« 「何もかも憂鬱な夜に」 中村文則 | トップページ | 「女はなぜ突然怒り出すのか?」 姫野友美 »

2009年12月23日 (水)

■雑談:毎年恒例の

いやー寒いですね、やはり風邪引きましたこんにちわ。
残念きわまりないです。
ここのとこ辛いものばかり食べていたからだろうか(きっと勘違い)、
喉の粘膜がまんまとやれれました。あぁ。

毎年恒例の面白かったランキング、そのうち作ります。
作れたら……(気弱、笑)

ところで、本があと5冊で100冊です。
今年残す日は8日。さすがわたし、ぎりぎりです。
夏休みの宿題も毎年ぎりぎりだったなぁ。
交通安全のポスターと読書感想文だけるんるん初日に書いて、
そのほかは全部最後の日だったなぁ……。
とかぼんやり懐かしい記憶が走馬灯のように。

■読み終わっていたり、読んでいたりする本
・「占星術殺人事件」島田荘司
・「指先からソーダ」山崎ナオコーラ
・「幻惑密室」西澤保彦
・「三月の招待状」角田光代
・「真鶴」川上弘美
・「冥途・旅順入場式」内田百
・「悪人」吉田修一(再読)

「WILL」本多孝好は期限内に読めず、返しました。残念。
でも本多さん最近のはちょっといいや。わたしがダメな理由も、
途中まで読んでいて分かりました。なるほどー、とまぁ後でまた。

それより何より、「占星術殺人事件」島田荘司をどうにかしたいです。
もう1ヶ月くらいバッグに入っていて重いんですけど……。
2段だし、分厚いし。とりあえず年内で修める方向で。

ちなみに「今年のベストリーダー」は、
----------------------------------------------------
9冊 東野圭吾 
7冊 森博嗣 
6冊 時雨沢恵一 
5冊 山本文緒、角田光代
4冊 西澤保彦
3冊 恩田陸、歌野晶午、桐野夏生、金城一紀、川上弘美、
   村上春樹、太宰治、中島たい子
----------------------------------------------------
ような感じでした。1割東野圭吾……いいのか、悪いのか。
来年は、川上さんと山崎さんをたくさん読みたい。
アガサ・クリスティと村上春樹の再読も検討中。
吉田さんも再読したいなぁ。とか読みたいものはたくさあり、
けれど新しい作家も見つけたい今日この頃。

それと、観たい映画がオンパレードする年末年始。
もちろんリバイバルの方ですけれども。
はりきって観てこようと思います。それにしても休みなしってすごい。

いよいよ年の瀬。早いなぁ。
みなさまお風邪を引かぬよう。
いつも来てくださいどうもありがとうございます。

|

« 「何もかも憂鬱な夜に」 中村文則 | トップページ | 「女はなぜ突然怒り出すのか?」 姫野友美 »

コメント

年末年始、休みが元旦くらいなので
だらだらしようか映画を見に行こうか迷い中です(笑)
あ、DVDでもいいか。
そのへんのお勧めもまた聞きたいところです(◎´∀`)ノ

投稿: しおん | 2009年12月25日 (金) 18:26

こんばんわ~^^*
元旦しかお休みないんですか?!
たいへんですね、お体にはお気をつけ下さい!!
と風邪を引いた人間に言われたくないでしょうけれども。笑

映画ですか~そうですね、はりきってお薦めさせていただきます!
と思ったら、張り切りすぎました。笑
でもいつでもいいので1度見て欲しい作品ばかりですのでぜひ。

映画的クオリティが高い作品で、お薦め邦画は「花とアリス」と「虹の女神」
あたりでしょうかね。両方岩井俊二作品です。「虹の女神」の方は、脚本担当。
「花とアリス」蒼井優と鈴木杏がとてもいい演技してます。
両方何回観たことか……泣けます。
http://www.amuse-s-e.co.jp/H&A/
http://rainbowsong.jp/start.html
あと、わたしの不動の第一位は「ビッグ・フィッシュ」です。アメリカ映画。
通常版、プレミアム版、DVDを1枚ずつ持っているし、何回観たか知れません。
こちらはティム・バートンが監督です。
http://bd-dvd.sonypictures.jp/bigfish/index.html
ホラーだと「シックス・センス」大好きです。これも何回観たことか……。
ホラーって言うより、母子愛の話なんですけどねこの映画。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id85349/

シリアス路線で行くと「善き人のためのソナタ」と「エル・スール」は
お薦めです。「善き人~」はドイツ映画、「エル・スール」はスペイン映画、
結構好き嫌いがありそうですが、映画としての映像美が素晴らしい作品です。
http://www.albatros-film.com/movie/yokihito/
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id3106/

それと「接吻」はかなり暗いですが、考えさせられる作品でした。
小池栄子の演技力に度肝を抜かれます。あと味はわる目です。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id329547/

気軽なエンタメ的な気分でみたい場合は、
「キサラギ」「バッテリー」「それでもボクはやってない」
「包帯クラブ」「アフタースクール」「神童」「敬愛なるベートーヴェン」
あたりは外れがなさそう。「キサラギ」はかなり面白いです。
サイトなどの見た目はちゃっちぃイメージですが、かなりの力作。
ユースケ・サンタマリア&小池圭介万歳な映画です。
http://www.kisaragi-movie.com/

10日ですが(メール止めててすみません;)、
しっかりご飯を食べるようでしたら、早めのほうがいいかと思います。
たぶんそのあとライブで動くと苦しいので。笑
でも、何時でも大丈夫ですよ^^* カフェでだけもぜんぜん構いません!
そうそう、この間ここ美味しかったです♪↓
http://www.mona-records.com/deli/index.php

投稿: るい | 2009年12月25日 (金) 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/32719889

この記事へのトラックバック一覧です: ■雑談:毎年恒例の:

« 「何もかも憂鬱な夜に」 中村文則 | トップページ | 「女はなぜ突然怒り出すのか?」 姫野友美 »