« 「OUT 下」 桐野夏生 | トップページ | 9/11つばき@京都MOJO『10th Anniversary & 一色徳保30th Birthday』 »

2009年9月10日 (木)

「犬神博士」 夢野久作

犬神博士 (角川文庫) 犬神博士 (角川文庫)

著者:夢野 久作
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する


何で夢野さんの本読むんだろうなぁ、とよく思います。
そんなに文章好きじゃないのに、といってみたりして。
でもあのおどろおどろしい感じや、つい後ろを振り返りたくなる
感じが一番上手いのはやはり夢野さんで。しかしこの本はそれではないが。

私の名前は犬神博士という。このような乞食のような格好をしている
癖になぜ博士などと言う名前が付いたのか、いぶかしんでいる
人間もおるだろう。何?私が狂人だと?失礼な。
どおれ、では私がなぜ犬神博士と名乗るようになったのか、
その所以ともなる偉大な話を聞かせてやろう。
その物語の主人公はチイという。生みの親はおらず、
拾われたしょうもない男と女に育てられたがために、
毎日小さな体で女装をして、娼婦のような舞を踊り街を転々としている。
見物人の男どもは、チイの踊りの精巧さに感心して金を置いて行く
という寸法だ。知恵をつけ始めたチイは、この踊りの浅ましさを
利用し、国で勃発した内乱を押しとどめようとするのだが……。

なんか物足りないと思ったら。何だか未完の本らしく。
ですよね、この感じで始まったとしたら、最後にもう一度
犬神博士が出てきて、「~と言うわけだ」みたいに締めくくられる
べきではないだろうか、とかもんもん一人で思っていた。
物語は、チイという才能ある貧しい子どもが、
卑猥な踊りを駆使して、大人を目くらまし、内乱を食い止めようと
試行錯誤する、という様子が面白おかしく書かれている。
過去回想文だけあって、至極曖昧なものを断言して書かれている。
ため、一体どこからどこまでが本当で、一体どこからどこまでが嘘、
なのかよく分からない。途中出てくる「ドグラマグラ」についても、
なんとも当たり前に書かれているが、作り話なのか知らん。
まぁこの本はそこが重要なのではなくて、一人の天才的で、
欲のない子どもが、国を動かすほどの事を、小さな動きで
やってみせる、という滑稽且つ教訓的な物語になっている。
ただし、最初に出てきた、犬神博士との関係が、その最後の
未完になっていることによって、良く分からない状態なので、
どうにも煮え切らない終わり方になっている。
このラストがもっとゆるぎないものだったとしたら、
もっと頷いて読了できたと思うが、この状態だと、
かなり締りのない感じがして、他の良い部分がくすんで見えるようだった。
また、後日読んだら変わるかも。まぁ、未完は未完だけど。

★★★☆☆*86

|

« 「OUT 下」 桐野夏生 | トップページ | 9/11つばき@京都MOJO『10th Anniversary & 一色徳保30th Birthday』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/31371922

この記事へのトラックバック一覧です: 「犬神博士」 夢野久作:

« 「OUT 下」 桐野夏生 | トップページ | 9/11つばき@京都MOJO『10th Anniversary & 一色徳保30th Birthday』 »