« 「指先からソーダ」 山崎ナオコーラ | トップページ | 【DVD】木更津キャッツアイ 日本シリーズ »

2010年2月 2日 (火)

■エッセイ的なもの:遅刻の話

・ち‐こく【遅刻】
[名](スル)決められた時刻に遅れること。「待ち合わせに―する」
(大辞泉より)

友人と待ち合わせをするとき、わたしはけっこう遅刻をする方だ。
特に仲の良い友だちになればなるほど気が緩み、遅れがちになる。
今の時代携帯電話というものがあるので、
よく「○分くらい遅れます、ごめん」とメールを打つ。
あんまりよく打つものだから、「よく打たれる定型文一覧」に
すぐに出てくる。見るたびにまたやってしまった、と思う。

でも自分が遅れがちだからか、他人が遅れることには寛容である。
そもそも一人でいることが多いので、大概本を読んでいる。
だから、相手が少しくらい遅れようが、本を読める時間が増えた、
と思うくらいなのである。それは決して遅れてくる誰かを思って
いないから(会える時間が減ってしまって残念じゃないか、など)
ではないのだが、遅刻という「約束」を利用した、気の許しあい、
みたいなもの、を無意識に行っているように思う。
「ごめん、遅れる」「えー、また? はいはい、わかったよ」
という軽いやりとりが、わたしは嫌いではない。

だけど、そう思っている人ばかりではないことを忘れてはいない。

大学生のとき、中学生のときの友人が久しぶりに会わないか、
と誘ってくれたことがあった。言うまでもないが、わたしは、
中学生のときから遅刻の常習犯であった。ことのほか仲の良かった
Aちゃんとの待ち合わせはよく遅刻したものだ。
田舎の電車は1時間に2本くらいしかないので、
わたしが電車に乗り遅れたばかりに30分も待たせてしまったこともある。

中学生のときとは違い、わたしたちは都会の真ん中で待ち合わせをした。
電車はたくさんある。しかし、わたしは性懲りもなく遅刻をして行った。
言い訳をさせてもらえるなら、当時わたしは殺人的に忙しかった。
平日は会社に行き、その後には学校だった。
土日の昼間はファミレスでアルバイトをし、夜は居酒屋で働いていた。
この日はAちゃんと会うために作った1ヶ月ぶりの休暇だった。
休暇だ、と思い気を抜いたわたしは、案の定寝坊した。
大慌てで用意をし、15分ほど遅刻して待ち合わせ場所に着いた。

久しぶりに会ったAちゃんは、懐かしい話で盛り上がり笑っていたが、
その遅刻について快く思っていなかったようだ。
数週間後、また遊ばないかとメールをしたところ、
「あなたと待ち合わせをするといつも遅刻するから、
わたしに会いに来るのが面倒なんじゃないかと考えてしまう」と、
やんわり断られてしまった。わたしはAちゃんに上記のような
言い訳をしなかった。言い訳はわたしが一番嫌いなことだからだ。
それに今までしてきた遅刻のことを考えると、言えるはずがなかった。

あるとき、母と遅刻の概念について話したことがある。
インドだったか、ブータンだったか、ミャンマーだったか、
とにかくそのあたたかい地域に住む人たちは、とても時間にルーズだ、
という話だ。ルーズと言うのは語弊があるかも知れないが、
1分1秒を争わないと言う意味である。

内容は何かのテレビでやっていたのだが、例えば待ち合わせをしたとき、
相手が遅刻したら、どれくらいの時間黙って待つか、というもの。
その国の人たちは、2時間くらいはみな平気で待つらしい。
店で待ち合わせた場合は、店主と世間話をしてのんびり過ごす。
駅の場合は、やってきた違う知人と立ち話をして陽気に待つ。
きっと遅刻、という概念が別ものなんじゃないだろうか。
きっと遅刻という言葉に、悪意、ミス、過失、
というような負の考えが含まれていないのではなかろうか。
それとも時間がもっと優雅なものであり、10分、20分といった
形式で括らないような、太陽が昇り、沈むといっただけの、
広々とした時間的意識なんだろうか、とも考えたりした。
余談だが、そういった差を、小説の中で見つけるのは、少し面白い。

ちなみに日本人の許容時間は20分くらいのようだった。日本の場合、
2時間も来なかったら、逆に心配し始めてしまう時間ではないだろうか。
そんなことを考えていたら、「ちっ、日本に生まれなければ」
とか悔しく思ったりして、人間は面白いな、と思えてくる。
母は、「そんなの20分でさえ耐えられない」と飽きれたように言った。
わたしの持論である、約束の許しあいについて語ったが、
聞く耳を持たなかった。わたしとはやはり気が合わないようだ。

ところで近年出会った友人が、わたしに輪をかけて遅刻をする。
この間の日曜日には、1時間24分待たされた。
去年の最高記録は4時間30分だった。Yちゃんは誰に対しても
遅刻常習犯であり、そのみんなが「Yちゃんなら仕方ない」と
思っている。でも、わたしはYちゃんが遅刻をするたび
自分のことを思い出してしまう。ふとAちゃんの顔が浮かび、
楽しかった日々を思い出してしまう。Aちゃんの部屋はアイドルの
ポスターでいっぱいだったな、とか、よく漫画の濃い話をしたな
とか、思い出し、感傷的な気分になるのだった。
Aちゃんのような人を増やしたくないし、
Yちゃんもわたしのように後悔して欲しくない。

