« ■雑談:また遠足に行ってきます | トップページ | 「ヴィヨンの妻」 太宰治 »

2009年11月29日 (日)

11/29つばき@名古屋ell.SIZE『東名阪ワンマンツアー“花に雨”』

200911291712000
11/29つばき@名古屋ell.SIZE『東名阪ワンマンツアー“花に雨”』

■セットリスト

 青
 めまい
 スタイル
 銀河列車
 バタフライ
 Coffee
 タブレット
 朝焼け
 猫
 花が揺れる
 over
 花火
 風向き
 ブラウンシュガーヘア
 亡霊ダンス
 最低な気分、雨に打たれて
 春の嵐
 昨日の風
 覚めた生活
 光

END

 妄想列車
 君のヒゲ
 夢

「結構久しぶりの曲をたくさんやった」と言う一色さんは、終始
舞い上がっているというか(この表現はとても適切です、笑)
今日出来ることが嬉しすぎて、よく分からないテンションになっていた。
観ている方が笑ってしまうくらい、一人盛り上がっていた。
そのうきうき感が、うまく会場に伝わったらいいのになぁ、
とか思いながら、わたしも笑ってしまった。
いや、十分盛り上がってたんだけど。まだいけそうだった。

ちなみに今日一番良かった曲は、
誰が何と言おうと、『最低な気分、雨に打たれて』だった。
これをやりたいがために、前半妙なテンションになってしまうくらい
気合が入っていたんだしね。
小川さんも楽しそう。
岡本さん一色さんのハイテンションに苦笑して、あったかく笑っていた。

「さぁさぁさぁついにやってきましたよ、次は、
みんなが待っているか分かりませんが、お待ちかねのあの曲ですよ」

一色さん何なの叩き売りだよ、みたいなコメントを発した後、
「さいっっていな気分、雨に打たれて!」と叫んで演奏開始。
この曲好き。これからも土砂降りでお願いしますね。

※どこのMCだか忘れました……↓

一色さん「今気づいたんだけど、
なんか俺ってMCろくなこと喋らないよなと思って」

(今さら……)

一色さん「普通他のバンドとかは、新型インフルの話とかしてるんでしょ?
ほら、結構みんなかかってるじゃん、そういう話するんでしょ」

(え……、しないと思う……)

一色さん「あ、してない? じゃあしよう。新型インフル」

(あ、しちゃうんだ)

一色さん「すげぇ流行ってるじゃん。みんなかかってないの?
いやいやいや、今かかってここにいたら怒られるけどさ、
かかって治ったとか言う人いないの? へーいないの。
俺の友だちかかってたけどね。
この間ぜんぜん(音楽と)関係ない友だちだけど、
結婚式があって、みんなで行くって話しになってたんだけど、
前日になって一人が「明日行けません、新型インフルです」ってね。
いや、でもみんなで嘘じゃねぇんかって言ってたんだけどね
「あいつ、ご祝儀払いたくなかっただけじゃね?」って言ってさ。
いやいやいや、そんな酷いこと言ってませんよ、まさか」

一色さん「……なんかまたろくな話じゃなくなってきたな……
まぁ、でも俺こう見えて、結構風邪とかそういうの引かないタイプ
だからさ。そう見えないでしょ?」

(え? それは○○は風邪引かないとか……)

一色さん「小川君もそうだよね。結構風邪引かないよね」

小川さん「うーん。そうだね、あぁ風邪は引かないけど、喉が弱いな」

一色さん「そうだ、小川君は喉が弱いね。
いつもワッホンワッホン咳してるもんね」

小川さん「しょうがないじゃん、遺伝なんだから。
みんな家系が器官が弱いんだよ」

一色さん「え? 遺伝なの? お父さんが?
あはは、遺伝なんだ、ははは、これ笑っちゃいけないよね、ははは」

小川さん「お父さんもだけど、おばあちゃんもだね」

一色さん「はははは、はははは(爆笑)」

(いや、笑いすぎだから)

