« 【DVD】華麗なるギャツビー | トップページ | 「ゆれる」 西川美和 »

2009年11月23日 (月)

【DVD】大阪ハムレット

20081204004fl00004viewrsz150x
洋画を観た後に続けて邦画を見ると残念な気分になるのはなんでだろ。
もちろん、いい映画はたくさんあるし、コンセプトによっては、
それが売りとさえ言えるのかも知れない。けれどもなんなんだろう、
あの「ダサい」感じ。身内ウケを狙ったしょうもない感じは。

父親の葬儀が済んですぐに久保家には謎のおっちゃんが住み着いた。
まるでそこにいるのが当然という体で母と仲良くしているので、
俺たちはちょっとビビリながらも、そのおっちゃんを受け入れなくては
ならない雰囲気になった。そんな家の様子を嗅ぎつけた高校の連中は、
「ハムレットさんち」と暗喩を込めて俺を呼ぶようになった。
頭にきた俺だったが、馬鹿で不良の俺は「ハムレット」を知らねぇ。
正当にキレるため図書館で本を借り、辞書を片手に意味を読み進めると、
本の中に登場する、夫がいるうちから愛人を作っている卑猥な女を
母に見立てているようだった。なんのこっちゃ、ふざけやがって。
俺はうちの何かを守る為、連中と殴りあうことにした。その温かい
何かの為に、俺は負けるわけにはいけないのだ。

人はなんて呆気なく死ぬんだろうと思う映画だった。要素が寄せ
集まって濃い感じがしたが、しかし現実なんてそんなもんなのかも、
と途中で思ったりした。この映画は主に3人の視点から描かれている。
長男、次男、三男。長男は年上の彼女との関係に気をもみ、
次男は不良の連中と殴りあう。三男は女の子になりたいと思っている。
それぞれの悩みを持ちながら、父親のいなくなった新しい生活を
少しずつ受け入れ始めるのだ。子役の子がとてもいい演技をしている。
大阪、という設定も手伝って、少しやりすぎな感じもしなくもないが、
心情を、言葉で現さなくても伝えられる表現力が良かったように思う。
一番良かったのは、森田直幸の、ハムレットのセリフを叫びながら
海辺の突堤を走るシーンだ。あのシーンは作られた感が漂うが、
なぜかまんまと思惑にはまって、「なぁハムレットさんよぉ」
「いいや、やめへんで」なんていうめちゃめちゃな大阪弁ハムレット
に心を打たれてしまうのだった。森田くんは『色即ぜねれぇしょん』
にも出ていたね。わたしは不良が好きである。自分がそうなれないから、
むしろ尊敬すらするくらい、不良が好きである。この気持ちは、
たぶんあまり人には分かってもらえないだろう。なんだか、
森田くんの不良ぶりを見ていると、いつしかの誰かみたいで、
清々しい気分になるのだった。本物みたいだから、いや、本物なのか?
田舎の不良が彼ほど似合う人は今の所いないと思う。と、脱線した。
映画全体は、上にも書いたとおり、邦画にはなぜか「ダサさ」
「残念さ」などが付きまとっているように思う。なぜか?
それはどうせ日本でしか観られない、観てもらえないんだから、
という思いが根底にあるように思う。もちろんこの映画が、という
わけではないが、外国人向けに作ると妙にしゃちほこばってしまう
ように、そこに何らかの境界線があるように思う。日本らしい映画って
なんだろう? 大きなテーマである。と、色々文句を言っておいて、
唯一つ良かったなと思うことがあるんだけど。日本人でよかった。

★★★★☆*87

|

« 【DVD】華麗なるギャツビー | トップページ | 「ゆれる」 西川美和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/32352247

この記事へのトラックバック一覧です: 【DVD】大阪ハムレット:

« 【DVD】華麗なるギャツビー | トップページ | 「ゆれる」 西川美和 »