« 【映画】GOEMON | トップページ | 「聖女の救済」 東野圭吾 »

2009年4月22日 (水)

「The MANZAI 5」 あさのあつこ

The MANZAI〈5〉 (ピュアフル文庫) The MANZAI〈5〉 (ピュアフル文庫)

著者:あさの あつこ
販売元:ジャイブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


本当は発売日に買って読んだのだが、いつだったか忘れたので、
今日でいいか……。あさのさん、楽しいんだけどなぁ、楽しいんだけど。
やっぱり『バッテリー』の時が一番わくわくしたな。今回は漫才5巻目、
面白かったか、と聞かれると、うーん、と言ってしまうのが悩みどころ。

来年は高校生。中学生最後の年の正月、歩はみんなと初詣の約束をしていた。
みんなが集まると、そうかもう卒業なのだと言う気持ちが増してくる。
秋本の発案により来年もロミジュリを続ける羽目になった歩は
いつもながらボケにツッコミを返し歩いていると、
ひょんな事から酒樽に蹴躓き、階段から落ちる大惨事になってしまった。
挙句は病院に運ばれる始末。心配した母や友人の顔を見るうち、
歩は自分の置かれている環境のありがたさを実感する。

まず始めに感じた感想が、「まだ終らないのか……」であった。
そう思ってしまうのは結構マイナス要素のような気もする。
あさのさんの長編は、どことなく月刊漫画と似ていて、
「さて、次回どうなる?」みたいな状態で、毎回結末を先延ばしに
されているような感覚になるときがある。この本がまさにそれ。
決して面白くないわけではないし、馴染みのあるキャラクターで、
話も面白くなってきたところなのだが、唯一つ問題なのは、
結末が見えないところにある。あさのさんは日常の些細な事を、
細かく心理描写するのが上手い作家さんなので、
別段ストーリー上に問題がおきなくても、楽しむ事が出来る。
でも裏を返せば、平凡な毎日が描かれているわけで、
山も谷も浅いその物語に、「で、いつ終るの?」と思ってしまうのだった。
今回はその上、筆がこなれてきた感もあり、歩と秋本の描き方が怪しい。
仲がよいにもほどがあり、BL小説ですか?ぐらいの域に達している。
おまけに肝心の漫才はほぼなし。一体何を目指してるんだっけ?
と疑問を持ちつつ読了してしまい、あぁ、また一年お預けかぁ、とため息。
うーん、もしくは全巻で終ってから、一気に読んだ方がいいのかもな。
あさのさんの本は漫画のようにすいすい読めるから。
それは誰にも負けない長所であり、指示される大きな要点だと思う。

★★☆☆☆*75

|

« 【映画】GOEMON | トップページ | 「聖女の救済」 東野圭吾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/29247727

この記事へのトラックバック一覧です: 「The MANZAI 5」 あさのあつこ:

« 【映画】GOEMON | トップページ | 「聖女の救済」 東野圭吾 »