« ■雑談:吉田修一×王様のブランチ | トップページ | 「キノの旅 Ⅳ」 時雨沢恵一 »

2009年10月18日 (日)

「レボリューション No.3」 金城一紀

レヴォリューション No.3 (角川文庫) レヴォリューション No.3 (角川文庫)

著者:金城 一紀
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する


これは凄いぞ。あんまり面白かったんでぐぅの音もでないぞ。
そう言えば「SP」の時も褒めちぎっていたな私。
どうやら私は金城さんが大好きなようです。もっと早くに読んでおく
んでした。それにしてもこれがデビュー作なんて向かう所敵なしだな。

新宿区の一角には、総理大臣や高級官僚をわんさか輩出する有名高校が
なぜか集まっている。その中で陸の孤島のごとくたった一校だけ存在
しているのが、オチコボレ高校、僕たちの高校である。優秀な彼らは、
僕たちのことを『ゾンビ』と読んでいるらしい。その由来は、
僕の高校の偏差値が、脳死と判定されてしまう血圧値ぐらいしか
ないことからきている。もう一つは、「殺しても死にそうにないから」
反面、僕たちはヒーローには不可欠な資質を備えているというわけだ。
そんな僕たちには一年に一度の一大イベントがある。
僕たちの高校の近所にある「清和女学院」の学園祭に潜入するのだ。
去年、一昨年と失敗が続き、今年は屈強な男子運動部員を、
警備に雇っているらしいと噂だ。僕はさっそく策を練り始めるのだが……。

金城さんと言えば、反日、なイメージ。今回もこめかみに謎の傷がある
韓国人舜臣やハーフのアギーなどの「日本人」ではない人間と、
彼らに対する「日本人」の偏見、というかむしろ差別的な態度、
というのをかなり極端に書いている。ご本人も韓国系日本人とのことで、
きっとご自分で受けた被害などが反映されているのだろうと思う。
しかし戦争を実際に知る人が減っている今、根本的な原因であった、
「日本人」の韓国人に対する差別意識が薄れてきているように思う。
今の若い人たちは、なぜ韓国人をそんな風に扱っていたかすら
知らないのだから。事態は逆転するか? 韓国人が嫌っているから、
こちらも嫌ってやる、といった攻防戦に発展していくのではないか。
勿論過去の差別意識は許されないことだろう。けれども、
どこかで解かれなければ、解決は訪れない。難しい問題である。
で、話は逸れたが、この小説は大変面白い。オチコボレ高校生たちの、
「世界」を回す大作戦。頭が悪いことの、何が悪い、と逆ギレ上等の
乱闘劇。やられてやられてボコボコになり、それが何だと殴り返す。
青臭くしかし、爽快で、少し照れくさい、青春をたっぷり味わう
ことが出来る。なぜ自分たちがここにいるのか。それはよくわからない
けれど、この仲間に会えたなら、捨てたもんじゃないと思うだろう。
金城さんは笑いを作る時の間がとても絶妙で、感服するばかりだった。
私のツボにかなりヒットしているので、たぶんほとんどの
ボディーブローを正面から受けたと思う。とか、なんとか。
あとアクションシーンの的確な描写にも感服。大変分かりやすい。
面白いので、ぜひ読むべし。ゲラゲラ声をあげて一気に読み上げ、
お茶を飲んでゆっくりしたら、頭の隅に残る反日について、
じっくり考えたらいいだろう。それにしてもこれがデビュー作って、
感嘆だな。向かう所敵なし、というか、きっと、防御に防御を重ね、
武装に武装を重ねて、さて出陣と思ったら、敵があんまり弱かった、
とそんな感じだろうか? だって金城さんのコメントを読んでいると、
いつも不満そうなんだもの。もっと強いやついねぇのかよ、ってさ。
下克上、起こしてみればいいのになぁ、とか。期待しています。
私も武装しよう。

★★★★★*94

|

« ■雑談:吉田修一×王様のブランチ | トップページ | 「キノの旅 Ⅳ」 時雨沢恵一 »

コメント

いつも、おもしろく読ませてもらってます。
どちらかというと海外文学ばかり読みますが、
日本の作家のものを読むときは
こちらを参考にさせていただきますね。

投稿: トム | 2009年10月21日 (水) 11:49

>トムさん

はじめましてこんにちわ。いつもありがとうございます!
文句ばかり書いていて、お役に立てるか不安ですが;
少しでも参考になれば幸いです。

わたしは逆に海外作家さんをあまり読まないので、
何かお薦めがありましたら、ぜひ教えてくださいね^^
だいぶ昔に推理系は読んでいたのですが…
(コナン・ドイルとかアガサ・クリスティです)最近めっきりです。

投稿: るい | 2009年10月21日 (水) 17:01

こんにちは。
TBさせていただきました。
本当に面白かったです。
私も「いい歳のおやじ」に安住することなく、
革命を目指します。たっ。

投稿: 時折 | 2010年1月 5日 (火) 12:38

>時折さん

TBありがとうございます!後ほど伺いたく!
金城さん本当に面白いですよね~。
この本を読んだ印象は「やられた」感が強かった気がします。
圧倒的でぶれのない強さを感じました。

ぜひとも革命を!(笑)
わたしもちみちみですが、資格試験から頑張ります(笑)たたっ。

投稿: るい | 2010年1月14日 (木) 01:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/31862512

この記事へのトラックバック一覧です: 「レボリューション No.3」 金城一紀:

« ■雑談:吉田修一×王様のブランチ | トップページ | 「キノの旅 Ⅳ」 時雨沢恵一 »