« 4/10つばき、メレンゲ@新宿LOFT『正夢になった夜 vol.4』 | トップページ | 4/14a flood of circle、THE BACK HORN@渋谷QUATTRO『THE BACK HORN KYO-MEI大会』 »

2010年4月11日 (日)

4/10つばき+曽根巧@新宿LOFT『正夢になった夜 ~番外編~』

201004102324000
4/10つばき+曽根巧@新宿LOFT『正夢になった夜 ~番外編~』

■セットリスト(つばき、なんか順番違うかも)

真夜中3時の商店街
GOBUTAMA
飽和状態
赤い扉
君のヒゲ

正直なところ、もっと珍しい曲やってよ、な感じでしたが(笑)
それは終わってみてからの話です。
つばき+曽根さんの演奏が始まったのは、夜中3時過ぎ。眠すぎる。
でも、そうかそうか、真夜中やりたかったから3時にしたのね?、
と気づいたのも、終わってみてからの話です。

4人が出てきて、なぜか3人はしましまペアルック。珍しい。
自分のバンドT着るなんて恥ずかしいって思う周期なんだ、
って言ってたじゃない。それでもお揃いで着てしまうくらい、
今日は楽しみで仕方がなかったんだろう。
一色さんが真ん中に立った時点ですでに違和感。
マイクスタンドがまっすぐだし!
そして右にはどうしようもなく楽しそうににまにま笑う曽根さんが。
そういや曽根さんがいるとなぜか小川さんはいつも楽しそうだったな。
懐かしい。
何か深いことを感じるよりも先に、記憶の中から懐かしさがあふれ出た。

何が始まるのかと思ったら、ギターを掻き鳴らし、
「愛が足りない、愛が足りない!」

思わず笑ってしまう。
真夜中はわたしがつばきで一番好きな曲である。
みんながよくリクエストする「冬の話」でもなく、
定番の「昨日の風」でもなく、「君がいなければ」でもなく、
誰も一番に選ばないだろうこの曲が、わたしは大好きである。
理由は教えない。

わたしは曽根さんがいるときに真夜中を聴いたことがなかった。
始まった聴きなれたその音楽は、
笑ってしまうくらい音に厚みがあって、
あぁこれが人ひとりぶんの温かさか、と思った。
曽根さんがいるといつも楽しそうで、
あのとき時おり3人でやる笑わないぼろぼろの演奏と比べると、
嫌でもその存在感を感じたな、と思い出した。

いろんなことが頭を過ぎりすぎて、
キラキラと光るステージは、幻みたいに見えた。
真夜中の3時で猛烈に眠かったし(笑)

一色さんと曽根さんがひそひそ目配せ。
演奏中4人は本当に楽しそうで、
にたにたにたにた笑って、気持ちが悪いくらいだった。
きっとそこから懐かしい顔がたくさん見えたんでしょ?
曽根さんを始め、あの頃やその頃の懐かしい人たちが。
よかったね。

『真夜中3時の商店街』の「愛してる」を言う部分で演奏が止まったとき、
小川さんではなく曽根さんが言うことになり……

一色さん「それじゃあ巧くん、どうぞ」

お客さん「たくみくーんー」

お客さん「小川さーん」

曽根さん「おい、巧くんゆうてるやろうが!」

一色さん「なおちゃんは?」

岡本さん「愛してるー!!」

小川さん「愛してる!」

一色さん「はい、曽根さん」

曽根さんは「愛してるー!」

一色さん「おーーーぅ、みんな愛してるぜー今日は本当にありがとう!」

(中略)

一色さん「いやぁー久しぶりに一緒にやると楽しいね、曽根さん(笑)」

曽根さん「ほんまやなぁ(笑)」

一色さん「ほんじゃ、もう一曲いっちゃいますか」

ハイテンション!

おめでとう、そして、これからもよろしく。
また曽根さん誘ってライブやってください。
今度はぜひ3人では難しい曲を(笑)

|

« 4/10つばき、メレンゲ@新宿LOFT『正夢になった夜 vol.4』 | トップページ | 4/14a flood of circle、THE BACK HORN@渋谷QUATTRO『THE BACK HORN KYO-MEI大会』 »

コメント

すごい、今更なコメント(笑)
良かったですね~!と言いたいところですが、
最悪なことに慣れないお酒(中途半端に空腹だった)がたたって
ずーっと突っ伏してました…。あ、本編はちゃんと見てましたよ。
番外編がつばき+曽根巧とマスさんのDJくらいしかまともに見れませんでした。。

話は違いますが、この前ライナーでるいさんといつも一緒にいる子に会いましたよ!
本当にすみません…名前が…分かりかねます(;´Д`A ```
シリアルを見に来たと言ってました。もし聞いてたらよろしくお伝えください!!

はぁ。長々とすみません。
図書館に行く前にここをちらっと見たりするんですが、高評だった角田さんの「予定日はジミー・ペイジ」、良かったです。
初めは日記調の淡々とした進み方が味気なかったというか、いまいち入れなかったんですけど、
中盤くらいから主人公や主人公を取り囲む人たちの言葉や気持ち、風景の描写がとても良かったです。
今は西加奈子さんの「きりこについて」を読んでいます。気になってるのは姫野さんの「リアル・シンデレラ」です。

5、6月の正夢は行かないと思うので、7、8月辺り、
また良ければ話しましょー♪

投稿: しおん | 2010年4月29日 (木) 00:12

しおんさん

遅くなってすみません。
いえいえ、今更なコメントも嬉しいです!(笑)
わたしも途中から最悪でした……。
酔いが覚めると(と言っても酒に強いのでそれほど酔わないのですが)、
かなりのローテンションになるので、nano soundのあたりで、
けっこうへばってました。あの企画は本当乗り切った3人に拍手ですね。

あぁきっとYちゃんですね。
シリアル大好きっ子なので、大抵のライブにはいますよ(笑)
明日もいると思いますよ~ぜひお話でも。

「予定日は~」よかったですか!それはそれは安心しました。
この本結構賛否両論みたいで(笑)というのも、角田さんは
けっこうバッドエンド?したり、もやもや低空飛行でラストを迎える作品
が多いのですが、この本はポジティブな上にハッピーエンドなので、
いつもの角田じゃない、みたいなファンの批判があるようです。
わたしも日記調はあまり好きじゃないのですが、読み進めていったら、
後半のほうで不覚にもうるっときてしまって、まんまとやられました。
子どもを生む頃にもう一度読みたいですね。

西さんですか~「あおい」しか読んだ事ないかも……
あと「通天閣」を読んだ気もします。
あの関西弁が独特で、けっこう文章で読むととっつきにくいです。
聞くように読めるようになりたいものです。
何か読んでみようかなぁ。わたしも姫野さん攻めたいところです。

わたしも明日行かないかも知れませんが……。
夏にまたお会いしましょう!

投稿: るい | 2010年5月10日 (月) 01:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/34192432

この記事へのトラックバック一覧です: 4/10つばき+曽根巧@新宿LOFT『正夢になった夜 ~番外編~』:

« 4/10つばき、メレンゲ@新宿LOFT『正夢になった夜 vol.4』 | トップページ | 4/14a flood of circle、THE BACK HORN@渋谷QUATTRO『THE BACK HORN KYO-MEI大会』 »