こっそりYちゃんの遅刻癖を治すようにも仕向けたい。
どうしたらいいだろう。

わたしは日本人だから、
やはり多少なりとも他人に合わせることは必要であろうと思う。
わたしの心の中の小さな目標はいつも、遅刻をしないことである。

|

« 「指先からソーダ」 山崎ナオコーラ | トップページ | 【DVD】木更津キャッツアイ 日本シリーズ »

コメント

るいさんにとってのAちゃん、私もいます。
遅刻じゃなくて居眠りですけど。
やんわりな断りにやきもきしたから、はっきり言ってと言ったら、
「もう話したくない」と言われました。

私は、心底人を嫌いになったことがなくて。
単純に好きではないならありますけど、恨むほどとか、口をききたくないほどという意味ではなくて、
それはある意味幸せなのかもしれません。でもそういう子を作りたくないという気持ちもあります。
だから、その子の本心とその子が仲の良かった子をそこまで嫌える気持ちが私には分かりません。
詳しい理由を聞きたかったけど、もう余地がなさそうなので諦めました。
るいさんと同じように、その子と一緒に行った店や、道、音楽などを思い出してしまうし、
他の友達にも知らずのうちに同じ思いをさせてしまっているのかな、と不安になったりもします。
何やらまとまりません…はけ口にしてすみませんm(_ _)m

Yちゃん、許容時間を設定してみては?(越えたら先に行くとか、帰るとか)
まぁ、いずれにしても簡単に直るものじゃないですよね。。

やっと図書館に行って、受難とキネマの神様を読みました。
どちらも良くて、いろいろと言いたいことはありますが、さらに長くなりそうなので控えます((・(ェ)・;))
とり急ぎ。最近漫画ばかりだったので、久々に小説の楽しさが蘇りました。
このブログを知れて、るいさんに出会えて、感謝です。
2冊を読み終えて、そんな気持ちになりました。

投稿: しおん | 2010年2月 2日 (火) 23:20

>しおんさん

なんかそういうのってあるものですよね。
共感してもらえるところがあって、嬉しいです。

きっと始めから嫌だったんじゃなくって、なにか気に掛かる
些細なことが、積もりに積もって……というようなものなんでしょうね。
嫌いになるということは、相手の嫌な部分を見つけてしまうこと、
でもあるし、裏を返せば、いいところを見てあげられてるんじゃないか
と思う。そう思うと嫌いにならないのはいいことだと思います。

わたしはAちゃんのように遠ざかってしまう人もいれば、
遠ざけてしまう人もいましたね。

この子も中学校から仲が良かった子なのですが、
就職してからやたら忙しい忙しいって言うのです。職業柄
忙しいのはわたしも知っているし、そのころわたしも同じか、
それ以上忙しかったのです。だから待ち合わせをする時間を
わたしはいつも遅めにしました。日曜の14時とか15時とか。
これなら十分寝れるし、さすがに寝坊しないでしょって言って。
それでも忙しそうなときは、夕飯だけ食べようって言って。
でも彼女は遅刻をするんです。そのとき遅刻はわたしにとって
どうでもいいことだったのですが、遅刻をして、彼女は一言目に
「最近忙しくてさ」と言うのです。言い訳をするのです。
でも、なんで遅れたの?って本当の理由を聞くと
「待ち合わせが遅いから大丈夫だと思って他の子と会ってた」とか
「時間あると思って他の店見てた」とか言うのです。
わたしは幻滅してしまって、それからダメでした。
寝坊して遅れるなら許せるけど、それって何か違うと思う、と。
あぁわたしはこんなにこの子のことを思っているのに、
わたしは思われてないんだ、と思ってしまって。
自分との想いのズレを感じてしまった、そんな状態でした。

そんなことを考えていると、Aちゃんもそうだったのかな、とか
思えてきて、本当に申し訳なくって。また会えないだろうか、
といつもどこかで考えているんですよね。

Yちゃんは「時間を過ぎると始まっちゃうんです作戦」にしました(笑)
新年早々の遅刻もさっさと他の子とご飯を食べ始め、
彼女がついた頃には食べ終わっていました。が、それくらいしないと
ダメだろうな、と思ったりします。可愛そうだけど。
よくなりますように。

「受難」読まれたんですね!(笑)
何かもうすごかったでしょう、これ小説か?といいたいような。
型破りな本に、脱帽って言う感じでしょうかね。
「キネマ~」もいいですよね。原田マハさんの本、
わたしも他にも読んでみようと思います。

わたしもかなりの漫画オタクだったので、小説なんて!とか、
マンガの方が面白い!と思っていた時期もありましたが、
でもやっぱり小説は何者にも変えられないというか、
読み終えた後の感動を知ってしまうと、やめられないものになりますね。
しおんさんにも「これをまっていた!」と思えるような、
小説が見つかるといいですね。少しでもその手助けになれば幸いです。

こちらこそ、いろいろお話できて嬉しいです。(友だちの悩みまで!)
またカフェでぐだぐだ話しましょう^^*
いつもありがとうございます。

投稿: るい | 2010年2月 5日 (金) 11:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/33220699

この記事へのトラックバック一覧です: ■エッセイ的なもの:遅刻の話:

« 「指先からソーダ」 山崎ナオコーラ | トップページ | 【DVD】木更津キャッツアイ 日本シリーズ »