« 「蛇行する川のほとり 2」 恩田陸 | トップページ | 「みんないってしまう」 山本文緒 »

2009年8月12日 (水)

「蛇行する川のほとり 3」 恩田陸

蛇行する川のほとり (中公文庫) 蛇行する川のほとり (中公文庫)

著者:恩田 陸
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


やっぱり1冊で文庫本で読んでも良かったな。むしろそっちの方が
よかったかな……。なんだかいいのか悪いのか、感想が抱きづらい
本だった。まぁ恩田さんの本はそういう本がむしろ多いよな、
とか思いつつ。そう言えば「かしらん」ないな、この本。

香澄の家は蛇行する川のほとりにある。洋風で古風な趣は、
香澄の雰囲気ととても似合っている。その家は以前、
違う家族が住んでいたのだが、ある事件がきっかけで
空き家になっていたところに、彼女と義母が越してきたのだった。
ある事件――それはそこに住んでいた母親が死んだことと、
その近くにある野外音楽堂で、一人の少女が死んだことである。
自分がその犯人ではないかと、考えているだろう鞠子は、
可愛そうに酷い表情をしている。わたしたちは、過去を忘れようと、
いや、忘れることができずに、今その事件を語り始める。

澄み切った川の水が、良く見たら濁っていたように、いや、
濁ってしまったように、純粋だった少女たちは濁ってゆく。
キラキラと笑っていた少女たちは、その闇を忘れようと、
しかし忘れることが出来ず、事件の真相を語り始める。
真っ直ぐだったものが、ぐにゃりと歪んでアンニュイな空気が流れ込む。
香澄はあの日死のうと思っていたのだろうか。文面からはよく分からない。
すべてが語られずにいたら、何も起きなかったであろう水面は、
投げ入れられた石によって、波紋を作りまた新たな犠牲者を
出したんだろう。そう思う。だから、香澄は死ぬつもりだったのだ。
きっとそれはいつでも良かったんだろう。死ぬと言う覚悟を、
もうしてしまったのだから。この本は何が伝えたかったのか。
私にはよく分からない。筆を洗ったコップに沈殿していた
不穏な色の絵の具を、混ぜてはいけないと思いながら、
混ぜてしまう期待と後悔。また時間が経てば、色は沈み、
平穏が訪れるんだろう。きっとこの話はそのための儀式。
それを逃げては、本当の平穏は訪れないと、みんな知っているのだ。
怖い、だけど、それを乗り越えなければ。
そう彼女たちは小さな決心を心に抱くんだろう。

★★★☆☆*86

|

« 「蛇行する川のほとり 2」 恩田陸 | トップページ | 「みんないってしまう」 山本文緒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/30943406

この記事へのトラックバック一覧です: 「蛇行する川のほとり 3」 恩田陸:

« 「蛇行する川のほとり 2」 恩田陸 | トップページ | 「みんないってしまう」 山本文緒 »