNIVERSE
 新曲(渋谷の交差点がなんちゃら)
 歌うたいのバラッド(斉藤和義)with 西村晋弥
 ホールケーキ(FoZZtone)with 西村晋弥
 悲しみの果て(エレファントカシマシ)with 佐々木亮介
 プリズム(a flood of circle)with 佐々木亮介
 ひかり
 チワワ
 ワンダーラスト
 平らな世界
 エレベーター
 in the sky
 JUMPING GIRL
 新曲(エネミー)
 音楽
 NAME

EN1

 雨上がりの夜空に(忌野清志郎) with 岩崎彗
 新曲(ロードストーン)

EN2

 茶の花
 The World Is Mine

『チワワ』久しぶりでしたね。
『春と鉛』もすごい久しぶりだったな。2年くらい聴いてないんじゃ……。
どうもありがとうございます。
ギターが、というか、演奏に「久しぶり感」が滲み出てたけど(笑)、
なんだかそんなのどうでもいいくらい嬉しかったです。

そう言えば、注目の白シャツ、
フラッドの佐々木さんがやけに目立っておりました。
まさに「オハヨウゴザイマス!」な感じで、ハンドマイクをした
佐々木さんはフロアに身を乗り出し、一気にフラッド色に。
一瞬「あれ、佐々木ステージだっけ?」
とFoZZがのっとられるシーンがありました。
佐々木さんが立ち去り「あいつすげぇ緊張してやんの、面白れぇ」と
渡會さんが呟き、勝ち誇った顔をしたのが最高に意地悪そうでしたね。

セッションでは、まさかのフラッド『プリズム』初披露。
もの凄く高速プリズムでしたが、さすが竹尾さま、
あの超絶技巧を高速でもものともせず弾いており、感嘆でした。
見直しました。(あたりまえやろうが、と怒られそうですが、)
おまけに石井さんのベースラインをキャノンが弾くという、
かなりのレアさに悶絶。同じ音でもキャノンが弾くとなぜか軽やか。
いいもの観れました、ありがとうございます。
今度はぜひフラッドで。曽根さん期待してますよ(笑)

さて、FoZZにしては異例のライブ本数だった、Lodestone Tour。
お疲れさまです。
泣きそうに声を震わせながら喋る渡會さんを観ながら、
わたしがこれまで観てきたFoZZtoneのライブを思い返していました。
(最近は何だか過去を振り返ることが多いんだけど……。さておき)

実はFoZZtoneを音源で知ったのは、つばきよりも前。
こちらも友人に焼いてもらったCDに入っていたのが
きっかけだったけれど、他のすべてを押さえて、
とても惹きつけられる音楽だったのを覚えています。
確か『蜃気楼』だったと思うんだけどね。
その時『平らな世界』のCDを慌てて買ったな。

ライブを初めて観た長野は、FoZZがトリで、お客さんが15人(!)
くらいしかいなかった。(長野は終電が恐ろしく早いことで有名)
いや、本当にもう笑えるライブでね。
残った15人が本当に楽しそうに腕を振り上げていたな。
わたしの中でちょっと伝説のライブ。

その頃渡會さんは何を思ったのか髪型が黒髪テクノカットで(!)
そしてあのおばあちゃんのハンカチみたいな柄のシャツで、
ブーツイン。今より随分ぽっちゃりしていた。
『茶の花』では、早口歌詞「円周率3.14~」を追いきれずに、
笑いながら「るららら、るららら」歌っていた。
そんでもって間奏では、竹尾さんがコサックダンス(!)
をしながらギターを披露。今では幻のコサックダンスです。

「なんなんだ?、このバンドは……」

が第一感想だったことは、ご本人たちには秘密にしておきます。

渡會さんのMCはいつも堅苦しいと思っていました。
なんだか街頭演説みたいで。なにか大切な事を言おうとすると、
なにを一番言いたかったのかよく分からなくなってしまうから、
いつもよーくよーく考えて、しゃべっていたのだと思う。
少し、格好つけて。
まぁそこが格好ついていないところが、好きなんだけれどさ。
今日のMCは最高だったよ。
つぶやくようにそっと出てくる言葉たちが、
みんなのもとにするりと溶け込んでいった、そんな気がしました。

ファンに支えてくれてありがとうと、言って涙を浮かべる渡會さんを見て、
そんなことを思ったり、思い出したりしました。
本当はもっともっとあるんだけど。
と、言うことは、それだけのフォズの記憶や印象があるわけで、
そのおかげで、わたしたちは楽しい思いをしてきたわけで、
だからさ、こちらこそありがとうと、言いたい。

ありがとうございます。

これからも支えますから、支えてください。
フォズは、がっかりするくらい、希望ばっかり、だからさ。
でしょ?
そこんとこ、期待していますよ。

これからもよろしくお願いします。

|

« 「gift」 古川日出男 | トップページ | 「顔のない敵」 石持浅海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/34411107

この記事へのトラックバック一覧です: 4/23FoZZtone@赤坂BLITZ『Lodestone Tour Final』:

« 「gift」 古川日出男 | トップページ | 「顔のない敵」 石持浅海 »