小川さん「……」

一色さん「いや、こうお父さんとおばあちゃんと並んで、
3人でワッホンワホン同じ動きしてるの想像しちゃってさ」

小川さん「……」

一色さん「あれ、岡本さんは?」

岡本さん「え、うーん普通?」

一色さん「普通って(笑)」

の、ようなツッコミどころ満載なMCでした。

他にも、

小川さん「で、この話どこに行き着くの?」

や、

小川さん「2人とも不時着だよ!」

や、

一色さん「『おい、一色、早く曲始めろや!』
って野次飛ばされるバンドに憧れるね」

などの、名言?がありました。
みなさん、是非つまらないMCには『おい、一色、早く曲始めろや!』
と野次を飛ばしてあげてください。

一色さん「毎日なんもいいことねぇなって思っている人いると思うけど
いや、俺も毎日つまんねぇな、って思ってるんだけど、
でもほんの少しだけまだ信じてるんだよね。
なにかいいことあるんじゃないかってさ。
今日は本当にどうもありがとう。また会いましょう。

最後の曲です。最後くらい歌ってもいいよっていう人は、
一緒に歌ってくれてもいいんじゃないかな。
その乾いた笑い受け止めるよ(笑)」

『夢』

|

« ■雑談:また遠足に行ってきます | トップページ | 「ヴィヨンの妻」 太宰治 »

コメント

やー良かったですねぇcatface
実のない話、好きですよ(笑)
新曲2曲、良いと思いますshine
敢えて言うなら弾き語りでやった
アレンジ前の「最低な~」も良かったです。
東京ワンマンも楽しみですねnotes

レビューを見ると、観たり、読んだりしたくなるのですが、
何せミステリーが苦手なので、それ以外がいろいろ気になってますthink

投稿: しおん | 2009年11月30日 (月) 22:49

>しおんさん

こんにちわ~。
あぁまたやってしまった……。
あの今日中にメールしますので(涙)
最近仕事がわたわたしていて、ライブも行けるかギリギリでした;

やー良かったですね。行った甲斐がありました。
もちろん、あの実のない話を愛しているんですけどね。
そしてもちろん、ご本人には言いませんけど。

新曲いいですよね~。
「最低な気分~」は、弾き語りの時と曲の雰囲気が
あんまり変わっていなかったので、よかったなと思いました。
また弾き語りアレンジでも聴きたいですね。
それにしても、雨が降るとはさすがだと思いました……。
東京も楽しみです。あんなに宣伝?していましたから、
セットリストががらりと変わること期待しましょう(笑)


ミステリーは活字好きのためにあるんだろうな、と最近思います。
わたしも昔はそんなに好きじゃなかったのですが、
暇を潰すっていうんでしょうかね、時間を潰すのに、
恰好の読物なんですよね。人が死んで、犯人はあいつだ、という
ストーリーになるとほぼ確実に決まっているのに、何故か手にとって
読んでしまうんだから。現実では人は殺せないから(常識として)、
そこから派生する妄想と、なぜ? という疑問が、
マンネリの生活の感情から逸らしてくれるのかもしれません。
とか、語ってみたりして。

ミステリ以外で、最近読んだ本でよかったのは、このあたりです。
・「くまちゃん」 角田光代(連続短編)
・「キネマの神様」 原田マハ
・「レボリューション No.3」 金城一紀(連続短編)
・「センセイの鞄」 川上弘美

角田光代と川上弘美は、女性は読みやすいと思います。
あ、ちょっと前に一色さんのブログで読んだと言っていた、
横山秀夫の「クライマーズハイ」も面白いですよ。
横山秀夫は昔新聞記者だったので文章が少し堅いですが読みやすいです。
物語も新聞記者の話なので、かなりハイクオリティ。
横山秀夫の最高傑作です。これを読んだら他の横山作品読めません(笑)
あとは、伊坂幸太郎はとても読みやすくて面白くて、いいですよ。
活字離れの若者に救いの手、な作家です。ちなみに古い本の方が面白い。

長々すみません。本のことになると、興奮してしまい……(笑)
強制的に読むより、気が向いたら読もうと言う軽い感じの方が、
本を好きになると思います。途中で止めちゃってもいいし、
読みやすいな、と思う作家の本を探すのが一番ですよ。
本も音楽と同じ、相性です!

映画は、小説→映画化はがっかりが多いですが、
でも映画でしか味わえない感動って、やっぱりあるんですよね。
今日は映画の日で1000円です!安い日だけ観るのも手ですね。
わたしも今日なにか観に行こうかなぁ……。

ではでは、本当に長い……。すみません。

投稿: るい | 2009年12月 1日 (火) 14:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/32426371

この記事へのトラックバック一覧です: 11/29つばき@名古屋ell.SIZE『東名阪ワンマンツアー“花に雨”』:

« ■雑談:また遠足に行ってきます | トップページ | 「ヴィヨンの妻」 太宰治 »