« 「ゆれる」 西川美和 | トップページ | ■雑談:また遠足に行ってきます »

2009年11月25日 (水)

「SPEED」 金城一紀

SPEED (The zombies series) SPEED (The zombies series)

著者:金城 一紀
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


最後は必ず勝つとわかっていても、泣けるストーリーがある。
とか言うと、「勝たない話に意味はない」と一蹴されそうだが、
まぁそんな話。とても楽しいのだけど、マンネリを感じなくもない。
やっぱり勝ってばかりじゃ、それは嘘だと嘆く心が現れるのか。

家庭教師の彩子さんが自殺をした。憧れていた女性なだけに
ショックを受けた佳奈子は、彩子の知人である中川に事件の真相を
尋ねるため喫茶店で待ち合わせをした。実は彩子さんの自殺には
心当たりがあった。彩子さんは不倫をしていたらしい。
小さいけれど、証拠もある。話を切り出そうとしたが、しかし
中川は取り合ってくれず、もう忘れた方がいいと言い始めた。
煮えきらなかったが帰宅しようとしたところ、何者かに襲われ空き地
に連れ込まれてしまう。絶体絶命のところを、偶然居合わせた
不良高校生――朴舜臣たちに助け出された。どうやら襲ったのは
中川の手下の生徒たちらしかった。中川の目的は? 
調べ始めるうち中川の大学内で蔓延する、悪質な金の動きを知る。

ゾンビ3巻目。楽しかったのは嘘ではない。駆け抜ける疾走感と、
窮屈な箱の中から抜け出す開放感を十分に味わうことが出来た。
少し残念だったのは、やはりマンネリ、と回想である。
マンネリは必ず勝つに決まっている、という結末に始まるのだが、
絶対に上手くいくに違いないと言うシンデレラムードが、
その原因のように思える。そのため、今回は話の一番最初に
フェイントとして朴舜臣がやられてしまう?! みたいな記述があり、
ハラハラさせるという仕掛けが施されていた。でも、結局
本の九分目でようやく襲われるので、きっと上手くいくだろう、
と分かってしまいやっぱりシンデレラ路線だった。最後に
必ず勝つのが悪いわけではない。推理小説だって、最後は必ず解決
するんだし、解決しなかったら気持ち悪い。犯人に逃げられた、
と言うオチもあるかも知れないが、最後は安泰の結末がある。
と、考えると、最後に勝つのが悪いのではなく、最後まで負ける気が
しないのがいけないのだと思う。という感想を持った本だった。
もう一つは回想シーン。前2巻の内容をちょこちょこ小出しにしている
こと。前の巻を読んでいないと分からない、という仕組みである。
人間は過去の積み重ねで生きているから、過去を思い出すのは当然で
ある。けれども小説でそれをやられると、何だか違う気もするのだった。
ここまではっきり書かれていなくても、もっとさり気ないニュアンス
で出したとしても、シリーズ好きのファンはきっと覚えているし、
気づいてくれるだろう。それをわざわざ語ってしまうのは、
恥ずかしいような、くさいような、そんな感じがした。
あと、悪いやつの名前が全部某政治家の名前で失笑である。
と、いろいろ文句を書いたけど、面白いことには変わりはない。
わたしも女子高だったので、佳奈子と同じ思いを味わうことができた。
はみ出てはいけないという拘束。そんなもの、いらないのである。
わたしもスピードがほしい。読み終わり素直にそう感じた本だった。

★★★★☆*87

|

« 「ゆれる」 西川美和 | トップページ | ■雑談:また遠足に行ってきます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/32371664

この記事へのトラックバック一覧です: 「SPEED」 金城一紀:

« 「ゆれる」 西川美和 | トップページ | ■雑談:また遠足に行ってきます »