« 「夫婦茶碗」 町田康 | トップページ | 「ズームーデイズ」 井上荒野 »

2010年3月 3日 (水)

「整形美女」 姫野カオルコ

整形美女 (新潮文庫) 整形美女 (新潮文庫)

著者:姫野 カオルコ
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


姫野さん気づけば結構読んでいるような。これはいよいよ、
『ツ、イ、ラ、ク』読まなくては、かもしれませんね。この性の哲学?
は他では味わえません。ついつい、手にとってしまうのは、作戦に
嵌っているような気がする。しかし他にない、は素晴らしいことだと。

繭村甲斐子は自分の全身に対し思い悩み、整形手術をすることにした。
すべてを『計画』と称しこれから「美人」になるためのプロセスを実行
してゆくのだ。まずはこの大きなバストをどうにかしなければならない。
次は目元、頬、口もと、鼻、それから尻もである。そう説明する甲斐子
のことを、大曾根ドクトルは不審な眼差しで見た。「なぜ?」
大曾根は甲斐子の言葉を理解しようとしなかった。甲斐子が整形をする
必要性を大曾根は見つけることができないのだった。そう、甲斐子は、
大きなぱっちりとした二重瞼に、美しい弧を描く口もと、豊満な胸に、
くびれたウエストをもつ、理想的な「美人」であったからだった。
大曾根の反対を押し切り『計画』を実行しようとする甲斐子であったが……。

「美人はモテるのか?」という命題を元に推し進められる性哲学。
以前読んだ『受難』と方向性が似ている。今回は、ずばり、
「美人はモテるのか?」である。そもそも「美人」というのは、
どういう人物のことをいうのだろうか。モナ・リザや、古代ローマの
彫刻、もしくは世界のトップモデルのような整った美しい顔立ちで、
豊満なボディを持っている女は、「美人」でモテるのだろうか。
答えはノーである。確かに「美人」であるが、本当の美人ではないのだ、
と姫野さんは言う。まず定義として本当に「美人」と言えるのは、
男が好感を持ちセックスをしたいと思えるような女である。
顔を見ただけで、服の下のおっぱいを感じ、やはりセックスをしたいと
思うことができる女なのである。いわゆるそれが「モテる」女という
わけだが、トップモデルのような目鼻立ちがはっきりした女は、
一見美しいように見え、しかし男がそのような感情を抱くことはない。
同じ言葉を発したとしても、顔立ちがはっきりしている分、
印象がキツくなり、好感を得ない。それならば、目立たない地味な女
であった方が、男は安心し好感を得ると言うのであった。
トップモデルのような整った顔から連想されるおっぱいは無機質だが、
地味な女のおっぱいは容易に想像することができるからだろう。
柔らかなふわりとした洋服を着、小さな瞳で上目遣いで男を見ながら、
えぇ、まぁ、そう、えぇ、まぁ、そう、と曖昧な返事ばかりをする、
女の中で「薄汚い女」とされる女ばかりが、男からはモテるのである。
読んでいて、はーなるほど、ふーんそうかだからわたしは……と、
いよいよ自分のことのように読んでしまったが、とても面白い、
美的感覚を覆す効果のある本だった。なるほど、一般の男性は、
美しい女よりも、顔の皮が厚い女の方が好きなんですね……と、
ふむふむ納得し、わたしもちょっとお馬鹿そうに振舞おうかしら、
とか思ってみたりした。きゃぴきゃぴしている女、ついていけないなー
とか思うんだけど、そんなこと言っているから、モテないんだろうな。
と如実に感じつつ、女を「演じる」のも大変だ、と他人事のように思った。
あと、美容整形の賛否についても、(否定が多めだが)書かれており、
とても小説とは思えない充実度である。美女は読んだ方がいいと。笑

★★★★☆*87

|

« 「夫婦茶碗」 町田康 | トップページ | 「ズームーデイズ」 井上荒野 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/33685183

この記事へのトラックバック一覧です: 「整形美女」 姫野カオルコ:

« 「夫婦茶碗」 町田康 | トップページ | 「ズームーデイズ」 井上荒野 »